FC2ブログ
Top Page › Brothers&Sisters › Brothers&Sisters S3-#9 「破壊からのスタート」

2009 · 12 · 18 (Fri) 23:15

Brothers&Sisters S3-#9 「破壊からのスタート」

ケヴィンがオークションで落としてノラのものとなった豪邸は
早速病気の子供をもつ家族たちのためのセンターに改築されることになったんですが
内装工事に相当お金がかかります。
少しでも倹約したいノラは壁を取り払うくらい自分たちでできると勝手に判断
見学会と称してケヴィンやジャスティン、ソールを呼びつけてしまいました。
今回はスコッティも同行。
やっと家族として認められたね。
実はその昔大工のバイトをやっていたスコッティは手際がいいし
シロアリの被害などもばっちりチェックできてます。
他の人達はブツブツ文句を言ってたんですけど
スコッティはしっかり役立ってました。
でも所詮は素人がやること。
業者に配管のこととか聞いてあったみたいですが
やみくもに壁をぶちぬいていたので、いつの間にか壁が崩れかけてきました。
自分でなんとかやりたいと思うノラの気持ちもわかるけど
やっぱりこれは無茶でしょう。

サラはカイルやイーサンとグリーントピア設立に向けて準備を整えてきましたが
資金不足をどうやって穴埋めするか
そこで大手投資会社に助けてもらおうと担当者を自宅に呼んだら
それがなぜかグラハムでした。
グラハムは確かに実力はあるけど、どこか下心見え見え
若者たちはサラの元彼の登場に難色を示します。
サラはもう終わったことだしグラハムに間違いはないと
その後の交渉を請け負いますが
デート的打ち合わせはなんとも微妙な雰囲気に
そして100万ドルの投資を保証してもらうものの
カイルとイーサンは共同設立者扱いとされることになってしまいました。
グリーントピアは彼らの手から離れていってしまいます。
いくら資金提供されても本末転倒だと
結局サラはグラハムの提案を却下することにしました。

マキャリスターは養子がだめなら代理出産を頼むのはどうかと打診してきます。
キティがそのことについて考えていたら
トリシュから連絡が入ります。
トリシュはよくよく考えて、やはり子供をキティたちに託すことにしました。
トミーの出張中、ホリーはレベッカをミーティングに参加させ
マーケティング部門を担当させると決めてしまいました。
派遣からいきなり大出世。
レベッカは嬉しくても、ウォーカー家は素直に喜べません。
板挟みのジャスティンは困っていました。
やっぱりホリーは曲者ですね。
レベッカがホリー化しなければいいんですけど…
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

こんにちは。
ノラの提案でみんなでのおうちの解体、たいへんそうでしたね。
がんばる気持ちはわかるけど、みんなへばっていたし。
次の日筋肉痛がひどくなってそうでしんぱいです。

サラがフェニックス社との契約に揺れた気持ちはわかるけど、
それでもカイルやイーサンと一緒にやっていくと決めて、
本当によかったなと思います。せっかくここまでがんばったのに、
彼らを手放すのは経営判断としては正しいのかもしれないけど、
人としてはどうなのかなと思っていたので…。

レベッカのことも心配ですよね。
でもソールおじがもどってきて、これから出番が増えるかな。
だとしたらそれは歓迎です。
2009-12-19-08:45
Anne [ 返信 * 編集 ]

ノラの自分で何とかやってみたいという意欲はわかるけど、いつも周りを巻き込みすぎです。お付き合いしてあげる家族は本当に立派だと思いますが。
サラの決断はほっとしました。若者君たちを信じてあげたいし。
レベッカの立場って微妙ですよね。あまり周囲に左右されず、自分の考えで生きていってほしいです。
ソールおじさん復活はみんなにちょってよかったです。
TBありがとうございます。
2009-12-19-19:07
Garoto [ 返信 * 編集 ]