FC2ブログ

The Closer S5-#12 「殺しの記念品」

Kyra、エミー賞主演女優賞受賞おめでとうございます!!

深夜女性が自宅のプールで刺殺され、目撃証言から犯人は黒ずくめの忍者だと判明。
さっそくタオは忍者とは何者か解説させられる羽目に遭います。
是非とも生忍者をじっくり拝みたかったんですがそれは叶わず。
代わりにテキサスのエルパソで同類の事件があったことがわかり
担当していたランドリー刑事があっという間にLAにやってきます。
このランドリーがどうも曲者刑事で、素直に協力してくれないんだよね。

忍者には会えなかったけどかなり激しいアクションシーンを堪能。
容疑者が逃走するトラックに意地でもしがみつくサンチェスがかっこいい!
そのまんまコブラ11のゼミルを見ている気分でしたが
もっと痛々しげに見えたのはこちらの方がリアルだからですよね。
コブラ11みたいに人も車も軽々と動いていくのは絶対無理だもん。
とにかく執念の食らいつきで容疑者逮捕に貢献したサンチェス、ご苦労様でした。
怪我をしてまで任務に忠実、ここまで体を張った刑事は他のドラマでも滅多に観られませんよ。
ますますファンになってしまいました。

ところがつかまえた男が殺したという証拠はなく
トラックから出てきたのはおそらく被害者からゲットした戦利品と思われる者の数々。
これをいかに活用していくかにブレンダの技量が問われます。
ランドリーは犯人のDNAを持ってたんですよ。
でも鑑定が間に合わないとか何とか言って貸してくれないし
さっさと犯人を連れて帰るつもりのようで、全く嫌な存在です。
それを逆手にとったブレンダはお見事でした。
犯人にテキサスではさっさと死刑にされるということを
実例を示してじっくりと伝え
男は服を脱がされ写真も撮られて緊張感たっぷりです。
一方カリフォルニアでは死刑が行われないことも力説。
だったらここで罪を認めてしまいましょうとその気にさせておき
地図を広げて男がどこで所持品をゲットしたのか
地図の上に戦利品を置くように仕向けたのでした。
男は自慢の品々について語り始めます。
時間はかかったけど、作戦は大成功。
これで男はLAで裁けることになったのですが
ランドリーはブレンダに男に殺された大勢の女性たちの
無残な姿の写真を見せます。
とたんにブレンダは態度を改め
男をテキサスへ送ると言い出します。
男は死刑を求刑するに十分な猟奇的連続殺人鬼でした。

ブレンダのパパがチャーリーを迎えに来ますが
チャーリーは帰りたがりません。
フィッツとブレンダは帰したいけれど、
パパは余計な口をはさむつもりがありません。
チャーリーはずいぶんごねていましたが
ようやくブレンダの話を聞きいれます。
ここでの経験でずいぶん成長したチャーリー。
またいつか姿を見せてほしいな。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ