FC2ブログ

Life on Mars #15 「去り行く人たち」

原題「 All the Young Dudes 」Mott the Hoopleの名曲ですね。
ラストに流れていてしんみり。
しかしとんでもない展開になってしまって、この先どうなるんでしょう。

サムはアイルランド系の窃盗集団の実態を暴くために
潜入捜査を始めることにします。
腕っ節の強い男の名前はサム・ボノ。
アイルランドならボノですか!なんとわかりやすい。
先週はトム・クルーズになってたし。
どんな有名人を名乗っても73年には知られていないので問題ないわけですが
サムは流暢なアイルランド訛りを喋り
(サム演じるJasonはアイルランド人ですから、楽勝だよね)
あっさりとボスのピーターに認められました。
もちろんでかいパトリックとの激しいバトルに買ったからなんですけど。
そしてサムは酒場を切り盛りしているピーターの妹のコリーンと
運命的出会いをしてしまいます。

これって絶対運命的出会いだ!って二人の表情を見ながら記憶を呼び戻したら
The AgancyのS1ファイナルででマットが殉職して
その代わりにS2プレミアで現れたスタイルスがサム・タイラーでして
今回コリーンになってるテリと
スタイルスのヨットの上だっけ?ちょっと記憶が定かではないのですが
とにかく運命的出会いをした覚えがあります。
そのときスタイルズってかっこいい!って思ったんだけど
いつの間にかサム・タイラーに。

というわけで以前他のドラマで一緒に働いてた二人ですが
73年でも何か惹かれるものがあったみたい。
しかもサムの母ローズがコリーンを訪ねてくるからびっくりです。
なんとローズはコリーンの家の隣に越してきて
コリーンが子供サム=サミーのシッターをやってるんだそうで
ローズがサミーを迎えに来てサムに会わせようとするのを
サムは必死に避けていました。
サムはローズのことが気になり、とりあえずピーターやコリーンから離れるようアドバイスしますが
ローズはヴィックが家を出て行きサミーが情緒不安定なので
サムにサミーに向かって何か話してほしいと頼みます。
さすがにサムはそれを断ります。
未来の自分から何を語りかけたらよいものやら。

ピーターは突如脅しをかけてくるものの、サムを信用していたようでした。
そしてやっぱり?コリーンとサムは寝てしまいます。
ジーン娘の時といい、やたらと手の早いサムですが(笑)
それを知ったピーターが怒り、コリーンを縛って脅します。
サムはコリーンを救おうとしてピーターの前に立ちはだかると
自分が警官であることを白状してしまいます。
絶体絶命のピンチ。
サムがピーターから奪った銃は空で
またもピーターがふざけていただけだったのに。
これでサムもおしまいかと思ったら
タイミング良くジーンたちが踏み込んできて、ピーター以下を逮捕していきました。
何故危機を救えたのか。
実はサムに内緒で、酒場に使えない酔っ払いオヤジ役で警官を潜入させておき
意味不明なわめき声が、実は外に状況を伝えていたんですね。
用意周到なジーンを見直しました。

事件の間隠れて怯えていたサミー。
コリーンも連れて行かれてしまったので
サムはサミーを外へ出し落ち着かせます。
サムがサミーに語りかけながら、将来=現実が見えてくるサム。
なんとも不思議なシチュエーションでした。
だがその時外でピーターが報復。
レイとクリスを撃ってしまったのでした。

残り2話でファイナル。
オリジナルの終わり方もかなり強烈でしたが
こちらも負けずにとんでもない終わり方になりそうな予感がします。
そしてサムが2008年に帰れるのかが大きな問題。
この調子では難しそうな気もしますが…
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ