FC2ブログ

The Beast #1 「疑われた捜査官」

AXNで来年スタートのクライムドラマ「The Beast」の先行放送2話分があったので早速視聴。
見応え充分、でもかなり重たい内容だったので第1話の感想をまとめてみます。

舞台はシカゴ、
FBI捜査官のチャールズ・バーカーはベテラン潜入捜査官ですが相当の曲者。
今まで曲者ボスはマイアミのあの方を始め多数観てきましたが
バーカーは犯人逮捕のためならやりたい邦題。
周りがどうなろうと知ったこっちゃないって感じです。
誰が近いって強いて言えばサンパウロのオラシオですか?
とにかくやることなすことにビックリさせられました。

そんなバーカーが自分のパートナーとして選んだのが新人捜査官のダヴ。
ダヴは新人ですからもちろんバーカーの言いなりなんですけど
あまりに理不尽なことばかり言ってくるのでこれでいいのか悩まされてます。
でもとてもノーと言える立場じゃないし
ノーと言ったら何をされるか考えるのも恐ろしい…
ダヴは言われるままに動きます。

今回の任務は武器商人とテロリストの間で取引される
ロケット弾の売買を阻止すること。
早速バーカーはFBIの押収品のロケット砲を強引に持ち出したんですが
発射カードがないと使い物にならないんですよね。
そこでダヴにカードを取ってこいと命令。
ダヴはまずバーカーの同僚の上司に会ってプレッツエルの箱を受け取ると
そこには資金が入ってました。
続いてカードを持っている男のところへ行くと
そのお兄ちゃんが単なるジャンキーで
ロシアンルーレットをしようと脅してきます。
ダヴはいつ怪我させられるのかひやひやしながら
ドラッグを一服させられふらふらになって
何とか任務を務めたのでした。

カードをゲットすると二人は武器の売人のところへ。
そんなもの使えるのかと胡散臭そうにしていた売人ですが
いきなりバーカーがロケット砲を抱え試し撃ちだと
ビルから外の車に向けて発射しちゃったからみんな仰天します。
これで嘘じゃないことは証明されました。

そしていよいよテロリストに武器を売る段取りをつけてもらうんですが
今度は外でダヴはロケット砲を阻止し
バーカーが一人商談に行きます。
二人は兄弟でしかもダヴは養子に貰われた弟だと
役割もしっかり決まってました。
武器を渡す段階になって関係者が外へ出てくると
弟が駄々をこね、兄が弟を殴るなんて演出をしているうちに
FBIが当たりを囲んで逮捕と
見事な捕り物劇が披露されました。
終わりよければすべてよしですか?
それにしても器物損壊その他もろもろ、犠牲が大きすぎでしょう。
シカゴでERが忙しいのも、なんだか納得できてしまいました(笑)

バーカーってすごいぞとダヴ同様感心しながら
帰宅の途につくダヴを観ていたら
電車に乗り込んだダヴを囲んだのはFBI捜査官の面々。
なんとジャンキーの兄ちゃんも
FBIの内務調査担当の捜査官レイだったのでした。
絶対信じられなかった。
だってレイはThe Wireのダンジェロなんだもん。
筋金入りのワルに見えるでしょ。
そして内務調査の目的はバーカーの悪行を暴くこと、
そのためにダヴに協力を要請してきます。
ダヴはパートナーを信じ、その協力を断りますが
レイはその後もしつこく迫ってきます。

こんなサブストーリーが隠されてましたか。
1話ごとの事件解決とドラマを通して本質的な問題を探っていく二本立ては
Lifeの展開と似てるかな。
でもこっちの方がずっとハードです。
何しろ「けだもの」ですからね。
そしてバーカーの渋さ、カッコよさは予想以上で
やってることはそれでいいのかとも思われるけど
彼なりの理論があるし、説得力もあるので納得させられてしまいます。
Patrick Swayzeの完璧な演技は
とても余命いくばくもない人とは思えず
考えると辛くなってしまうんですけど
今はPatrickの活躍を一つ一つ心に刻みながら観ていこうかなと思っています。
新人ダヴ君もなかなかいい感じ。
そしてダヴと同じアパートに住むローズが
ドラマに新たな展開をもたらしてくれるのかもしれませんね。
これも気になります。

全13話、それしかありません。
じっくり味わわせてもらいます。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
まめ  

いや~久々の本格バディもの!
かっこえー!とみいってしまいました
パトリックのことを思うと、フクザツな思いはあるけれど、
Garotoさんがおっしゃるとおり、全13話
しっかり楽しませていただこうと思っています

2009/12/15 (Tue) 00:25 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

年齢差はあってもこのコンビ、お互い支え合ってすごい力を発揮してくれるのではと期待しています。
パトリックがお元気そうに見えて、それがまた痛々しいのですが、とにかく貴重な映像をじっくりかみしめていきましょう。
年明けの本放送が楽しみです。

2009/12/15 (Tue) 20:26 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ