FC2ブログ
Top Page › Life on Mars (US) › Life on Mars #11 「無類の過去」

2010 · 04 · 21 (Wed) 20:00

Life on Mars #11 「無類の過去」

このところLOMのAXNミステリーでの放映順が、どうも本国と違うんですよね。
今回のエピは実は8話目に当たります。
その後に警察御用達のバーが爆破されたり
コラムニストが駅で殺されたりするんですが
あまり体制に影響はなかったのかな?
よくわかりません。

冒頭いきなり飛び降り自殺しようとする男。
なんと携帯電話の開発のために、財産を全部使い果たして破産。
生きていけないと嘆いています。
自殺志望者の説得担当はサムで
彼の開発は決して無駄にはならないことを身をもって知らせてあげようとするのですが
そこにジーンの永遠のライバル144分署のヌンツィオがやってきて
早速邪魔に入ります。
ヌンツィオは刺激を与えることで自殺志望者を観念させる策を取ろうとしましたが
目論見が外れて男はさっさと飛び降りてしまいました。
あーあ。

ジーンとヌンツィオがどうしてライバルなのかはよくわからないけど
とにかくビートルズとストーンズの関係なんだそうです。
その例えはわかる気がする(笑)
すると銀行強盗発生。
144分署の管轄だけど、ヌンツィオのいいようにはさせないと
ジーンは自ら乗り込んでいきます。
目撃証言などから、ロシア人マフィアの犯行と思われました。
事件を見ていた男の子は喋ったら殺すと脅されていましたが
ジーンがフリントストーンの物真似をしてくれたら
すっかりリラックスして話すことができました。
そしてジーンと部下たちはロシアマフィアの行方を追います。
ところでレイはソ連がアメリカを乗っ取ると真剣に思っているようで
サムは苦笑いするしかありませんでした。

この先ジーンたちが行くところに必ずヌンツィオが現れます。
お互いに考えてることが一緒というか、敵意むき出しというか
立派なロシア式風呂(っていうのでしょうか)では
ジーンたちが到着した時、ヌンツィオはすっかりくつろいじゃっています。
本当にやりにくくてしょうがないんですが、結局は仲良くやっていくことになります。
風呂場でマフィア御一行様対警察チームの大バトルが楽しかった。
Thin LizzyのWhiskey In The Jarがあのシーンにピッタリ。
相変わらず音楽がツボなドラマです。

ところで児童福祉局のマナにときめいてしまったサム。
向こうもその気だし、あっという間に意気投合、一線を越えてしまいます。
遠くで見ていたアニーの思いは複雑。
そしてジーンとヌンツィオの会話から
彼らがライバルとなった原因は同じ女性を愛してしまったこと
そしてその娘がマナで、父親がジーンであることが分かってしまいます。
ボスの娘に手を出してしまったサム。
これは許されることなのでしょうか。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント