FC2ブログ
Top Page › Shark › Shark S2-#5 「Student Body」

2009 · 12 · 04 (Fri) 21:04

Shark S2-#5 「Student Body」

大学の化学棟で夜爆発が起こり
たまたま建物に戻った学生1名が死亡、1名が怪我を負いました。
建物には爆弾が仕掛けられていたようです。
容疑者として化学専攻で、爆破予告の手紙を書いていた
マイケルの名前が挙がります。
確かにマイケルは爆破予告の手紙を書いていましたが
それは1年前のこと。
その後病院で治療もしていたし
自分はやっていないと主張したものの信じてもらえず
犯人扱いされてしまいます。

嫌気がさしたマイケルは自殺未遂を起こし
ダニーに救ってもらいます。
ダニーはマイケルはやってないと信じ
真犯人捜しに精を出します。
やがて学部の助手が学生と内密に付き合っていて
密会場所が化学棟だったこと。
学生の元彼がそれを恨みストーカー状態だったことがわかります。
元彼カイルは有力者の息子でしたが
学業には向いてなかったようで大学を中退し
建設現場で働いていました。

マイケルの無実をどう証明するか。
カイル元カノが涙ながらにカイルのストーカー行為を訴えたら
弁護側は彼の精神状態が理性的判断を下せなかったと逃げてきます。
マイケルは自分が証言台に立つのを恐れていましたが
自分だったらもっと高性能の爆弾を作るし
仕掛ける場所も違うはずと証言台で知恵を発揮
無実を証明することができました。
カイルはマイケルと同じ病院に入っていて
こっそりマイケルのファイルに収められていた
爆弾予告のれ手紙を持ち出していたんですね。
そして手短な材料で爆弾を作り
元カノと新しい彼氏を脅すつもりだったようです。

今回のエピ、ゲストが豪華でした!
爆弾事件だからといって現れたFBIの特別捜査官
(特別であることを強調していました)は
最近訳ありキャラばかりの?Jeffrey Nordling。
Dirtの困ったボス役の印象が強いけれど
実は結構ファンだったりします(笑)
今回はなかなか押しの強い捜査官で
スタークとの対立が面白かったけど
FBIの出る幕ではなくなったので
さっさと退散してしまったのが惜しかったです。

カイルの弁護を担当したのがTWのドク。
最近スキンヘッドが定着してしまいましたね、
スーツ姿でよどみなく話す姿はいかにも賢そうで素敵。
スタークに決して引けを取っていませんでした。
本当なら腹立たしいキャラのはずなのに、
カッコよく見えちゃったからスタークに申し訳ないです(笑)
TWの人達もそれなりに活躍していて嬉しいんですが
できればまともなボスコを観たいです!

そして先週から登場のスターク元妻が
Mistressesのシボーンだったのには恐れ入りました。
きっと彼女の浮気が原因で離婚?にしか思えないもん。
アイルランド訛りむき出しで正しくシボーンだったんですけど
やっぱりどこかLAにはそぐわない気がしました。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

こんにちは。
あのえらそうなFBI捜査官、「Dirt」に出てたあの人だったのですね。
まったく気がつきませんでした!
セバスチャンとの間のやり取りも、あんなにあっさり終わっちゃったけれど、
これからまだ出てきたりするのでしょうか?
セバスチャンは敵が多いから、気にもしないのかもしれませんが、
同じ犯人を挙げる側の人間と協力できないと、つらいですよね。
ともあれ、無実のマイケルが犯人にならなくてよかったです。
2009-12-05-15:42
Anne [ 返信 * 編集 ]

突如現れた偉そうなFBI捜査官、Dirtオヤジだったんですよ。
ちょっとイメージ違ったかな。彼としては珍しく?仕事のできそうなキャラでした(笑)
気が付いたら退散しちゃったけど。
それにしても警察よりもFBIよりもさっさと現場に到着する検察官って他のドラマでは絶対あり得ないんですが、実際はどうなんでしょうね。
あまりにも機敏すぎるシャーク組が恐ろしく思えます。
2009-12-06-11:41
Garoto [ 返信 * 編集 ]