FC2ブログ

9mm:Sao Paulo #7 「問題児」

原題:Garoto Problema
別に私の問題じゃありません(笑)
Garotoは殺されたフェリペであり、3Pでもあり…
そして今回も警察は腐っていました。

#3で少年が殺害されダニが目撃していた事件。
容疑者のフェリペを追うために道場に潜入していた3Pは
フェリペにボコボコニ殴られてしまいました。
それを気の毒に思っていたのは麻薬取締課の刑事で
3Pのいとこのマリオ。
マリオは同僚とドラッグの売人を利用して
ドラッグを買い求めるフェリペを
バイク事故に巻き込ませたようにして麻薬課に連れていって拘留。
そこにプレゼントだ!と言って3Pを招待し
フェリペPを煮るなり焼くなり
3Pの好きなようにどうぞと与えてしまったのでした。
3Pはもちろんあの時の恨みを晴らそうと銃口をフェリペの頭に突きつけますが
そこで引鉄を引くわけにはいきません。
とりあえずボコボコニして釈放させましが
その後まもなくフェリペは何者かに撃たれ死亡します。
弁護士の母親はフェリペと3Pの確執を知っているので
3Pが殺したと主張。
確かに麻薬課に出向いてフェリペを脅していたのは事実だし
3Pは危うい立場です。

エドゥアルドは自分のチームの刑事が事件にかかわっているので
本件の捜査からは手を引くことをあっさり表明。
代わって天敵ポンぺウが捜査を引き継ぎますが
3Pへの尋問が内務調査より嫌らしいです。
母親はもちろん3P有罪証拠を集めようとするし
警備員が自宅前で3Pの姿を見ていたのも事実でした。
このままでは3Pの無罪を証明することができません。
3Pは留置所送りとなってしまいます。

これでは大変だと動いたのがオラシオとルイーザ。
そして失業中のタヴァレスも力を貸してくれます。
オラシオ達は独自にバイク事故のついての調査を始めますが
エドゥアルドだけは知らんぷり。
イメチェンだとか言われて髪を切ったり高級スーツを買わされたり。
今まで警察ドラマの強引なボスは山ほど観てきましたが
こんなに無責任なボスは始めてかも。
驚きました。

3Pについては突っ走りすぎる傾向があるのと女好きくらいで、
あまりダーティーなイメージがありませんでしたが
彼もまた複雑な過去を背負っているようです。
彼を育てたおばさん=マリオの母親で
マリオはいとこといっても兄弟同然のようです。
だからマリオは3Pのことを気にかけてくれるのですが
今回は気にかけ過ぎて墓穴を掘ってしまいました。

マリオやタヴァレスが面会に来た時
ここでは気がおかしくなると訴える3P。
オラシオに言わせればまだgarotoな3Pが耐えられるわけありません。
それはマリオもわかっています。
何とかしなければ…
実はフェリペを消したのもマリオの企みだったのですが
犯人をでっちあげないと3Pが自由になりません。
そこで嘘の情報をオラシオらに流しつつ
フェリペを捕らえるために協力させた売人を撃ち殺し
フェリペ殺害に使った銃を握らせて
この件をおしまいにしてしまったのでした。
めでたく3Pは釈放です。
ここにとても真面目なCSI捜査官でもいれば
裏工作をさっさと暴露できるかもしれませんが
そんなことはは絶対ないのがブラジルですから
いつの間にか解決しちゃったよね…でおしまいです。
うまく難を逃れた3Pもこうして成長し
悪巧みを次々に身につけるのでしょうか?

ついでにエドゥアルドは父親とうまくいってないみたいですね。
みなさんいろいろ複雑です。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ