FC2ブログ

Law&Order SVU S6-#10 「Haunted」

フィンとベンソンは張り込みをしていたが収穫がなく、フィンはコンビニへコーヒーを買いに行く。すると二人組の少年が入ってきて一人が銃を店員に向けて脅したため、フィンも銃を構え銃撃戦になる。銃声を聞いたベンソンがコンビニに駆け込むと、少年二人と店員が銃弾を受けて死亡、フィンも撃たれて倒れ、店にいた子供はフィンの陰にいて無事だった。フィンはすぐに病院へ運ばれ緊急手術を受けることになる。フィンの身内は息子だけだったので、ベンソンは息子のクワシに連絡する。
手術は成功し、フィンの容体は安定する。だが現場検証では銃が一丁しか見つからず、マスコミはフィンが丸腰の男を撃ったと非難する。フィンがそんなことをするわけがないとステーブラーは強調し、オハロランが店の監視カメラのビデオを入手したので早速検証を始める。すると一人目の男が銃を構えたのでフィンも銃を出し銃撃戦になり、もう一人の男も銃を出したが冷蔵庫の上に隠したことが判明する。フィンの行動は子供を救うために正当なものだった。クアシが病室のフィンの見舞いに来る。
退院したフィンが職場に戻ると、フィンの英雄行為を褒め称えた新聞を見たサンドラが、フィンに文句を言いに来る。サンドラは娘のトリシアが、フィンが麻薬課で潜入捜査をしていたとき奪われたと訴えに来たのだった。フィンはそのときドラッグの売人のヴァンスを探るためにボディーガードとして雇われ、ドラッグ中毒者のトリシアはヴァンスと付き合っていた。フィンはサンドラがトリシアを取り返しに来た時渡すことを拒んだのだった。
潜入中の担当者だったボスコにフィンが話を聞きに行くと、ボスコはトリシアを逮捕したところヴァンスについて供述したためにヴァンスの逮捕につながったと教えてくれた。フィンは服役中のヴァンスに会うが、ヴァンスは自分を売ったトリシアには関心がなかった。フィンが麻薬課に情報を求めに行くと、担当刑事は変わってしまい、新人のマイク・サンドバルがフィンに同行することになった。マイクはジャンキーを装って売人に近づき、トリシアの裏切りを知ったヴァンスが、仲間にトリシアを拉致させ殺させたことを知る。トリシアは身元不明のジャンキーとして遺体が処理されていた。フィンは共同墓地に埋められていたトリシアの遺体を移動させるが、ワーナーは検視報告書からトリシアが出産していたことをつかむ。
フィンはサンドラの孫を見つけてやりたいと思い、マイクと一緒にさらに捜査を進める。トリシアが出産した病院では、トリシアのドラッグを止めさせたために、出産したときは母子ともに健康だったことがわかる。その後トリシアはダイナーで働いていたが、息子オースティンは友人のリジーに預けていた。リジーはトリシアの家の近所に住む幼いころからの友達だが、サンドラの話によるとトリシアがドラッグに染まったはリジーの影響だった。ドラッグ中毒のリジーは更生施設に入っていたが出所し、売人のTDと同居し、万引きなどをしていたようだった。
フィンとマイクがTDの家を捜査に行き、玄関をノックするといきなり爆発が起きる。TDは自宅でドラッグを製造していて、人が来ると爆発が起きる仕掛けを作っていた。ドラッグの原料となる風邪薬の売られている薬局をチェックしていくうちにリジーを発見、TDは託児所にオースティンを預けてそこでドラッグを精製していた。フィンとマイクはオースティンを確保し、サンドラは孫に会ううことができた。

張り込み捜査中に強盗事件に巻き込まれたフィンが、銃弾を受けるところから事件が始まります。銃撃戦の末3名死亡。フィンも撃たれて意識不明となり病院へ運ばれますが助かります。最初は銃が一丁しか見つからず、フィンは非難されますが、鑑識の捜査の結果もう一丁の銃も見つかり、フィンが子どもを守るために取った行動は評価されます。ところがフィンの顔写真を見た女性が、彼に娘を取られたと訴えに来ます。
フィンに息子がいることは#7で明らかになりますが、実は息子とはしばらく疎遠状態でした。息子は本名ではなく母親性のケン・ランデルを名乗り、父親が瀕死の重傷を負っていても驚いた様子を見せませんでした。それでもケンはフィンを見舞い、フィンは自分がいい父親ではなかったとケンに詫びます。
親子の関係を改めて考える機会を得たフィンは、自分が潜入捜査をしていたために仕方なく、娘を取り返しに来た母親に娘を渡さなかったことを悔い、なんとか娘を見つけてやろうと思い立ちます。けがのために勤務もなく時間はあるので、フィンは古巣に戻って情報収集を始めますが、かつての仲間は異動してしまい、手を貸してくれたのは新人のマイクでした。マイクはやる気満々。すぐにフィンと打ち解け、売人から事情聴取するためにジャンキーになり済ますなど協力を惜しみません。
フィンはトリシアの足取りを追うことができましたが、結局トリシアは売人のヴァンスによって殺されていました。フィンは身元不明のジャンキーとして処理されていたトリシアの遺品をサンドラに返し、遺体も共同墓地から移すことにします。
ところがトリシアには息子がいたことがわかります。サンドラに娘を返せなくても、孫に会わせることができるかもしれない。フィンはマイクに協力してもらい、トリシアの息子を探し始めます。息子オースティンを預かっていたのはトリシアの友人のリジー。彼女もまたジャンキーでした。しかも恋人は売人でドラッグを精製しています。二人の居所をつかむためにマイクは地理的プロファイリングを活用、現場では爆発に驚いたり有毒ガスをかぶったりしながら、無事にオースティンを見つけ出すことができました。フィンはようやくサンドラに借りを返します。
マイクを演じるNicholas GonzalezはMentalでインターンのドクターのアルトゥーロを演じていました。麻薬課の刑事として、SVUの刑事とは違ったアプローチをしながらのフィンとのコンビは新鮮でした。マイクは#16に再度登場するので楽しみです。またフィンの息子ケンを演じているErnest WaddelはThe Wireにダンテ役で出演。ケンもこの先たびたび登場します。

こんなSVUもあるんだ!
かなり新鮮な展開でした。
性犯罪ではなく麻薬絡みの事件で
麻薬課で潜入捜査をしていたころのフィンの姿が明らかになってきます。
息子が死んだら耐えられないと言っていたフィンが
実は息子と疎遠状態だったことも。

いろいろなドラマで麻薬課の刑事が潜入捜査をしているのを観てきましたが
Miami Viceは別物として、潜入捜査官が楽じゃないことは確か。
だいたい自分がジャンキーにさせられるか、命を追われるか。
無事に生きて帰れたらラッキーです。
フィンも命がけの日々を送っていたんでしょうね。
息子と疎遠になってしまったのも、潜入捜査のせいだろうし。
まだSVUの方が、事件は重くても安定した生活が送れる?

急遽組んだ相棒の新人マイク。
ここでNicholas登場は嬉しいです。
正しいラテン系イケメンですから。
Mentalでの活躍をもう少し観たかったと思っていたので
もう一度SVUでの登場があるのがありがたい。
麻薬課の刑事役。似合ってますよね。
IMDbによると、新MPに刑事役で出ているようで、是非観たい!
今回任務上だけどシャワーを浴びる姿がちらっと映って
目の保養になりました。ありがとう!
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ