FC2ブログ
Top Page › その他のドラマ › Hawthorne S1-#1 「師長の長い一日」

2009 · 11 · 04 (Wed) 20:27

Hawthorne S1-#1 「師長の長い一日」

AXNでプレミア放映された「しあわせの処方箋」を観てみました。
オリジナルタイトルの意味がわからん?と思っていたら
ホーソン=クリスティーナの名字だったんですね。
それは気づきませんでした。
全く違った邦題が付くのは納得です。
しかし看護師が処方箋を書くのでしょうか??

主人公クリスティーナはリッチモンド・トリニティ病院の看護師長。
看護師の立場から医療現場を見つめていく医療ドラマのようです。
パイロットを観た限りでは、今まで観た医療ドラマの中でもかなりまとも?
ERのように年中バタバタはしてないし
(でも救急患者は搬送されてきます。)
ハウスみたいな曲者ドクターはいなそうだし
(性格の悪そうなドクターはいるようです)
多分恋愛問題がガタガタしているインターンとかもいないでしょう。
若干恋愛ネタは出てくるのかもしれませんが。
ついでに深入りしすぎる精神科医も
予知能力のある救命士も出てこないと思います。
本当に久々に?普通の医療ドラマかも。

クリスティーナは去年夫のマイケルをガンで亡くしたシングルマザー。
いきなり夫の友人の患者が飛び降り自殺をしかけたのを
介抱するシーンから始まります。
高校生の娘のカミールは学校で騒動を起こすし
クリスティーナと義母との関係はうまくいってないみたい。
一周忌を迎え、遺灰を受け取りたいという母の意見に
クリスティーナは渋っていました。
病院に生活を傾けていると
プライベートがおろそかになりかけるのはのERの人達と一緒かもしれません。

外科部長さんが知ってる顔!
Aliasのヴォーンでした。
すっかり落ち着いてしまいましたね。
棒付きキャンディを持ち歩き、みんなの人気者になっているようです。
薬のオーダーを書き誤ったために患者が急変してしまった
無責任なのに偉そうなドクターのマーシャルは
Dexterでミゲルに殺されてしまった弁護士さんでした。
ついでに英語のしゃべれないマザキ(真崎?)さんって
一応日本人ってことですよね。
だったら彼が茶の湯に一役買ってあげたらいいのに。
しかし密かに日本ブームなんでしょうか。
勘違いしてないお茶会を開いていただきたいものです。

でも主役は看護師さんたち、
唯一の男性看護師(もっといてもいいのに)のレイは
自分が正しいと思っても看護師の立場だからと遠慮してしまいます。
糖尿病患者が一命を取り留めたからいいけれど
ドクターを差し置いては難しい問題ですよね。
無責任ドクターがひどいんだけど
まず周りにきちんと相談すればよかったのかな。
義足の看護師ボビーも明るくていい感じ。
本当に義足なのかと気になってたら、そうではないようです。
イケメン救命士くんとの恋の行方は応援してあげたいと思います。

ホームレスの女性が出産した赤ちゃんが病気を抱えていて
クリスティーナやドクターたちがすぐに処置をします。
赤ちゃんの寝顔がかわいかった。
医療ドラマですから、いろいろな病気や事故
そこに関わる人間ドラマが繰り広げられていくのでしょう。
ERとは違ってちょっと落ち着きながら
この先起こることを見守っていきたいと思います。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント