FC2ブログ
Top Page › 映画 › ウィスキー

2005 · 10 · 09 (Sun) 23:23

ウィスキー

映画祭で渋いウルグアイ映画「ウィスキー」を観てきました。
ウルグアイはモンテビデオに数日滞在した事がありますが、ラプラタ川を挟んでアルゼンチンがもっと地味になった感じ。その暗い地味な佇まいが映画からもよく伝わってきました。

田舎町の寂れた靴下工場を経営するハコボは、毎日判で押したような生活を送っている。そこで働くマルタも同様だ。ところがハコボが母の死から一年立ってようやく墓石を建てることになり、結婚してブラジルに住みやはり靴下工場を営むエルマンが参列するために帰ってくる。ハコボは長年疎遠だった弟との再会を前に、マルタに妻のふりをして欲しいと頼む。
マルタは見事に妻役を演じきるが、建立が住んでもエルマンはブラジルへ帰ろうとせず、二人をピリアポリスへの旅へ誘う。仕方なくマルタはもう少し妻のふりをするが、次第にマルタとエルマンは打ち解けていく。


本当に暗くて冴えない世界。車はエンジンがちっともかからないし、窓のブラインドはなかなか直らない。ハコボの弟へのプレゼントも自社製品の靴下だ。でも律儀にラッピングするのがラテン系の見栄の張り方か?弟は平気で9レアルの靴下を値段つきで渡したけど、お土産Tシャツは一応包んでましたね。兄弟考えてる事は一緒でしたが。

そしてシーズンオフのピリアポリスがまたムチャクチャ寂れてる。やたらと天井の高いホテル(こういう無駄な造りがまた南米らしい)に泊まってるお客さんも他にはアルゼンチンから来た新婚夫婦くらい。でも彼らはこれまたしけまくったゲーセンで十分に楽しんでる。この何もない世界も向こうでしっかり体験したけれど、彼らにとってはこれ以上ゴージャスなものは存在しないんだから全然問題ないのです。日本人にはついていけない世界だけど。

ピリアポリスでハコボは母を看護できなかったお詫びとお礼にとエルマンからもらった金を持ってカジノに行き、見事に大当たりする。その間マルタはこっそりエルマンの部屋へ行きソファで眠る。
マルタは空港でハコボのいない隙に、飛行機で読んでくれとエルマンにメモを渡す。このメモに何が記されていたのかは謎のまま。
エルマンがブラジルへ帰るとマルタの役目は終わり、ハコボはマルタにお礼としてカジノで儲けたお金を渡す。翌朝ハコボが出勤すると、いつもハコボの来るのを待っているマルタの姿がなかった。


映画はこれでおしまい。エルマンと打ち解け臨時収入の入ったマルタはブラジルへ飛び立った?エルマンの住むのはポルトアレグレのようなので、ウルグアイからもさほど遠くはないが、マルタはカタラタス(イグアス)にも行ったことがない。そんな冒険が出来るかは疑問です。でも今まで同じことの繰り返しだった毎日が、何か少し変わったことは確かなのでしょう。

ウルグアイの映画は初めて観たけど、南米のスペイン語は聞き取りやすいので助かりました。ちなみに「ウィスキー」はスペイン語版「チーズ」写真を撮るときの合言葉です。「ウィスキー」と言ったとき、彼らの表情が和んだのが印象的でした。

スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

ちょっとテストです

がろとさん、こんばんは。
あれれ~?さっきコメント送ったんですけど、なぜか反映されていません(涙)不具合でしょうか?文字制限でも引っかかったかな?あらためて出直してきますー。
2005-10-11-23:33
サナ [ 返信 * 編集 ]

お待ちしてます!

サナさん、こちらは大丈夫でした。
是非またコメント、よろしくお願いいたします♪
2005-10-12-09:04
Garoto [ 返信 * 編集 ]

今度はうまくいくかな?

心惹かれる映画ですね。ひょんなことからスペインと南米の映画をちょこちょこ見はじめたので、レビュー参考になります。何もない世界。日本に住んでいると想像もつかないけれど、ときどき無性に行ってみたくなります。

>本当に暗くて冴えない世界。
陽気ってのが勝手なイメージとして自分にはあったんですが、実際はあちらの映画って救いが無かったりしますね。フェレ・マルティネス目当てに見たLagrimas Negrasはずっしりきました。
2005-10-12-20:13
サナ [ 返信 * 編集 ]

大丈夫でした!

サナさん、コメントありがとうございます。
南米映画は懐かしさも手伝って積極的に観ようとしていますが、なかなか日本公開されないのが残念です。

ラテン=陽気だと思われがちですが、南米も南に行って寒くなってくると人間も陰鬱に・・・ってほどでもないですが、ブエノスアイレスは寂れたヨーロッパの一都市って感じ。その哀愁漂う雰囲気がタンゴの調べとマッチするんですよね。
そしてモンテビデオはブエノスをさらに小さく寂れさせた感じかな。ここまで来ると地球の裏側にいることを実感させられます。
何もない世界、現地の人はそれでOKなんでしょうが、下手に日本人が行くとあまりに何もなくて途方に暮れます。
ブラジルはまだ豊かだったけど、それでもいろいろと不便でした。
2005-10-13-20:14
Garoto [ 返信 * 編集 ]

初めまして!

ご挨拶がてら、TBさせていただきました!
2005-11-01-16:36
伽羅 [ 返信 * 編集 ]

ありがとうございます♪

伽羅さん、TBありがとうございました。
最近あまり映画を観る暇がないんですが
ときどき映画についてもUpしていきたいと思っていますので
またよろしくお願いします。
2005-11-01-19:58
Garoto [ 返信 * 編集 ]

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ウィスキー
ひじょ~に地味ぃ~なコメディ映画である。地味なのにコメディなの?と、不思議に思われたそこのアナタ!あるんですよぉ~、実は。コメディの新境地!って言いますかねぇ。新ジャンル確立してしまったんですな、これが。なんか、観終わった後の後味が、〔ウィ.... …
2005/11/01 16:36 映画とはずがたり
NO.116「ウィスキー」(ウルグアイ他/ファン・パブロ・レベージャ+パブロ・ストール監督)
どこかなつかしい、退屈で不器用な、人間模様。ブラジルとアルゼンチンに接した人口330万人強のウルグアイから日本初上陸の作品が送り込まれた。「ウィスキー」。カンヌ映画祭でオリジナル視点賞と国際批評家連盟賞、そして東京国際映画祭でもグランプリと主演女優賞に輝い …
2005/11/30 21:25 サーカスな日々