FC2ブログ

Desperate Housewives S5-#18 「破滅への序曲」

再び恐ろしい「デス妻」になってきました…

まさかデイヴのピクニック計画が成功するとは思わなかったけれど
キャサリンが救われたのがイーディの電話だったとは意外でした。
イーディはもっと早く新聞社からのファックスをチェックできたはずなのに
ファックス用紙を切らしていて、買ってきてもすぐにセットしてなくて
デイヴの驚愕の事実を知ったのがまさに死のピクニックのその瞬間。
ナイスなタイミングでした。
用意周到なデイヴのおかげで
マイクたちにとりあえず誰が撃ったかは追及されずに済みましたが。

その後が怖い。
真実を知ってしまったイーディは帰ってきたデイヴに
何故自分と結婚したかを問いただします。
デイヴがウィステリア通りに来てマイクにリベンジするための
隠れ蓑に自分がされていたとはものすごいショック。
当然イーディは怒りをぶつけ、マイクに危機を伝えようとしたら、
ついにキレたデイブがイーディの首を絞めることに。
怖すぎる!
ここはなんとか振り切って車に乗り込み逃げていくと
向こうから現れたのはぼやーっとした強盗オーソン。
慌ててハンドルを切ったら車は電柱に激突。
最悪の事態の中イーディは車から出てきました。
でも難を逃れられたのは一瞬のこと。
電流が地面を伝わってイーディはそのまま感電。
せっかくここまで頑張ったのにあんまりです。

オーソンの盗癖はブリーへのささやかな抵抗だったんですが
自分をないがしろにして会社のことばかり考えていた
ブリーへのオーソンの怒りが爆発。
ブリーは夫の考えも一理あると
再び普通の妻に戻ろうと決意し、会社を売りに出すことにしました。
オーソンは大喜び。
でもアンドリューは何故オーソンのためにブリーが犠牲になるのかと
売却計画にストップをかけます。
ブリーは再度考え直し、会社を売ることを中断。
もう少し自分で頑張ってみることにします。
するとがっかりしたオーソンは大胆な盗みを続行。
そしてイーディの車と出くわします。

リネットはカルロスとルーシーのお目付け役として
カルロスの会社で働くことにしましたが
ルーシーの厳しさにうんざりしています。
金曜の晩に残業を押し付けられるし
仕事に追われるのはカルロスも一緒。
カルロスにかまってもらえないガブリエルは不満が爆発し
娘たちを連れて会社に乗り込みます。
娘たちがルーシーのガラスコレクションで遊んでいたら
ルーシーは掃除婦の娘だと思い込んで厳しく怒鳴りつけます。
実は社長の娘だったのに。
これはルーシーを黙らせるのに効果抜群でした。

前回はレズビアン疑惑で
そんな会話を子供たちに聞かせていいのかなと
ものすごく気になったスーザンですが
美術の先生役はうまくこなしているようです。
ところがなんとカールの息子が編入。
カールがその前の夫だということは内緒にしたけれど
楽しい絵というテーマなのに。血まみれで倒れている人を描いた息子が
心を病んでいるとスーザンは相談を持ちかけ
結局校長の前でカールとバトルしてしまいます。
その後も息子は刺殺される女性の絵を描いたため
スーザンがカールに理由を聞くと
カールは妻が出て行ったと告白。
カールは一人で子育てを頑張っていたのでした。
スーザンはカールの気持ちがわかった気がしました。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
Anne  

こんにちは。そしてお帰りなさ~い。お疲れ様でした。
デス妻もそろそろフィナーレに向けて、走り始めてる感じがしますね。
イーディ、S1の初めのころは嫌なキャラと思っていたけれど、
だんだんと彼女の姉御でやさしいところがわかってくるにつれて、
今ではすっかり好きになってきていたので、この結末は本当に残念です。
これを機会にデイヴの暴走がとまればいいけど、それも厳しそうですね。
ソリス家とスカーボ家はひと安心な感じだけれど、スーザンのところと、
ブリーのところはまだまだ大変そうですね。最後はどうなるのか、
まだまだ気が抜けませんね。

2010/08/08 (Sun) 14:06 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

今シーズンのイーディはいい味出してるなと思ったらとんでもないことになりそうでショックです。
まさに体を張ってデイヴの暴走を止めてくれることになればいいんですけど。
スーザンとカールの関係は今までとはちょっと違ってきそう。オーソンはますます心配です。
2週間お休みなのでこの先がすぐに観られないのが残念。ファイナルも近付いてるし、この先どうなるのでしょう。
TBありがとうございます。

2010/08/09 (Mon) 09:18 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ