FC2ブログ

90210 S1-#1 「ここはカンザスじゃない」

いよいよ新ビバヒルスタート。
オリジナルを制覇しているので
(実はS1は飛び飛びにしか観てないし、最後の方はかなり惰性だったけど)
やはりトライしなくては…と裏でCSI:NYをオンエア中なのを犠牲にし
(NYは日曜の字幕版再放送を観ることにします。いきなりみんなの声が変わるけど)
とりあえずパイロットにチャレンジしました。
新ビバフルの場合リメイクじゃなくてリブート(再生再起動)っていうんだそうで
オリジナルの舞台設定やキャストが一部引き継がれ
そこに新しいキャストが入ってきてドラマが展開されていきます。

オープニングはオリジナルとよく似た展開。
カンザスの田舎からビバリーヒルズにウィルソン家が引っ越してきました。
両親とふたり兄弟なのはウォルシュ家と一緒ですが
双子の兄妹ではなく、兄は養子なのがポイント。
兄のディクソンは家族と肌の色が違ってアフリカン・アメリカンなのです。
今は別に驚くことでもありませんが、でもちょっと説明が面倒かな。
そしてビバリーヒルズで住む所がパパさん(笑)の実家。
かつての大女優でディクソンとアニーのおばあちゃんが住んでいます。
父ハリーはここでウェストビバリー高の校長職に就くことになります。
なんでカンザスから校長先生が異動してくるのかは
ドラマの都合なので追求しないようにしましょう。

ハリー役のRob EstesはビバヒルじゃなくてMP組ですが
かつての姿を観ていると、ウォルシュパパみたいに人のいいオヤジには思えません(笑)
CSI:Miamiでもかなり嫌なキャラだったし。
もちろんドラマ上もビバリーヒルズ出身ですから
ガイダンス・カウンセラーのケリーのこともよく知ってます。
ついでにアニーが親友になる?ナオミの母のトレーシーとの間に
実は子供がいた?らしい。
いきなりMP的な展開じゃないですか。

かつてビバヒルを観ていた時は海外ドラマの知識がほとんどなかったので
出てくる人たちがみな新鮮だったんですが
今はあっちこっちで知ってる人だらけで(汗)
キャラクターのイメージを損ねそうなのが恐ろしいです。
その筆頭がアニーに近付いてきた派手なナオミ。
彼女ってN/Tの悪女ならぬ悪娘エデンですから
何をやっても下心がありそうで…
もう少し素直な娘であることを祈ります。
ちなみに母のトレーシーは
「幸せの処方箋」で戦地へ行ってしまった看護師のキャンディでした。
大分イメージが違うけど。

アニーは2年前にビバリーヒルズに来たとき
イーサンという男の子と知り合いちょっと親密になったんですが
そのイーサンがナオミの彼氏。
人は良さそうだけどなんかイマイチはっきりしてない感じだよね。
しかもいきなり別の子と車の中で浮気してるし。
もしかしたらナオミとイーサンがケリーとディラン?
って重ね合わせて観るのはキツすぎます。
イーサンって全然カリスマ性ないし。

そのケリーなんですけど、カウンセラーになってるとはちょっと意外な感じ。
問題行動に関しての経験が豊富なことだけは認めますが(笑)
妹のシルバーって、あの赤ちゃんだよね!
こんなにでっかい娘になってしまったとは…大ショックです。
父はデビッド坊やのパパだからシルバーなんだよね。
名前がシルバーなのは変だと悩んでいたら
やっぱりエリン・シルバーというのが本名でした。
この際デビッド坊やも顔を出せばいいのに。
でも直前にマイアミでほっさんにつかまっちゃったからダメです(爆!)

他にもトリビアネタはあれこれ転がっていて
またグリーン先生の娘のレイチェルがいる!と思ったら
ザッカーマン・バスケスを名乗っていたかっらアンドレアの娘でしょ!
みんなすっかり成長しちゃったんだ。
月日の経つのが早すぎます。
ケリーにも子供がいましたが、父親は誰だ?
きっとそのうち教えてくれるよね。

一番嬉しかったのは外観や内装はすっかり変わってしまったけれど
まだピーチピットが存在していたこと。
そしてあのナットさんがエスプレッソマシンと格闘していました。
20年たってもまだお元気で
コーヒーを入れながらビバリーヒルズの街を見守り続けている
なんと素敵なことじゃないですか。
ナットさんが頑張ってるなら自分も頑張らなきゃいけないかな。
すっかり親の気分でドラマを観ることになるのでしょう。

オリジナルを観た時は田舎者高校生のブランドンやブレンダと
ビバリーヒルズの高校生たちのファッションその他のギャップに驚かされましたが
アニーやディクソンも田舎者と言われつつ大したことない感じがしました。
っていうかGossip Girlを観てしまうとビバヒルの人達は地味ですよ。
これがNYとカリフォルニアの差なんだと思います。
ファッションもキャラクターも小粒に感じちゃうけど
この先ブレンダやドナちゃんも出てくるってことで
同窓会気分でしみじみ観る分にはどうでもいいことかな?
そんなわけで大人の目線で、この先ドラマを楽しんでいきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ