FC2ブログ
Top Page › CSI, CSI:Miami, CSI:NY › CSI:Miami S7-#6 「白ユリの墓」

2009 · 11 · 16 (Mon) 21:24

CSI:Miami S7-#6 「白ユリの墓」

ほっさんは一度白衣に袖を通すと
しばらくラボでお仕事をする傾向があるようです。
洗濯するのが面倒だから?

ってわけでまたほっさんがラボで働いてました。
カリーの悔しさを晴らしてあげるため?
それとも新しい機材を使ってみたかった?
今回はほっさんのお得意分野だったようです。
よかったね。

「証人保護プログラム」ってかなり厄介な代物。
証言が被告の有罪を決めるなら
検察側はなんとしても証言を求めたいです。
しかし被告のバックアップが大物で
時には命の危険性も…
と思うと命がけで証言するのは考えもの。
それでも承認してもらうために
その後の身の安全を確保する証人保護プログラムがあるわけですが
名前を変え住処を変え
過去を断ち切ってまるで別人になって生きるなんて耐えられませんよね。
SVUのアレックスだって今までのキャリアを捨てて、別人になって生き始めてるはず。
そんな生き方に納得するのも容易じゃないし
家族だったらなおさらです。
証言を求められたキャンベルの勇気は立派でしたが
息子はそりゃ迷惑でしょ。
自分の人生がリセットされちゃうんだもん。
だからリモコンでクレーンを動かして
父親を脅かそうという計画を企てましたが、
結果的にお父さんを殺しちゃったので、もう口をつぐむしかなかったんですね。
おかげさまでカリーはお母さんに叩かれてしまいました。
それにしてもマイアミの事故は規模がでかいぞ。
お見事なビルの壊れ具合にビックリしてしまいました。
カリーには落ち度はないけど、でも高層ビルは何かと危険でしょ。
地に足がついていた方がよかったかも。
ついでに不幸なキャンベルさんは
Everwoodで失明してしまった牧師さんでした。
不幸を背負ってしまうキャラなのかも。
そしてクレーンを動かした息子は少年時代のデクスター。
やはり末恐ろしい人材でした。

どうして「白ユリの墓」?
ユリの花粉はくっつくとたちが悪いですよね。
洗っても落ちないし。
だからあらかじめおしべを切り取って飾りますが
名高きギャングサルーチはそこまで配慮が足りませんでした。
これからはユリに気をつけましょう。

ウルフって高所恐怖症だったんですね。
やせ我慢する姿がおかしかった!
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

No title

ユリの花粉が決め手となるのかぁ…みたいな感じでした。
ウルフ、この事件、汚水調べといい、とんだ災難でしたね。
でもあの高さだでグラグラは、私も怖いかも!

あの息子、そうでしたね!ああ、若い時のデクスターでした。
2009-11-17-17:34
ぽっこ [ 返信 * 編集 ]

No title

出だしは派手にクレーンでビルの解体だったのに、真犯人発見の決め手はユリの花粉というのはちょっと拍子抜けでした。
最後まできっちり派手にやってくれてもよかったのに・…
ウルフは貧乏くじ弾かされてましたね。
トイレの汚物処理はご苦労様でした。しかもずいぶん前のものだし。
デクスターの息子はさすが!と思ってしまいました。
2009-11-17-20:41
Garoto [ 返信 * 編集 ]