FC2ブログ

The Closer S5-#9 「殺人のにおい」

重大犯罪課に不審な荷物が届けられます。
ダクトテープでしっかり封印されているのでいかにも怪しげ。
まず爆弾処理班を呼んでチェックしてもらったら異常なしだったので
荷物を今は留守のブレンダの部屋へ運んで開けたところ
中からは体を半分に折り曲げた、相当腐敗が進んだ死体が入ってました。
ブレンダの部屋に死臭が立ち込めます。

荷物を送ったのは貸倉庫の持ち主で
借り手が金を払わず連絡も取れないので
保管されていた荷物を警察に送ってくれたわけで
早速検視をしたところ(テレンスが検視医に昇格したことを自慢してた)
死んだのは3年近く前。
そして死んだのは倉庫の借り手であることが判明します。
借り手は犯人ではなく被害者でした。

この被害者の男が調べていくととんでもない奴で
ギャンブルにはまりまくって借金しまくり
ブレンダとガブリエルが母親と義父のところに話を聞きに行くと
姿を消したことなど全然気にしてないし、
義父は「死んでしまえ。」モードで話になりません。
また彼と関わりのある人物
元彼女も家主も友人も
心底彼を憎んでいたようでした。
ここまで嫌われちゃうのも不幸だよね。

あまりにも容疑者が多すぎて犯人を決めかねます。
しかし被害者の男がロトくじで
ひたすら同じ番号に賭け続けていたことがわかったり
息子が連絡を絶った後も
密かに母に海外のあちこちから手紙を送ってきいたりしたことが判明します。
さてどうやって犯人を見つけるか。
アクシデントでぶっ飛んでしまったブレンダが
ふと思いついたのが「送り返す」こと。
これだけ開けた途端死臭が強烈な箱が戻ってきたら
送り主は開けずにさっさと処分するはず。
そこで空箱にカメラやらGPSやらを仕掛けて
怪しげな人達それぞれに箱を送り返してあげたのでした。
反応は予想通り。
今は大金持ちの友人が
3年前に男がくじで買って大金を獲得した時
男を殺害して金を横取りし
遺体は密封して貸倉庫に。
疑われないように母親宛てに海外から手紙を出していたのでいた。
これで倉庫使用料も滞納しなかったら
まだばれずに済んでいたのかな?

実はブレンダの本当の娘が演じてるチャーリー。
役の上では姪ってことで
両親のゴタゴタ中おばあちゃんにくっついてLAに出てきて
そのまましばらくブレンダの家に滞在することになります。
子供を持つための予行練習だとフリッツも受け入れますが
一人知らない世界に連れてこられたチャーリーは面白くない。
友達に頼んでマリファナ入りブラウニーを送ってもらいます。
それを安易に部屋に置いておいたのが間違いで
(FBIとLAPDがいる家でばれないわけないよね)
見つけたブレンダがせっせと食べてぶっ飛んじゃったから大変です。
ブレンダとチャーリー、実に楽しそうにはしゃいでいたけど
フリッツには成り行きがわかったので
チャーリーを即強制送還させようとします。
でも「送り返す」が事件を解くカギとなったんだし
送り返したところでチャーリーが更生するわけでもなし。
ブレンダはもう少しチャーリーを見守ることにします。
もう少しブレンダの本物の親子共演が楽しめそうです。
(ダンナは監督だけで姿を見せませんが…)
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ