FC2ブログ

Law&Order SVU S5-#25 「脳の被害者」

カフェでトイレに入った女性が便器に仕掛けられた盗撮カメラを発見。連絡を受けたSVUが仕掛けた犯人を探すが、カメラは二時間前にセットされたおりすでに犯人はカフェにはいなかった。スパイ用カメラを販売する専門店を調べると、カメラはインターネットで合法ポルノ映像を流しているサイトの映像作成用などに使われていたが、カフェから出てきた不審な男の目撃情報から、販売店で働くチャーリーの弟ウェイドが浮上する。ウェイドはチャーリーからカメラを譲り受け、放尿シーンばかり盗撮しては自分のコレクションとしていた。SVUは盗撮はプライバシーの侵害で実刑だとしてウェイドを逮捕しようとするが、ウェイドは自分の撮った映像で取引を持ちかけてくる。それはセントラルパークのトイレで少年がレイプされるシーンを盗撮したものだった。
映像を細かく分析した結果、被害者の少年の身元がわかる。少年は12才のシェーンで、その日はサッカーの試合に出ていた。また相手はブルーのトレーナーでジーンズ姿だが、爪のマニキュアから女性だと思われた。シェーンの顔には殴られた傷があったが、それは試合のときに起きた乱闘でできたものだった。乱闘にはシェーンの母のジャッキーが絡んでいた。ジャッキーは美容院で働いているがアルコール依存症で、酔っぱらっては正体をなくし、若い男を誘っている姿も見られていた。ステーブラーらはジャッキーが息子を虐待したのではと疑いをかける。
再びシェーンのチームのサッカーの試合があり、SVUは状況を見守る。子供たちの親はみな青のトレーナーを着ており、胸にサッカーマームとプリントされていた。母親たちは誰でも容疑者になりうる。するとシェーンの学校の校長のライスがシェーンと親しげに話している姿が見られた。ライスは優秀な教育者で最近建築家と結婚し、息子のジェイソンの養母となっていた。ライスがジェイソンと一緒にいる様子はごく自然だった。一方ステーブラーはシェーンに話を聞こうとするが、最初に盗撮のことを離したときと同様、シェーンは詳しく話そうとしない。SVUには事件があったときの映像が手に入り、その日はジャッキーがサッカーマームのトレーナーを着ていなかったことが確認される。
シェーンが体育の欠席届を出して姿を消した。ステーブラーらが用紙に書かれたライスのサインをチェックすると、字が乱れているのに気付いた。ジェイソンは母が父とけんかをするようになったと話していた。ライスが帰宅したと聞いたステーブラーらは、ライスの自宅を訪ねると、夫もまた彼女が最近変わってきて、性的不満を感じているようだと話す。
ライスの夫の車がなくなっていた。ライスはシェーンを連れて、夫の車で逃亡したようだ。早速緊急手配がかけられ、間もなくしてライスとシェーンが乗った車が発見される。ライスは逮捕されるがひどく具合が悪そうだった。頭痛を訴えるライスをステーブラーが尋問すると、ライスはシェーンのレイプを認め、今度はステーブラーに迫ってきた。ステーブラーがライスを押しのけたため彼女は頭を打って倒れ、発作を起こして病院へ運ばれる。ステーブラーは危うく内部調査の対象になるところだったが、検査の結果ライスの脳腫瘍が見つかり直ちに手術が行われる。
脳腫瘍のせいでライスは性的衝動を抑えられなくなり、シェーンをレイプした。病気が原因なら無罪も主張できるかもしれない。Drファンは手術後のライスの脳のPETスキャンを頼むが、そのときライスは8歳の時から4年間、祖父にレイプされていた話をする。検査の結果ライスの脳は正常に戻っていたが、腫瘍が再発すると再び性犯罪に走る事例もあるとして、ケイシーはライスのシェーンへの接近禁止令と性犯罪者リストへの登録を命じ、ライスは受け入れる。しかしライスはシェーンへ電話したため、ジャッキーが怒ってライスの家に乗り込んできた。ライスは妊娠したことを子供の父親に伝えたかったと話す。

カフェのトイレに盗撮カメラが仕掛けられていたことがわかり、SVUは騒然とします。放尿シーンを喜ぶ者もいるとDrファンが丁寧に説明していましたが、とにかく犯人を見つけ出さなければなりません、。盗撮カメラの販売元をたどっていくうちに、カメラを組み立てて売った女性の弟が犯人であることが判明します。
弟のウェイドは子供のころ虐待を受けており、今は姉が面倒を見ていました。ウェイドは撮った映像は自分で楽しむためのものでしたが、盗撮は実刑だといわれ、たまたま撮ってしまったトイレでの少年のレイプ事件の話をして取引を持ち出します。なぜ少年を助けなかったかとステーブラーは怒りますが、ウェイドは盗撮していたことを警察に話せなかったし、映像の確認も事件の後でした。
SVUは今度は少年のレイプ事件を捜査。着ていたユニフォームやファールカップを手にしていたことからサッカーの試合中たとわかり、映像を詳しく分析していくと被害者が12才のシェーンだと判明します。
シェーンは母親と二人で暮らしており、母親のジャッキーはひどいアルコール依存症でしばしば酔っぱらって問題を起こしていました。ステーブラーらの質問にシェーンが何も答えようとしないため、SVUは母親の虐待を疑います。その時シェーンと親しげに話していたのが、シェーンの学校の校長のライスでした。ライスには結婚相手の連れ子のジェイソンがおり、ジェイソンもサッカーチームに所属しているためライスは応援に来ていたようですが、ライスの様子がどうも引っかかります。
ジェイソンや夫からライスの様子がこのところおかしいと聞き出したころ、ライスはシェーンと逃亡を企てていました。すぐに二人が乗った車が見つかり、ライスは逮捕されます。
取調室でステーブラーが尋問を始めると、ライスは頭痛を訴えつつもあっさりとシェーンへのレイプを認め、二度目からは彼の方から誘ってきたと言い出します。そしていきなりステーブラーに近づきキスを迫ってきたので、驚いたステーブラーがライスを突き飛ばしたら、ライスは頭を打って倒れ発作を起こしてしまいました。
病院にはすぐに内務調査のタッカーが現れ、ステーブラーがレイプ犯を殺したがっていたと非難してきますが、検査の結果発作は脳腫瘍によるものだと判明します。脳腫瘍ができた位置がライスの行動を司る部分で、彼女は性的衝動を抑えられなくなっていたのでした。ファンの協力を得て手術後のライスの脳スキャンを行った結果、ライスの思考は正常に戻ったようでしたが、彼女自身が幼いころ虐待を受けていて性犯罪者に陥る可能性がないわけではなく、また腫瘍が再発すれば衝動を抑えきれなくなることもありえます。そのためにシェーンへの接近禁止令や性犯罪者リストへのr登録を認めたライスは、教育者として子供を守るために責任を取らなければならないという思いがありました。しかしその結果彼女の家庭は崩壊し、地位も職業も失うこととなってしまいます。一方シェーンは母親のことで悩んでいて、ライスには優しくしてもらったという思いが強く、事件の後も彼女と連絡を取ろうとしていました。このような状況で成長すると、シェーンも性犯罪者になりかねないとファンが危惧します。
接近禁止令が出されていたのにライスがシェーンに電話をかけてきたため、ジャッキーが怒鳴りこみに来ます。ライスは妊娠したことをシェーンに伝えたかっただけでした。ジャッキーは孫ができることを嫌悪しますが、ライスにとってはずっと欲しいと思っていた自分自身の子供でした。ベンソンは育てる権利はライスにあると語ります。

今週はSVUが出てきそうなドラマをあれこれ観たなと思っていましたが
本家SVUは別格でした。
衝撃が半端ではありません。

まずトイレに隠された盗撮用カメラの存在。
それも便器にこっそり忍ばせてある防水仕様。
バッテリーは数時間しか持たないけれど
離れたPCで映像が確認できます。
多分サクッと仕掛けて、従業員が掃除する前にはずしちゃうんでしょうね。
これからトイレに入るときには気をつけなくてはと
新たな知識が身につきました。
しかし世の中怪しげな趣味な人がいるのも事実。
合法なら許されるのか?
でもプライバシーの侵害は犯罪です。
ついでにネット配信の視聴者要求型ポルノサイト。
撮影に来ていたポルノクイーンは
ファン役のIce-Tの奥さまだそうです。
なんとセクシーな!!

トイレの盗撮映像から明らかになった少年のレイプ事件。
またステーブラーが頭から湯気を出して怒りそうな事件です。
被害者の少年は何も語らず。
言えないのは仕方ないけれど
だから最初にアルコール依存症の母親が疑われます。
続いて疑問視されたのが学校の校長。
今度は優秀な教育者で夫や息子がいる女性が
性犯罪者になり得るのか?
原因は脳腫瘍でした。
性犯罪者になる要因として多く挙げられるのが
幼少のころの性的虐待の被害ですが
病気も要因になってしまうとは。
ライスは腫瘍が大きくなるにつれ、衝動を抑えられなくなってしまったんですね。
早く検査を受けなきゃだめですよ。
命取りになるところでした。

これで腫瘍を取ってしまえば元に戻るかと思うとそうでもなく
一度性犯罪者のレッテルを貼られてしまえば消すことはできず
腫瘍が再発すれば、本当にまた性犯罪者になってしまうのかもしれません。
しかも重たすぎるおまけがついてきます。
シェーンは最初はレイプされたのかもしれないけど
酔っ払いの母親より優しくしてくれたライスに愛を感じていました。
だから逃避行を彼の方から仕掛けたというのも確かかもしれません。
そしてライスはシェーンの子を妊娠。
ライスにとっては待望の子供でも
育てることができるかはまた難しい問題となってきます。
だがベンソンが否定しなかったのは、
彼女自身がレイプ被害者の子供であるという立場にあるからなのでしょう。

ステーブラーがライスに唇を奪われそうになるシーン。
一瞬焦りました。
まさかステーブラーがそんなことに?
でもケラーじゃなくてステーブラーだから大丈夫。
さっさと降り飛ばしたら今度は力が強すぎました。
そして永遠の天敵のテイラーじゃなくてタッカーの登場です。
ケラーの時代から付け回してる、このしつこさは立派!
いつか諦めるときが来るのかな?

これがS5のファイナルエピ。
2週間のブランクの後、S6が始まります。
まだまだ続く性犯罪の数々。
SVUの衝撃は犯罪捜査ドラマの中でも群を抜いています。
S6もじっくりと、1話1話味わっていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ