FC2ブログ
Top Page › Without a Trace › Without a Trace S5-#15 「デザート・スプリングス」

2010 · 06 · 16 (Wed) 21:08

Without a Trace S5-#15 「デザート・スプリングス」

不幸だけど自業自得なのかな…という話。

失踪したジェイソンは水再生センターの現場監督で
定年間近の職員アールにクビを宣告した後失踪。
アールがジェイソンを人質にして立てこもり
珍しくジャックが交渉役として正しい姿を披露しているぞと思ったら
アールが銃を持って立てこもっていたのは
自殺をしようと悩んでいただけ。
ジェイソンはその場にいませんでした。

ここからジェイソンの秘密が明かされていくんですが
彼の過去の記録がなし。
ジェイソンはNYに来る前デザート・スプリングスに住んでいたのですが
NYに出てきたとき名字を変えていました。
デザート・スプリングスに何かあるはず。
サムとマーティンが現地を訪ねると
ジェイソンの友人の兄の保安官が、弟の失踪の話を語ります。
弟が失踪した時、友人のジェイソンも事情聴取されていました。
このとき保安官は多くを語らなかったのですが
ジェイソンはとんでもない秘密を抱えていました。

ジェイソンたち3人は仕事をクビになり、路頭に迷います。
ジェイソンは結婚を控えていたのにお金がない。
そのときギャングの資金がマネーロンダリングされるために
一時期放置される情報を聞きつけ
3人はちょっと頂く計画を立てます。
ジェイソンはあまり乗る気じゃなかったのに。
ところがその金が思いのほか大金で
しかもギャングにすぐに見つかって追われ
3人は逃げたけど弟は撃たれて死亡。
残った二人は弟を埋め、お金を持ってデザート・スプリングスから立ち去ることにしました。
そしてジェイソンは名前を変え、別人として生きることにします。

ところが父が倒れてジェイソンに連絡が入り
ジェイソンは決別した地へ、父の見舞いに行きます。
そして保安官に会い、事件の真相を話すことに。
保安官は弟が犯罪にかかわっていることを知られたくないと
その場で手を下すことは断念しましたが
弟を埋めた友人を許すわけがない。
結局ギャングを使ってジェイソンを捕らえ報復させたのでした。
ジェイソンの遺体が流れ着いたのが、職場の水再生センター。
救えない話です。

職を失った辛さはあったとはいえ、金を盗み結果的に友人が死ぬことになっても
知らんぷりして逃げ出したのは間違いでした。
きちんと罪を認めていたら、こんな結末は訪れなかったかな。
ジェイソンの顔、どこかで観たことがあると思ったら
Invasionに出ていた不思議な人でした。
今回のエピはベントン先生が監督をしていますが
それと関係があるのか?ジェイソンのお父さんがアンスポー部長でした。
病院に入院してる部長って変な感じ。

エレナの元夫カルロスが、娘を迎えに行ったのにいなかったと
文句を言いにFBIに押し掛けてきます。
カルロスがエレナを脅したのでダニーが仲裁に行きますが
カルロスはダニーとエレナの関係に気づいてしまいました。
エレナはこうなることを避けたかったようだけど。
またここでも職場恋愛がごたごたを招くのでしょうか。
早くヴィヴに職場恋愛禁止令を出してもらわないと!
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント