FC2ブログ
Top Page › その他のドラマ › True Blood S1-#1 「Strange Love」

2010 · 07 · 19 (Mon) 11:40

True Blood S1-#1 「Strange Love」

LaLaでプレミア放送されたTrue Bloodをチェックしました。
すでに原作を4巻まで読み終えていて5巻も手元にある状態なので
自分の中でドラマのイメージができてしまっていて
それと映像とのギャップにどう悩むのかなというのが観る前の心配事だったんですが
予想的中。
これはトワイライトとは明らかに違う世界なんですね。

最近観てきたトワイライトシリーズやBlood Tiesなどでは
ヴァンパイアの住む世界はもう少しファンタジーな要素が含まれていたけど
スーキーの住むボン・タンはいかにも普通のアメリカの田舎。
冒頭でトルー・ブラッドを売っているコンビニが
これまたあまりにも普通でがっかりしちゃいました。
そもそもトルー・ブラッドって瓶詰めなんですか?
イメージ的にビニールパックか(医療ドラマの観過ぎ…汗)
せめてペットボトルに入れようよ。
続いてマーロッテのバーがこれまたいかにもありがちで
こんな普通の田舎にもヴァンパイアがいるんですよっていうのを
強調したいのかな。
アメリカ全土でドラマに出てくるお洒落な雰囲気を醸し出す地域は
ごくごく一部なのかもしれないけれど。
そういえば最初にヴァンパイアに遭遇した女の子が
新ビバヒルのシルバーだったのでびっくりしました。

主人公のバーのウェイトレスのスーキーは
人の心の読めるテレパスなんですけど
ドラマでは心を読んでるというより相手の思いが勝手に聞こえてくるように感じました。
こうなると迷惑な能力に感じます。
スーキーは20代なのでセクシー路線で迫っていいとは思いますが
もうちょっと知的なイメージが欲しいかも。
能力を読まれないように軽い子のふりをしているとはいえ
そのままこれがスーキーのキャラなのかなと考えちゃうと
薄っぺらな気がしてしまいます。
これから変化が見られればいいけれど。

そしてセクシーヴァンパイアとして登場のビル・コンプトン。
ヴァンパイアは死なないし年を取らないんだから、永遠に青年でいいはず。
と信じていた自分が大きな間違いに気付きました。
ビルはオヤジだ!!
必ずしもヴァンパイアが若い必要ないんだね。
実際に演じているStephen Moyerがとってもオヤジだし。
原作に書かれているイラストがいかにも青春コミック調だったのが錯覚の始まりです。
オヤジヴァンパイアと人間の娘の恋だと思って観ればすんなり収まるのかも。
ちなみに原作では4巻目なんて全然ビルは出てこないんですけど
ドラマは1話目を観た限りちっとも話が進まないので
ビルはずっと重要なキャラクターなのでしょう。

ビルのオヤジ度に恐れ入った後は
サムもジェイソンもまあこんなもんだろうと
すんなり受け入れてしまいました。
後はまだ出てこないエリックが気になりますが
彼はGeneration Killの人なんだ。
まだ録画しただけなので先にチェックしておこう。
ついでに刑事ベルフルーアがフェイスの旦那のフレッド!
思い切り胡散臭い刑事に見えてきそう。

とにかく話の進み方がゆっくりで
スーキーがバーでビルと出会い
ジェイソンが殺人容疑で逮捕され
スーキーが外で男たちに襲われたところでおしまい。
先が気になる展開ではあるけど
もう少しいろいろ問題をバラまいておいてもいいのかも。
そしてトワイライトとは大きく異なる点が
HBOの大人向けR指定ヴァンパイアストーリー。
それは原作に忠実でした(苦笑)
まずはジェイソンの体を張った演技を堪能。
みなさん本当にご苦労様です。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

オヤジなんですね……美少年にして欲しかったです…(笑)
2010-07-19-14:37
ゆみちゃん [ 返信 * 編集 ]

こちらにコメントあいがとう。
ビルはオヤジとしてはなかなか美麗だと思うので、オヤジフリークとしては逆に感謝かも。
ともあれこの先の展開が気になっています。
2010-07-19-19:01
Garoto [ 返信 * 編集 ]