FC2ブログ

Desperate Housewives S5-#13 「ほほ笑み返し」

かなり異色な振り返りエピ。

ドラマもシーズン5くらいになると過去の蓄積が増えるし
この辺で過去を思い出し振り返ってもいいのかもと感じます。
そして懐かしい場面を適宜織り込んだ振り返りエピがつくられるわけですが。

今回のエピは過去の財産を再利用しているわけじゃないんですよね。
過去を思い出しつつ隙間部分を穴埋めし、物語を膨らませている
それはそれでユニークな発想だと思うんですけど
かなり無茶も生じてきます。

今回の主人公の便利屋イーライさん。
ウィステリア通りの人達にとってはなくてはならない存在だったようですが
今回初登場ではありがたみが感じられません。
だけどBeau Bridgesなんて有名人が演じてるから
まるで知らない人とも思えない。
多少なりとも今まで顔を出してくれていたら
彼の死にしみじみするんだけどな。

ともあれ今日で引退という日にスーザンの家の屋根で
心臓発作を起こして昇天してしまったイーライ。
彼の葬儀についてデス妻はポーカーをしながら語り合います。
そして過去を思い出し…

ブリーがレシピ本を書く事になったきっかけや
イーディの元ダンナがカミングアウトして別れた展開など
なるほどねと納得。
ガブリエルがウィステリア通りに越してきた当初は
メアリー・アリスも健在。
ということで、副音声なら毎週話をしているはずのメアリー・アリスが
(吹替え版だと全然実感ないです)
姿を見せてくれたのには驚きました。
そしてメアリー・アリスの割れた花瓶をイーライが修理し
その花瓶をメアリー・アリスがイーライにプレゼントすると言った時の
彼女の思いつめた様子。
ここから記念すべき第1話につながるんだと
隙間部分の見事な埋め方にも感心させられましたが
ドラマが始まって5年目、しかも今は去年から5年後で
今回は9年近く前の話に遡ってるはずなのに
みんながちっとも老けてないのはありえないですよね。
これが過去の映像を使った思い出しエピだと
今と違いすぎ!なんて改めて発見して楽しめるのに。
ヘアスタイルやファッションは若返ってましたが
顔が変わらないのは正直苦しいです。

ついでにもう一人、死んだはずのレックスも甦ってましたね。
こちらはあまり違和感なかったけど。

スーザンは先週一人で生きる宣言をして
本当にジャクソンと別れちゃったんですね。
もっとジャクソンを見ていたかったのにもったいない。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ