FC2ブログ

Law&Order SVU S6-#17 「Rage」

14年前、11歳のデラ・マクナマラをレイプし絞殺、死体を傷つけスタテン島に遺棄した罪で逮捕されたゴードン・リケットは、ステーブラーの取り調べを受けたものの裁判では証拠不十分で無罪となり釈放されていた。しかし1週間前にハドソン川から上がった死体が同様の手口で殺されていたため、SVUはカリフォルニアからNYに出てきたゴードンを捕らえ尋問を行う。
ゴードンはステ-ブラーを見くびり、対決する構えを示す。取り調べの始めはベンソンがデラの事件を持ち出し追究するが、ゴードンは無実を主張、裁判で人生を無駄にしたと怒る。ステーブラーと向き合うことを望むゴードンに対し、ベンソンはデラが殺される前にゴードンと一緒に歩いていたという証言や、当時のゴードンの婚約者バネッサがゴードンの凶暴性を話していたことなどを挙げてゆさぶりをかけるがゴードンは応じない。そのうちゴードンがキレ、ステーブラーが取調室に入ってくる。
ステーブラーは1週間前の事件を取り上げ、ゴードンがカリフォルニアから出てきた経緯を問い詰める。ゴードンがおばが死んだので後始末のために戻ってきて清掃員の仕事をしていると話しだすが、ゴードンはすでに半年前にNYに来ていた。そのf理由をゴードンはおばを看病するためだったと言いなおす。ゴードンはステーブラーに怒りを顕わにし、誰でも殺してやると叫び、手の傷をステーブラーにつけられたと訴える。ステーブラーはゴードンに振り回されていた。
ゴードンの詳細を調べると彼におばはいなかった。ゴードンとステーブラーが睨み合っている中で現在失踪中の少女ケリーとゴードンの接点をSVUは探そうとする。
最近ゴードンと付き合いだしたリンダはゴードンにおばがいないことを認める。リンダの働く店はケリーの家の近くだ。
スタテン島で車が燃やされていた。証拠を焼失させたのだろう。現場の近くに老人ホームがあった。ゴードンのおばはいなかったが、ゴードンは20年近くも車いす生活をしているラーソン夫人を家族同様に慕い、自宅の管理などを夫人から任されていた。ベンソンとステーブラーがラーソン家を捜索すると地下倉庫からケリーの靴や血痕が見つかる。ゴードンはケリーを人質にして立てこもっていた。ステーブラーは銃を構えるが危険な状況だ。そのときベンソンがゴードンを撃ち、ケリーを救出する。ベンソンはステーブラーが撃ったらゴードンを殺すだろうと先に手を打ったことを説明する。ステーブラーはロッカールームで怒りをぶつける。

14年前に少女をレイプし殺害、死体を遺棄した罪で捕らえられたゴードンは、ステーブラーが十分な証拠を用意できなかったために無罪になっていました。1週間前同様の手口の殺人事件が起きたために、SVUはゴードンを捕らえ事情聴取しますが、ゴードンはステーブラーに敵意むき出しで怒りをぶつけてきます。
「警察にも弱点がある。それを利用して彼らは自分を賢いと思い、相手をバカにする。そのペースにハマるな。ゲームをリードされる。彼らはうぬぼれが強い。それが最大の問題だ。彼らに思い知らせてやれ。主導権はこっちにあると。」というゴードンの冒頭のモノローグ。合わせて取調室でゴードンを迎える準備をするステーブラーの姿が映し出されます。その後もずっと取調室でのゴードンの様子が映し出され、最後にケリーの居場所がわかってカメラは署から外へ出ていきます。
ステーブラーを憎み続けるゴードンを演じていたのはMatthew Modine。数多くの映画に出演していますが、ドラマではWeedsのサリバン役でナンシーとぶつかっていました。
いつもになく我慢強いステーブラー、相手がひたすら挑発してくるので、じtっと耐えていました。彼を撃つこともできたのにあえて行わなかったのは、ベンソンが言っていたように彼の怒りでゴードンを殺しかねないのでそれを恐れたからだったのか。すべてが終わった時ステーブラーの手は震えていました。そして一人になったステーブラーはロッカーを激しく叩きます。やり場のない怒りをここにぶつけるしかなかったのでしょうか。

かなり異質なエピソード。
最後以外はずっと取調室の中でした。
Matthew Modineの演技を堪能。
ベテランオヤジの腕の見せ所ですね。
そして薄暗い署内での
半分陰になったステーブラーの表情が美しい…
CIだとオフィスが明るいからこうは見えません。
古臭さが醸し出す美なのでした。
オフィスとして機能的かどうかは微妙ですけど。

ところでIMDbによるツッコミによりますと
ステーブラーは12年前に警官になったはずなのに
14年前に起きた事件を担当しているという矛盾が生じるんだそうです。
細かいことだけど。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ