FC2ブログ

Law&Order SVU S6-#23 「Goliath」

トミー・キャラハン巡査の妻ジェイミーが、夫が怒りっぽくなり暴力をふるうとSVUに助けを求めてくる。ベンソンはジェイミーに体のどこを傷つけられか問うと、ジェイミーは警察は自分たちの仲間の肩を持つと不満を述べる。ステーブラーとベンソンはパトロール中のキャラハンに同行を求め事情聴取をすると、キャラハンは妻を暴行していないと言い切る。だがパートナーのベイル巡査はキャラハンが一度ジェイミーを殴ったことを知っていた。
キャラハンは陸軍の予備役兵としてアフガニスタンに行っていた。帰国後のPTSDが原因とも考えられる。だがキャラハンを拘束する理由もないため、ピアース警部がキャラハンを引き取りに来て彼を内勤にさせて様子を見ると言ったところ、キャラハンは突如怒ってピアースを殴りつける。キャラハンはそのまま精神科へ送られる。
警官が妻をレイプして銃で脅し、立てこもっているとの連絡が入る。SVUが現場に駆け付けると、マイヤーズ巡査は妻を撃ったことを認め放心状態だ。パートナーがマイヤーズを説得、息子が父に心配そうに尋ねると、マイヤーズは銃を頭に突き付け自殺を図るが幸い一命を取り留める。マイヤーズもキャラハンと同様、予備役兵としてアフガニスタンに送られており、その部隊の大半がNYPDの警官たちだった。二人にはアフガニスタンでの接点はなかったが、戦闘ストレスを抱えていることは考えられた。
Drファンがキャラハンと話し、彼の見る悪夢や自殺念慮などからPTSDではないと判断する。湾岸戦争では科学物質による汚染が原因と考えられる湾岸戦争症候群が発症している。SVUは米軍基地の病院に二人の健康診断の結果を聞きに行くが、二人は帰国後診断を受けていなかった。
新聞記者のヘンペルはマイヤーズの事件をスクープ、キャラハンは病院で壁に頭を打ち付けて自殺を図る。
2002年に軍人の大量殺人事件が起き、犯人は抗マラリア剤のキニウムを服用していた。キニウムの副作用として悪夢を見たり、被害妄想になり自殺を引き起こしたりすることが知られている。だが製薬会社はキニウムの安全性を主張、政府の認可も受けていた。病室のマイヤーズはキニウムを服用したことを認める。軍は副作用を知りながら薬を配っていた。ヘンベルはキニウムの投与量が増えると兵士の自殺数も増加したことを指摘する。
ケイシーとベンソンは米軍基地に話を聞きに行くが、中に入れてもらえない。ケイシーは軍医の帰宅時にキニウム投与の関係書類のありかを教えてもらう。ケイシーは刑事訴訟を起こしたいと考えるが、軍を相手にするのは難しいことだった。ケイシーはブランチに国防長官を殺人者呼ばわりするのかと注意を受ける。
法廷でケイシーはキニウムの副作用について明確にしようとするが、はっきりとした証拠を出せない。証言台に立った軍医は二人の症状を「未知の疾患」だと言ってキニウム服用との関連性について口をつぐんでしまう。キャラハンとマイヤーズは刑事責任を問われ、軍や製薬会社は何も追求されなかった。

悪夢に悩まされ妻に暴力をふるい、自殺を図ろうとする警官たち。似た事件が続いて起こり、警官は二人ともアフガニスタンで従軍していたことが明らかになります。戦闘のショックが要因とも考えられましたが、症状は2002年に軍事基地で起きた殺人事件の要因となった抗マラリア剤のキニウムの服用時と一緒だと確認されます。これは2002年にフォートフラッグで起きたアフガニスタン帰還兵の4人が相次いで妻を殺害、2名が自殺したという事件が元になっており、彼らが出征時に抗マラリア剤を服用、その副作用が現れていたことがわかっています。
ケイシーの父はベトナム帰還兵で、ケイシーは決して軍を敵に回したいとは思っていません。だが軍は危険を承知で薬を兵士に与え、そのことを隠していることが許せませんでした。しかし軍は真実を明らかにしようとしません。薬の副作用を知っていた軍医も、証言台に立つと事実を隠ぺいしてしまいます。上部から圧力がかかってしまったのか、軍を動かしたいと思っていたケイシーですがどうにもなりませんでした。
兵士の置かれた立場が理解できるステーブラーは、薬を飲むことはもちろん拒否できず、軍の命令に従わなくてはならなかったマイヤーズに同情していました。
新聞記者ヘンペルはマンチとケイシーのことを「モルダーとスカリー」と呼んでいましたが、Richard BelzerはX-Fileにマンチ自身の役でゲスト出演しています。本エピソードの脚本を書いているMichele FazekasがX-Fileの製作スタッフを勤めていたので、X-fileに注目させてみたかったのかもしれません。
キャラハンを演じているR.E..RogersはOZにアーリア系囚人のロブソン役で出演。よくケラーと睨み合っていました。SVUではS2-#18 「Manhunt」に続いての2度目の出演です。

無事にS6終了。
何のクリフハンガーもなく、特にしみじみすることもなく
淡々と終わってしまうのがSVUです。
だから次週にS7が始まっても全く問題なし。
安心して続きを見ることができます。
しかしS7はマリスカがエミーを受賞したシーズンですからお見逃しなく!
第3話「911」に注目です。

国や軍を相手にしてもどうにもならないケイシー。
事実を元にした事件でしたが、戦争のもたらした後遺症を
また感じることとなりました。
今週は戦争に影響されてる?

久々にロブソンだ!
SVUは二度目なんですが、前回はマンチとの追いかけっこで
ステーブラーとのにらめっこは初めてなんですよね。
OZでずいぶんにらみ合ってったっけ。
脇で笑ってたシリンガーが懐かしいです。
でもロブソンってやっぱり「歯が痛い」イメージなんだよね(笑)
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
bluegene  
DVD発売決定

こんにちは、ご無沙汰してます。
うちはFOX Crimeが入らないのでFOX本家で放送した2シーズンしか見られなかったのですが、秋にS5までのDVDがリリースされることになりました!
お値段も手ごろで、思わず予約してしまいました。諦めてたので嬉しいです。

2010/08/29 (Sun) 20:34 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No title

DVDリリースは本当に嬉しいです。しかもS5までお手頃価格で帰るのが素晴らしい。
CRIMEが観られない人には朗報だし、これを機会にもっとSVUがメジャーになってほしいと思います。
S3以降ますます見応えありますよ。じっくり楽しんでください。

2010/08/30 (Mon) 20:28 | 編集 | 返信 |   
gobyuu  
こんにちわ☆

> これは2002年にフォートフラッグで起きたアフガニスタン帰還兵の4人が相次いで妻を殺害、2名が自殺したという事件が元

ほんとにこんな怖い事例が……やっぱり軍は危険性を知った上で隠してたんですかね……? マイヤーズは刑事責任を問われることになってしまいましたね↓量刑も気になるけど、治るといいな(汗)

> 本エピソードの脚本を書いているMichele FazekasがX-Fileの製作スタッフを勤めていたので、X-fileに注目させてみたかったのかもしれません。

わお!!そんな裏話があったとは!!「モルダー&スカリー」はFBIだょ~と字幕にツッコんでました(´ε`*)ゝ

ケイシーはほんと若さゆえというか、無謀だけど行動力がすごいと感心してしまいます。ケイシーのような人がいないと、軍や国が好き勝手できちゃいますもんね……。軍や製薬会社の責任を問うことはできなかったけど、今回はこれが限界だったんでしょうね。

> S7はマリスカがエミーを受賞したシーズンですからお見逃しなく!
第3話「911」に注目です。

シーズン7、楽しみです(〃'∇'〃)

2010/08/30 (Mon) 23:49 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No title

実際にあった事件ということで調べていたらますます恐ろしくなってしまいました、戦争のない世の中が理想ですが、帰還兵のさまざまな問題点をドラマで学んでいます。
マンチの出ているX-Fileを観たことがなくて、いつか観ようと思っているのですが実現していません。
ケイシーの前向きな姿勢は、たとえうまくいかなくても励みになります。
TBありがとうございます。

2010/08/31 (Tue) 20:19 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ