FC2ブログ

Everwood S4-#22 「フォーエバーウッド(後編)」

さよなら、エバーウッド!!

アンドリューは二ーナが来ていることに驚き
とりあえずサムと一緒にここに泊まるように話します。
そしてしばらく留守にすることをアボットに伝えると
アボットは二ーナをほったらかしでいいのかと説教します。
でもアンドリューには計画がありました。
それはジュリアの墓参りをして
ジュリアとの思い出をここでいったん封印すること。
そして新たな人生をスタートすることでした。
帰ってきたアンドリューは初めて二ーナに出会った
二ーナの家の前に彼女を連れていくと
今度こそ婚約指輪を持ってプロポーズします。

リリーはキャシーが見つかるまで
しばらくアボット家で預かることが決定。
みんなでリリーを可愛がります。
そのころエドナはリンダのいるアフリカへ行くと言い出して旅の準備を始めますが
アボットがリンダに問い合わせるとリンダは何も知らず
エドナは誰にも気を遣ってもらうことがないように
一人でキャンピングカーで旅に出るつもりでした。
でもアーヴの死のショックはかつてないほどエドナを苦しめていました。
アボットとローズは、エドナを自宅に招き
リリーを一緒に育ててほしいと頼みます。

ハンナは大学を選択する時期になり
ノートルダムへ行くかA&Mへ行くか迷っていました。
ノートルダムは理想だけど、
向こうに行ったらもうエバーウッドに戻ってくることはありません。
ブライトは元カレとして、ハンナの選択を手伝い
あくまでもハンナのためにノートルダムへ行くべきだとアドバイスします。
エゴを捨てハンナのことを考えたブライト
また一歩成長しましたね。
二人はずっと友達でいられる!
ハンナはブライトに内緒でA&Mに願書を送ったのでした。

エフラムをまだ愛していると気付いたエイミーは
なんとかして思いを伝えたいけれど、どうしたらいいかわかりません。
そして映画館でエフラムとステファニーを見かけ
二人の仲睦まじい様子にますますジェラシーが…
エイミーはエフラムとの思い出を一つ一つ、
しっかりと覚えていました。
決して忘れることはできません。
動けずに固まっているエイミーを
ローズが励まし自信を持たせると
エイミーはあるプランを思いつきます。

エフラムはステファニーをアパートに泊めたけど
彼女と関係を持つことはありませんでした。
まだ心のどこかにエイミーが引っ掛かっている。
エイミーとのダンスは特別なものに思えました。
でもステファニーとの恋も進行中です。
エフラムが悩んでいると、こちらはアンドリューがアドバイス
エイミーと一緒の絵が描かれているときどう見えるのか
エイミーが運命の人かどうか
エフラムもまた選択を迫られるのでした。

ステファニーとのデートに遅れそうなエフラムがアパートを出ると
外にエイミーが立っていました。
その後ろには観覧車が!
二人で初めて乗ったお祭りの観覧車のことはよく覚えていました。
エイミーがエフラムを心から愛していることを伝えると
もちろんエフラムも愛してると答えます。
そして二人は観覧車に乗る前に、愛を確かめ合うのでした。

Everwoodにふさわしい理想的なファイナル。
アーヴには申し訳なかったけど、最後はみんな幸せをつかむことができました。
デリアはパパから馬をプレゼントしてもらったし。
そしてこれも予想通りでしたが
最後の最後に、やっとエフラムとエイミーが
運命の人を見つけることができました。

エフラムにとってはエイミーと出会ったときから
運命の人は決まっていたんだよね。
でもエイミーにはコリンがいたから
いつの間にかエイミーを支える立場に置かれていたエフラム。
S1の初々しくてぎこちないキスシーンは
この先が保障されなくても、とても素敵でした。

そしてS2。
コリンの死でエイミーはズタズタになり
トミーと出会いドラッグにおぼれ 
エフラムはマディソンと出会い新しい恋に模索しますが
このころの二人はばらばらで、
観ながらEverwoodがつまんないとついついぼやいていました。
でもお互い別れを迎えてS3へ。

S3でジュリアード受験を目指すエフラムのピアノを弾く姿が
たくさん見られたのは嬉しかった。
そしてすれ違い続けた二人の思いもようやく一致。
とても幸せそうな二人にホッとしたのに
エフラムの子供発覚で大きく落ち込み…

今シーズンは前半はハンナとブライトの恋の方が気になり
エイミーとエフラムの関係は難しいなと思いつつ
少しずつ元恋人今は友人として
いい雰囲気になったかなとまあ安心して観ていました。
でもお互いが運命の人であることに気づいてほしかったから
その時をひたすら待ち続けていたので
ようやく念願叶いました!よかった♪

エイミーが思い出したエフラムとの素晴らしい日々。
観覧車もスケートリンクも
S1の名場面でしたね。
懐かしくて涙が出そうでした。
そしていつの間にか二人もすっかり大人になっていました。

自分にとってはとても長い付き合いだったEverwood。
最初の出会いは2002年11月でした。
ブラジルでS1を半分観て帰国。
早く先が観たいと願っていたら
2005年10月にBS-iで放映開始。
エイミーとエフラムに再会できて幸せでした。
でもS2以降がいつ観られるのかはそのときは謎のまま。
放映権がスパドラに移り、S2が観られたのは去年でしたからね。
いったいどれだけ待ったのでしょう。
足掛け7年、本当に長いドラマでした。
S2以降はどんどん進んでくれて嬉しかったけど
あまりに時間のかかったS1の重みは格別でした。

素晴らしいヒューマンドラマに出会えてよかった。
エバーウッドの素敵な人々と壮大な景色に癒されました。
すべてを見せてくれたスパドラに感謝します。

everwood4-1.jpg everwood4-2.jpg everwood4-3.jpg

everwood4-4.jpg everwood4-5.jpg everwood4-6.jpg

スポンサーサイト



コメント 3件

コメントはまだありません
Ayano  

Garotoさん、こんにちは。
ちょっと詰め込んでバタバタッと片付けた感もありますが^^;
とにかくうまくまとまってくれたのでほっとしました。
ハンナがノートルダムを選ばなかったのはちょっと勿体ないけど、
彼女も自分の居場所を見付けたってことですよね。

あっちの方で大工のオヤジ達が見てる生活感たっぷりなプロポーズは、
すでに家族同然だったアンドリューとニーナらしくて素敵だなと思いました^^
終わってしまうと寂しくなりますね~。

2009/12/13 (Sun) 01:08 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

絶対こう終わるだろうと確信して観ていたので、あまりにも予想通りの展開はあっけない感じもしましたが、でも最終回はこうあるべきかなとも思いました。
ここでクリフハンガーされても困るし。
アンドリューと二ーナも、エイミーとエフラムも初心に帰って、今度は素晴らしいスタートが切れそうです。ハンナとブライトの関係も安心できそうだし。
長い間楽しませてもらったEverwoodがなくなってしまうのは本当に寂しいです。

2009/12/13 (Sun) 10:27 | 編集 | 返信 |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/12/14 (Mon) 02:56 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ