FC2ブログ

Criminal Minds S4-#8 「死の数列」

Numb3rsのCMバージョン??

リード君がロッシと一緒に大学でFBIへの勧誘活動。
リード君は至極まじめなんですけど、あんなに自分の天才ぶりをひけらかしちゃ
みんな引いてしまうでしょ。
だけどリード君の場合天然だから本人は理解できず。
天才ってこういうもんなんでしょう。
それにしてもリード君て化学や数学がお得意で心理学も今の仕事には必要だとして
哲学まで学士号を取っちゃうんですか?
いったいいつ勉強してるんだ?
リード君の場合勉強は苦にならないんでしょうね。

あまり役立ってないリード君でしたが
ロスチャイルドと名乗る教授が近付いてきます。
リード君がお気に召したようですが
7人を殺害したと怪しげな写真を持ってきて証言
しかも9時間以内にあと5人殺すと予告までしてきたので
BAUは早速動き出します。

このロスチャイルドが一見天才風で
リード君には敬意を払ってるようだけど、他のメンバーのことを見下しています。
しかもロッシに対する偉そうな態度は実にうっとうしい。
ロスチャイルドの情報も殺人の証拠も得られないまま
それでもガルシアが必死に検索。
するとロスチャイルドが予告していた
母親と4人の子供たちの換金画像がPCに飛び込んできます。
密室にガスが送りこまれ、親子はガスマスクをしないと生きられない環境。
早く彼らの居場所を見つけて助け出さねばなりません。

早速今までの失踪者の傾向を分析し
地域の特定に精を出していたんですが
ロスチャイルドの様子を観察していたリード君が
親子が連れ去られた託児所のおもちゃの並べ方から
事件は黄金比に基づいていることを解明。
親子の居場所の手掛かりを示したのが
ロスチャイルドが掛けてるペンダントであることを突き止めます。

ここからあれこれ数字の話が出てきて
リード君はすっかりチャーリーと化していました。
リード君とチャーリーの数字対決をいつかやってもらいたいな。
二人が語り出したら、意味不明の世界が広がること間違いなしだけど。
監禁場所が無事に分かりBAUが捜索に行くと
ロスチャイルドはこれはBAUを一網打尽にする罠だと言い出します。
実はロスチャイルドは兄をロッシに捕らえられていたんですね。
その恨みでBAUを陥れたかった?
見事にしてやられましたが…と思ったらさすがにロッシは上手で
ロスチャイルドが黄金比を壊すわけがないと見抜いていました。
そしてロスチャイルドがロッシを脅す様子をすべて録音し
殺人の証拠と使えるようにしてしまいました。
この勝負、ロッシの勝ちでほっとしたけど
途中はヒヤヒヤしましたよ。

ロスチャイルドってサインフェルドのジョージだったんですね。
見事な変装ぶりに恐れ入りました。
そして冒頭に余計な捜査を頼みに来た刑事は
なんとスタスキー刑事でした。
今回のエピの監督もしていたそうです。

JJの代理で働き始めたトッドは仕事に慣れずカリカリしています。
そしてモーガンと険悪な雰囲気に。
みんなの気遣いがあり、だんだん打ち解けてきましたが
BAUに馴染むのはそう簡単にはいかないようです。
でもロッシもプレンティスも入れ替わり組ですからね。
すぐに打ち解けると思うけど。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ