FC2ブログ

Glee S1-$11 「Hairography」

スー先生がウィルに地区大会のセットリストを出すように要求してくるので
ウィルはスー先生がライバル校に情報を流すつもりだと危惧して
ジェーン・アダムズ校に正直に質問に出かけました。
ジェーン・アダムズ校のグリー顧問(Eveでした)は真っ向勝負を約束
練習環境に恵まれない生徒たちを、ウィルは招待して講堂を貸してあげることにします。
そしてグリー部のメンバーは、彼女の髪振り&尻振り演技に圧倒されます。
こんなことで負けるなとウィルは
グリー部のメンバーにも男性にカツラ着用で髪振り練習を強要させます。

今後のことを心配するクイン。
フィンはいい人だけど将来性は不透明。
一緒に育てようと言い始めてくれたパックの方があてになるかも。
クインはフィンに別の方を向かせようと
カートに頼みこんでレイチェルをセクシーに変身させ
フィンにその気にさせる計画を立てたのでした。
そしてクインはパックと一緒にシッターのバイトをして
子供たちの前でMadonnaのPapa Don't Preachを熱唱。
子育て宣言してしまいました。

カートはフィンの女性の好みを知っていたので
あえてレイチェルをその逆の方向へ
カートのささやかな嫉妬心なんだよね。
レイチェルはフィンがその気になってくれるならと
急にセクシー路線にイメチェン。
キャットスーツでGreaseのOlivia Newton-Johnもどきを演じたら
フィンはいきなり引いてしまいました。
いつものレイチェルの方が好きだと一言。

クインが子育て宣言してしまったら
テリーは子供をもらえなくなってしまいます。
そろそろ本当のことをウィルに言うべき?
ところがパックがシッター中、GFにきわどい内容のメールを送っていたことが発覚。
子育てはしたいけど、女の子とも遊んでいたい。
クインはやはりフィンを選ぶことにしました。
クインと肩を寄せ合うフィンの姿を見て
どうにも勝ち目はないと悟るレイチェルとカート。
でもまだレイチェルの方が女性だという点で
ストレートなフィンに対しては可能性があるんだよね。
カートはこの先も密かに思い続けていくだけなのかな。

ジェーン・アダムズ校が招待されるなら自分たちも呼ばれるべきだと
ろう学校の顧問もウィルに意見してきます。
そしてろう学校の人達の前で、みんなは髪を振って歌うんですが
どうもしっくりこない。
ろう学校の人達は白けきっています。
そして彼らがお返しに歌い始めたのが、John LennonのImagine。
手話と語りで歌うImagineは圧巻。
早速メルセデスがデュエットし、みんなでコーラスもつけて
Imagine大合唱となりました。
Johnのメッセージが届いたね。

エンディングはウィルがこれこそ勝負の曲だと
しっとりと歌うことを決めたCyndi LauperのTrue Colors。
ティナのリードボーカルが素晴らしかった。
自分を飾ることなく、そのままの自分でいるのが大事。
みんなの気持ちはまとまったけど
スー先生はやっぱり何やら企んでいるようです。
スポンサーサイト



コメント 5件

コメントはまだありません
ガンマ  

Lie to meはスルーですか?

2010/05/03 (Mon) 18:40 | 編集 | 返信 |   
GLEEKO  

「imagine」は良かったです…
今回はもう「imagine」のことしか思い出せないくらいです。名曲の力は偉大ですね~

2010/05/04 (Tue) 00:59 | 編集 | 返信 |   
さとうさんた  

こんにちは。
パック、最近見直していたのに、あの行為にはガッカリです。あれではクィンに見捨てられるのも仕方が無いですね。挽回のチャンスはあるのでしょうか。
テリーの偽装妊娠がまだバレないことが不思議で仕方ありません。(笑)
Imagineは素晴らしかったですね。こういうホロリとした瞬間があるのがこのドラマのいいところです。

2010/05/04 (Tue) 01:30 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

>ガンマさん
いろいろドラマを抱えまくっているので、書きたい時に書きたいものを書いてる状態になっています。
そのうち復活の可能性もありますので…

>GLEEKOさん
The Beatles、そしてJohnの大ファンとしては大感動の選曲でした。
いろいろなアレンジがされているImagineですが、新たな形で楽しめました。
音楽の素晴らしさが伝わってきました。
TBありがとうございます。

>さとうさんたさん
テリーはいい加減に本当のことを話すべきだと思うんですが…
気がつかないウィルも気の毒になってきます。
パックはやっぱりわかりやすいキャラでした。でもこの先まだ何か起きそうな気がします。
今回の選曲、いつもそうですが歌詞の持つ意味を深く感じさせられました。

2010/05/04 (Tue) 12:03 | 編集 | 返信 |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/05/05 (Wed) 00:01 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ