FC2ブログ

Life on Mars #17 「漂浪の果て」

オリジナルよりエピソード数が一話多く、終わり方も違うと聞いていたので
どのように締めくくるのかすごく気になっていましたが
意外なところをつかれてビックリ?
すべて夢オチで片付けるか…
でもこれもまた面白いかなって思いました。
少なくともDavid Bowieには敬意を払ってるし。

冒頭いきなりサムが2009年の世界で目覚めたので
ここでいきなり現在へ戻ったかと驚かされました。
でも同じ場所にヴィックと幼いサムがいるので、これは嘘。
サムの見た夢でした。
サムは署で謎の男(フランクだとバレバレだけど)から電話で
現在へ帰るためには3つの条件をクリアしなければならないと伝えられます。
まず第1の条件は自分を救うこと。
すると間もなくローズが署に来て
ヴィックはサミーを連れ去ったと助けを求めます。
ローズは相変わらずサムをスカイウォーカー刑事と呼んでますが
みんなはそのあたりはよく理解せず。

サムとジーンがローズの家に行くと
待ち構えていたヴィックの部下がジーンを捕らえ
サムはヴィックと激しいバトルになりました。
またしても悪党ヴィック登場。
ひさびさにライアン化したDeanを観ると気分がすっきりします。
最近OZの人達、みんなお上品になっちゃいましたから。
やっぱりDeanはこうでなきゃ。
ついでに恋愛関係にあるネイサン先生とモラレス(笑)のところに送り込みたい気もしますが
とにかく強いヴィック。
サムが伸びてる間にサミーを連れ出してしまいました。

ヴィックとサミーはどこへ行ったのか。
アニーがローズを尋問すると
ローズはサムを自分の息子のように感じるときがあると告白します。
アニーはローズの話からサミーたちはハイドへ行ったことを確信します。
ハイドはローズがサムを身ごもった場所でした。

ローズからサミーに渡してほしいと預かったおもちゃのロケットで
サムは手錠を外します。
そして二人を探しにハイドの街へ。
人影のないハイドの街は不思議な感じ。
すると電話で二番目の条件が「伏せろ!」
またサムは命を狙われました。
船に逃げ込んだヴィックをサムが追い詰めますが
再度激しいバトルが展開されます。
そこにジーンたちが到着し、ヴィックは射殺されます。
サミーはローズに引き渡されます。

サムは少しずつみんなに自分の本来の姿を語り始めますが
どこまで信じてもらえるのやら。
そしてウェンディに励まされ、サムはアニーを愛していることを伝えます。
常に帰ることを考えていたサムが
今の居場所に落ち着きを感じられるようになってきました。
愛する人も、家族のような同僚もいる。
これはこれでいいじゃないですか。
だから3つ目の条件をあえて聞こうとする気持ちは薄れていました。
アニーは女刑事に昇格(これはオリジナルでも一緒でした)
ジーンが自分の告白をどこまで信じてくれたかわからないけれど
とにかく家族であることを納得したときに

急にサムの脳内でものすごい勢いで時間が逆回転し
事故でこん睡状態になっていてついに目覚めたのかと思ったら様子が変。
カプセルから出てきたサムは宇宙服を着ています。
レイもクリスもアニーも宇宙飛行士。
目指す先は火星です。
だからLife pn Marsなんだ。
そしてちょっと過去へ時空を超えて飛んで行ったわけ?
やがてジーンも目覚め、フランクからの交信を聞きながら
いきなり将来の宇宙での生活が始まるのでした。

本当に想像もつかないぶっ飛んだ終わり方。
これでは続編女刑事は作れませんね。
続編はまさに火星での生活を描かなければならないし。
ついオリジナルと比べながら観てしまいましたが
アメリカ版らしく知っている人が多数出ていたし
音楽の使い方も秀逸で、しっかり楽しませてもらいました。
エンディングはElton Johnでしたね。
彼の楽曲もこの時代に必須ですから。

オープニングの現在のサムの部屋で流れていたLife is a Rock。
知らない曲だったんですが面白いと思って
プロも映像をチェック。
歌詞が見事に映像化されていて感激しました。
LOMの集大成にぴったりです。


スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
カクテキ  

びっくり仰天でした。
本当に火星が出てくるとは。
オリジナルに恋していたので、
ちょっと私には受け入れ難いラストでした。
でも、Dean Wintersのすばらしいチンピラぶりが見られたことには満足しています(笑)。

2010/06/03 (Thu) 12:07 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

Life on Marsはあくまでもたとえで、まるで宇宙からきたみたいだくらいの感覚だったはずなのに、最後に火星に飛ばしちゃったのはあんまりですよね。
絶対スピンオフは作らないぞという決意表明だったのでしょうか。
最後に正しいライアンをじっくり味わえたのはよかったです。ついでにおじさんのシリルがいてもよかったのに(笑)

2010/06/03 (Thu) 21:11 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ