FC2ブログ

Law&Order SVU S6-#7 「Charisma」

12歳の少女メラニーが、妊娠30週前後で病院へ運ばれてくる。メラニーの妊娠は初めてではなかった。メラニーは両親についてベンソンに伝えようとしないが、赤ん坊の父親は夫のアブラハムだと話す。SVUがアブラハムを探しに行くと、アパートから子供たちが出てきて、アブラハムと思われる男性の姿も見られた。ベンソンが話をしようとすると突如アブラハムが発砲。警察側は応援を要請し武装して突入するがすでに遅く、部屋の中にいた子どもたちは皆殺しにされ、アブラハムは地下トンネルを通って逃走した後だった。部屋の壁には救世主と書かれ、聖書が置かれていた。
アブラハムの本名はユージーン・ホフといい、詐欺の容疑で4度も逮捕歴があった。ユージーンはアブラハムと名乗って8年前に宗教団体「知恵と悟りの教団」を立ち上げ、カルト教団のカリスマ的教祖となっていた。殺された子供たちの母親の信者も、アブラハムと一緒に逃走したようだ。
フィンとステーブラーはこの捜査から下り、ベンソンとマンチがコンビを組む。アブラハムは教会で聖書の勉強会を行っているうちに大人気となったが、だんだんおかしな言動も多くなっていった。信者の家族の中には教団を離れた者もおり、ベンソンが話を聞くとアブラハムは政府を敵とみなすようになり、武器を集めて攻撃の練習をしたり、食料を蓄えたりするようになっていった。そして夫婦を別にし、夫を冷遇した。アブラハムの興味の対象は少女で、4歳の娘の部屋に下着姿のアブラハムがいたことがあったと信者の母親は実態を話す。
SVUに今回の事件の被害者で、9歳の少年がいなかったかと尋ねる匿名の電話が入る。電話はメラニーが入院中の病院の公衆電話から掛けられていた。ベンソンがメラニーに母親の行方を聞くと、アブラハムと安全なところへ逃げたと答える。SVUは信者の母親たちの居場所を突き止め身柄を拘束するが、アブラハムの逃走先を話そうとしない。すると今度はメラニーが姿を消す。病院の話では父親だという男と帰っていったとのことだった。
メラニーの母親のシンディが見つかるが、自分をサラと名乗っていた。シンディは夫に捨てられた自分と子供たちを救ってくれたアブラハムに感謝していた。ベンソンはメラニーの弟が殺されたことを伝え、あなたが息子を殺したと攻撃する。
シンディが金を下ろしてアブラハムに渡していたことが分かり、大企業の小切手が動いていた。銀行関係者にアブラハムの詐欺仲間fがいるようだ。SVUは共犯者のレジーを囮に使い、アブラハムが口座の金を取りに来た時逮捕する段取りを整えた。だがレジーが不審な動きをしたために計画がばれ、警官の動きを察知したアブラハムが自ら首を切ろうとしたとき、ベンソンがアブラハムを抑え込み逮捕する。
アブラハムの尋問では核心に触れられず、ケイシーはメラニーの証言なしに起訴は難しいと説明する。だが金の動きを調べていくうちに、シンディーの夫でメラニーの父親のジョンが、10年前に失踪していることがわかった。ジョンは当時教会で働いていたが、ちょうど教団に違法建築だとクレームが入った時期だった。SVUが教会のタイルをはがすと、壁の裏からジョンと思われる白骨が見つかる。他にも被害者の骨があった。アブラハムは邪魔だった夫を殺したのだった。
メラニーとアブラハムは倉庫に逃げ込んでいた。警察に包囲されたメアリーは、まず制服警官に発砲する。そしてベンソンがアブラハムともみ合うと、メアリーはアブラハムを撃つ。

病院に運ばれてきた妊娠中の少女は、家族や相手の男のことを話そうとしません。ベンソンがようやくアブラハムという名前を聞き出し探しに行くと、そこには小さい子供たちが何人もいました。しかも突然の発砲。子供たちを救い出すために武装した警官たちが踏み込みますがすでに遅く、中には7人もの子供たちが撃たれて死んでいました。クレイゲンは全力を挙げてアブラハムの行方を追わせるとともに、現場に踏み込んだSVUのメンバーに直ちにセラピーを受けるよう命じます。
誰もが混乱していました。Drファンが話を聞こうとすると、ステーブラーは死体の山をっ見てすっかり憔悴し切った様子で、自分の子供だけは守りたいと言ったものの、被害者の中に娘と同じ服を着た子がいたと言って絶句します。ベンソンは悲しさを押し殺しながらファンと向き合いますが、捜査を続けるのが怖いと本音を吐きます。マンチは殺しは誰にも止められないと淡々と語りますが、フィンは一人も救えなかったことを後悔し、自分の息子に連絡を取ったと話します。そしてフィンは自ら事件の捜査から下りることを希望し、休暇を取って帰ってしまいました。ベンソンも事件から外されるかも動揺していましたが、クレイゲンがいらいらしているステーブラーの方を捜査から外すことにします。Drファンに怒りをぶつけていたステーブラーは納得できない様子でしたが、クレイゲンに一週間休めと言われて銃を置いて署から出て行きました。
元は詐欺師だったアブラハムは、巧みな話術で信者たちを増やしていったようです。そのうちだんだん言動が過激になり、説教が収めたれたビデオでも警察は悪魔の戦士だと言い切り、信者たちが洗脳される姿が映し出されていました。だが実際のアブラハムの興味の対象は少女たちで、彼女の父親が邪魔になれば殺し、娘と関係をもち、子供を産ませるまでに至っていたのでした。
逮捕されたアブラハムをベンソンが尋問しますが、アブラハムは自分は神の使者だと言い切り、なぜベンソンが危険な仕事を選ぶのか尋ねてきます。ベンソンがレイプの被害にあったのではとアブラハムが探りを入れてきますが、ベンソンは何も答えずにアブラハムを責め続けます。
メラニーの証言が得られないまま、彼女はアブラハムと姿を消してしまいます。詐欺師としてのアブラハムが動かした金を追っていくうちに、彼を逮捕できると確信したSVUは銀行に張り込みますが、共犯のレジーがうまく動かず苦労します。しかし、失踪理由がわからなったメラニーの父親がアブラハムに殺されていたことが判明。ようやくメラニーの洗脳が解けてアブラハムの正体を知り、彼女は自らの手でアブラハムを撃ったのでした。

12歳で妊娠した少女も衝撃的でしたが
なんとも悲惨だったのが銃弾に倒れた子供たち。
何も罪のない子供たちが何故?
さすがにSVUのメンバーも言葉を失います。
クレイゲンは捜査とともにカウンセリングを強要。
Drファンが話を聞こうとしますが、みんなの衝撃は相当なものでした。
特にショックを隠せないのが父親たち。
フィンの息子ってどんな子なんでしょう。
いつか是非姿を見せてもらいたいですが
フィンは子供のことを考えるとこの任務は無理だと自らリタイア。
ステーブラーは捜査を続けるつもりでしたが
一番にオヤジの涙目を見せちゃいましたからね。
これじゃ無理だとクレイゲンは理解しています。
もし捜査を続けるならカウンセリングを続けるよう命令。
ファンが力を貸そうとしますが
久々にステーブラーがファンに怒鳴っちゃいましたね。
ケラーとムカダの関係復活ですか?なんて思う間もなく
ステーブラーはクレイゲンに一休みを命ぜられてしまいました。
このあたりがカリスマ捜査官になれないステーブラーの問題点ですが
この普通のオヤジなところが逆にいいのかなと思います。

ベンソンとマンチという珍しいコンビが
しっかり仕事していました。
凶悪犯を相手に決してひるまないベンソンもかっこいいな。
最後は洗脳されていた娘がようやく目覚めて教祖を撃って終わりましたが
カルト教団、恐ろしいです。
でも信じてしまうのは、不安を抱える弱い部分があるから。
平穏無事に生きられることが一番ありがたいです。

拾ってきたおまけ画像
bk1.jpg

bk3.jpg
いつまでも仲良しで素敵です
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
エリコ  
マンチがいっぱい♪

と喜んでばかりいられない程むごかった今回の事件。横たわる小さな手や、捜査官達の表情でその残酷さを描写した演出が見事でした。
SVUはこんなにも面白いのに、海外ドラマムックでは全くスルーですよね?不思議だ。DVD化もされないですし。でも吹き替えはちょっと想像が出来ないかなー。マンチは田原アルノさんですが(笑)

2010/05/09 (Sun) 23:41 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ようやくマンチたっぷりでしたが、あまりにも悲惨な展開でした。
SVUは他の犯罪捜査ドラマに比べると残虐な映像は少ないかと思いますが、間接的に事件のむごさがうまく表現されていました。
ステーブラーが父親モードになってしまうのは想像できましたが、フィンまで影響されるとはちょっと意外でした。
SVUの日本版DVD、リリースされませんね。吹替えは確かにちょっと微妙。マンチは田原さん以外あり得ないし、ステーブラーも山野井さんではないと耐えられないし。そうなるとその他OZな人達は声優さんもセットで呼んでこなければならないので難しい?なんて贅沢な悩みですけど。

2010/05/10 (Mon) 20:59 | 編集 | 返信 |   
gobyuu  
こんにちわ☆

フィンが影響されたのはほんと意外でしたね~いつもクールなのに……顔に出ないだけ? 今回の事件は本当にひどかったですね。「マジか……」と声を上げてしまいました。

SVUの刑事さんは、私生活とバランスをとるのが難しそうですね。私情をはさまないなんて無理だし、今回の事件ではオリビアも怖がってましたし。マンチと二人だけで、不安定ながらも解決していく姿は痛々しいけどすごいな~と思いました。

エリオットとホアンの緊張関係は続きそうですね(汗)残念です( ´△`)

2010/05/20 (Thu) 13:25 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ステーブラーが影響されてしまうのはいつものことですが、まさかフィンまで?と本当に驚きでした。
マンチはベテランの余裕か、ベンソンは彼女なりの思いがあって頑張り続けられたのでしょう。
こうしてステーブラーのストレスが溜まっていったんですね…

2010/05/20 (Thu) 21:18 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ