FC2ブログ

Life S1-#7 「憎しみの行方」

ガソリンスタンドのコンビニで
イラン系の学生男女2名が殺され
冷蔵庫に放置されていました。
冷蔵庫の扉にはGO HOMEの文字が
中東系の人達に憎しみを持つ
人種差別的な事件かと思われました。
しかもその二人の友人のアミールが失踪。
母は息子の誘拐に激しく動揺し
通訳係の妹も安否を心配しています。

ガソリンスタンドのオーナーのメアリー・アンは
クルーズの予想に反して若い女性でした。
髪はブロンドだけどよく見ると24の二ーナなんだよね。
メアリー・アンは防犯カメラの映像を見せてもらい
カメラに写っている覆面3人組のうち
カメラに向かって銃を構えていた男が
自分の息子のジェフリーだと気付きます。
彼はメアリーが15歳の時できた子供でした。

ジェフリーはアミール妹の携帯に痛めつけられた
アミールの写メを送ってきます。
やがてジェフリーの仲間が死体となって発見。
事件は人種差別ではなく
「ドラッグと金銭」が背景にあるようです。
どうやらアミールは薬を売りさばいていたみたい。
でもそのデータが彼のPCからは見つからず
アミールはゲームが得意だと母に聞いたクルーズは
だったらゲーム機を調べろと意見します。
相変わらず着眼点が鋭いです。
ところがゲームをクリアしないと答えがもらえないんだよね。
大人たちには無理な相談で、結局妹が力を発揮してくれました。
なるほど、こんな顔があったのか。

ジェフリーが狙っていたのはアミールのお金
そして実はメアリー・アンもグルでした。
なんだか二ーナって感じですよね。
銀行でアミールが脅されて金を引き出そうとしているときに警察が到着。
ジェフリーは撃たれて倒れます。
メアリー・アンはアミールの才能に惚れこんでいたようですが
結局は息子を失ってしまいました。

リースがLA銀行襲撃事件の話に過剰反応するのが気になったクルーズは
アミール誘拐事件を対応中に
こっそり警察のPCで調べ物をしてしまいました。
それも他のPCに飲み物をこぼして騒ぎを起こしている間に…
油断ならない知能犯です(笑)
リーズ父は事件の時SWAT隊員だったことが判明。
またひとつ事件の扉が開いてきました。

クルーズにオリビアのお相手を頼まれたテッドは
二人でまったりお外でお昼寝。
なんとも幸せそうでした。
オリビアはMad Menのジョアンなんですけど
Mad Menからそのまま出てきた感じがしていいな!
ついでにドン・ドレイパーの現在版素顔も観たいんですけど
CSI:Miamiなどにゲスト出演してたんですね。
全く記憶がありません(汗)
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
BIBI  
No title

結局母親の愛を得られなかったが為に、仲間をも次々と殺してしまう冷酷なジェフリーに育ってしまった・・・ってことでしょうか。最期の瞬間に母親に手を伸ばして倒れた時だけは一人の息子になっていたような。
銀行襲撃事件のカギを握る相棒と言うのが、リースのほうを指していたなんて、クルーズもさすがに驚いてましたよね。彼女の父親が今後どう絡んでくるのでしょうか。
太陽の光に魅せられたクルーズと、すっかりオリビアに魅せられてしまったテッド。
オジサンたちもなかなか大変ですよね。(爆)TBしました♪

2009/11/18 (Wed) 21:26 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No title

メインの事件と平行して、銀行襲撃事件が少しずつ解き明かされてきたり、テッドの生活にも触れてみたりとなかなか面白い展開です。
今回はゲストキャラにかなり納得して観てました(笑)
これからクルーズとリースのコンビに支障がないといいんですけど。
S1はもうすぐ終わりますが、即S2nの放映もあるようだし、集中して楽しめそうでありがたいです。
TBありがとうございます。

2009/11/20 (Fri) 21:05 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ