FC2ブログ

The Closer S5-#11 「ウソが招いた結果」

ブレンダとチャーリーの本物の親子共演、素晴らしいです!

マリファナ入りブラウニーを取り寄せた件で
チャーリーはブレンダに携帯とi-Podを没収されてしまいました。
きちんと謝れと文句を言うブレンダ。
ところが通りかかった学校の駐車場で銃撃事件発生。
ブレンダはチャーリーを車に残し、銃を持って現場に向かいます。
少年が撃たれて死亡。
近くの車の陰にもう一人少年が隠れていて、銃弾を受けていました。
そしていつの間にかブレンダのバックを持って
チャーリーも現場に現れます。
助けを求める少年ジェイクを、ブレンダは病院へ運びます。
死んだ少年はドラッグの売人のようでした。

ブレンダは早速仕事開始。
ブレンダが署に戻るので、
チャーリーはジェイクの意識が戻ったら連絡するように言われて
病院に残されました。
でも携帯はブレンダが持って行っちゃったので連絡がつかず。
チャーリーはジェイクの妹だと嘘をついて病室に入り
ジェイクにはボランティアだと嘘をついて彼を励まします。
チャーリーなりのアイディアでした。
ブレンダは病院へ戻ってきて驚きます。

ジェイクは砕けた弾を浴びていましたが
感染症を起こしていて容態はよくありません。
母親はキャビンアテンダントでフライト中。
現場検証が進み
タオとサンチェスとプロベンザのコンビが(なかなか渋かった)
狙われたのはドラッグを持っていた少年ではなく
ジェイクの方だったと分析します。
何故ジェイクが狙われたのか。
ブレンダは病室にカメラを仕掛け
チャーリーを送り込んでジェイクに探らせることにします。
もちろんチャーリーには内緒です。

作戦成功。
ジェイクは元彼女が妊娠して、父親に殺すと脅されてることを白状します。
これで事情聴取ができるけど録画は内緒なので使えません。
だったらチャーリーに証言させればいい。
ブレンダはその部分も計画済みでした。
チャーリーがジェイクのことを聞きながら
自分も元彼との間にあったことを話したんですが
両親のベッドルームでヤっちゃったなんて過激な内容。
この録画を両親に送りつけるぞとチャーリーを脅して
ブレンダはチャーリーに録画内容を捜査に使う旨の
サインをさせてしまいました。
ついでに携帯も返してあげたけど…さすがブレンダです。

ジェイクの容態が悪くなったことをチャーリーは電話で知って
ブレンダに伝えます。
ブレンダはジェイクの証言を取るために病院へ。
チャーリーも行きたかったけど家で待つように言われてしまいました。
意識がもうろうとしているジェイクはそれでも元彼女の名前を告げると
ブレンダをお母さんだと思い込んで謝り始めます。
ブレンダはお母さんになり済ましてジェイクを受け入れ
そのままジェイクは息絶えてしまいました。
涙が止まらないブレンダと、そんなブレンダに優しく声をかけるプロベンザ。
プロベンザのあの気配りがベテランの味わいですよね。
ついに若い彼女にプロポーズ!には驚かされましたが。

そして事件は…
妊娠した元彼女は事実を伝えられず
父親にジェイクにレイプされたと嘘をついてしまいます。
するとそれを聞いていた弟が激怒して銃を持ち出し
ジェイクを狙ったら近くにいたドラッグの持ち主に当たってしまったのが真相でした。

ブレンダにジェイクの死を伝えられたチャーリーは
ジェイクを看取ってあげたかったと文句を言います。
でもジェイクはチャーリーのことをわかってくれていた。
最期に心の交流をもてたのは素晴らしいことでした。
事件に巻き込まれてしまったチャーリーですが
一つよい行いをして大人になれたかな。
それにしても本気でチャーリーを叱りつけるブレンダ。
実生活はどうなんでしょう。
素敵な親子関係を築いているんだろうなと思いますが。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
ぽっこ  

こんにちは♪

ブレンダは犯人を捕まえるという信念で動いているけれど
チャーリーは何も知らず、最後は可哀想でした。
でもブレンダが自分がしたことが間違っていたかも?と認めたのは、チャーリーを通してお互い成長しているのかもと
感じました。

やっぱり実生活の親子関係を想像してしまいますね♪

2010/08/25 (Wed) 10:57 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

チャーリーやジェイクを通してブレンダも親心を学んだのかなと思いました。
フリッツも今回は温かくチャーリーを受け止めてあげていてよかった。
この夫婦といるといろんな経験をしてしまいます。
実際にはブレンダは優しいお母さんなのかな?

2010/08/25 (Wed) 19:39 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ