FC2ブログ

Post Mortem S1-#5 「果てしない愛」

ますます面白くなるCSI:ドイツ。
なんといっても強烈なのが女ほっさんと呼ばしてもらう恐怖のおばさんカロリンです。
恐怖のおばさんはニコチン姉さんと一緒に事件現場の遺体を検死して
死亡推定時刻がニコチン姉さんと違うとすかさず彼女を否定します。
そしてラボに帰ってきて検視を始めてから
若者君が頭蓋骨の分析の間に時間がかかるために席を立とうとしたら
側にいなければダメと指導します。
若者を甘やかしてはいけないという基本姿勢。
若者君とコンビを組んでる人のいいおっさんは
ほらまた騙されたみたいに温かく受け入れてくれるけれど。

なんといってもびっくりなのは、恐怖のおばさんはスーパーで買い物をしたことがないらしい。
スーパーの現場検証ではっきりと口にしていました。
よっぽど高級な暮らしをしているおばさまなのでしょうか。
そして現場を保護するテープが高い位置に貼ってあったら
またごうとせず近くにいる人にテープを下すように命じます。
これってほっさんより上を行ってるよね。
こんな感じですからニコチン姉さんとはしばしばぶつかっています。
でも恐怖のおばさんは嫌味が止められないみたい。
だからニコチン姉さんのストレスがたまり、ニコチンが手放せないのかな。

タイトルは発見された遺体が冷凍保存されていた事件から来てますが
ドイツは怖いと思ったのがスーパーで警備員が殴られて殺されていた事件。
警備員の指紋認証で金庫が開けられ、売り上げ金が奪われていたので強盗の犯行かと思ったら、
なぜか殴られ死んだ後金が奪われていました。
実は全て内輪の犯行で
殴られて死んでいた警備員を見つけた女支店長が魔がさして
遺体を引きずって行って金庫を開けて売上金をくすねたのでした。
そんなの許されないでしょ。
このスーパーはチェーン店で、競争もあるし何かと厳しいようですが
今度は警備員が従業員の更衣室に隠しカメラを取り付けていたことが発覚。
もしや盗撮か?と性犯罪方向が気になったらそうでなくて
従業員が商品を勝手に持ち帰るのを見張る万引き防止用だったのでした。
殺害の容疑者に挙げられていた店員はアル中の夫のために店内の酒を持ち帰っていたそうで
どこまでみなさん歪んじゃっているのでしょう。
そして殺人事件の真相は?
警備員が前に付き合っていた店員が別れて、別の従業員と付き合いだしたために
警備員が激怒した…ってこともあったんだけど
実際に殺したのはスーパーの清掃係でした。
彼は清掃係のバイトをしながら大学へ行きたいと勉強していたようですがが
警備員にお前はどうせ清掃係のままだと馬鹿にされたことに腹が立って
店内の酒のボトルで警備員を殴り殺してしまったのでした。
やっぱりいろいろと歪んでる。
階級社会がはっきり見えているし。

若者君は検視の合間に弾道検査の結果を照会しています。
どうもプライベートのもののようで、みんなの前では必死に隠していますが
ボスは若者君の立場をわかった上で採用しているので
重々承知のようです。
若者君は家族が何か事件に巻き込まれていたみたい。
何があったのでしょう。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
Ayano  

Garotoさん、こんにちは。
#3、#4をまだ見ぬまま#5を視聴。
恐怖のおばさんの「またがせる気?」にはぶっ飛びました。
スーパーに入ったことがないって、普段どんな生活してるんでしょう??^^;
普通の職場だったらあの態度は問題になりそうですけど、
ボスがそれをほったらかしにしてるのもある意味すごい。
もっとよく知れば嫌味も愛だと思えるようになるのでしょうか(笑)

ところでこのドラマ、カメラワークがちょっと疲れますね。寄ったり引いたり…。
9mmもあんな感じだけど、画面が暗いせいか見てても平気だったのですが^^;
それでも話が二転三転して面白いので今後も楽しく見ていきます^^

2010/06/14 (Mon) 02:36 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

恐怖のおばさんが怖くて怖くて(笑)
是非ともほっさんと共同捜査をしてもらいたいです。すぐにコンビ解消間違いなしだと思いますけど。
恐怖のおばさんの言いたい放題が公認されているのは、彼女がそれだけ仕事ができるってことなんでしょうね。スーパーに行かない生活=お嬢様?(コニーも伯爵だったし…笑)なのかなぁ。あの態度のでかさも家系なのかもしれません。
いずれにせよアメリカドラマには考えられないキャラクター設定に驚かされます。
カメラの動きは9mmですね。向こうは外を走り回っていたからいいとしても、こちらは検視しているのにカメラをせっせと動かさなくてもとツッコミたくなります。
まだまだ知名度の低い地味なドラマですが、CSIファンには是非観てもらって、ローテクながら律儀なドイツ人の仕事ぶりを味わってもらいたいと思います。怖いけど(苦笑)

2010/06/14 (Mon) 19:17 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ