FC2ブログ

Three Rivers S1-#1 「Ryan's First Day」

次々に始まる医療ドラマ。
今度は臓器移植がテーマになっています。
タイトルにどんな意味があるのか気になっていましたが
Three Riversのとおり3本の川が流れているのがピッツバーグだからだそうで
ピッツバーグが舞台のドラマってあまり観たことないかも。

ドラマは新人の臓器移植コーディネーターのライアンが
初仕事をする日から始まります。
正しいパイロットだなと思って観ていたんですが
IMDbによると今回は2話目で、次回のエピが1話目らしい。
話が逆でも大丈夫なんでしょうか。
今回のエピはタイトルの謎に始まって院内の紹介があり
臓器移植までの手順もよくわかり
典型的パイロットでしたよね。
ってことは本当の1話目に何が起こるのか、さらに気になります。

キャストの特徴はこれからわかってくるのかな。
ミランダを演じるKatherine Moennig、やっぱりかっこいいけど
医者役なのでずいぶん普通の人に見えてきちゃいました。
デイヴィッド役の人は「私の名前はキム・サムスン」に出てたんですね。
タイトルはよく知ってたけど観たことはなくて
韓流ドラマとアメリカドラマではまた違うんでしょうね。

スリー・リバーズ病院があまりにもハイテクでビックリしました。
患者について説明するのに使っていた巨大ボードは
CSI:マイアミで使ってたものよりさらに性能がよさそうです。
いつ臓器が提供されるか一目瞭然にわかるシステムが完備されていて
一刻を争う仕事だけに、すぐに動ける体制は大事なんだと思いました。

交通事故で脳死になった青年がドナー登録をしていたため
人工透析を続けていた男性に腎臓が移植されることになります。
適合する腎臓ってやっぱりなかなかないんですね。
SVUで闇の臓器売買絡みの事件がありましたが
順番待ちがいかに大変なのか、ここからも伝わってきました。
またがんを治癒した後の18歳の少女に両肺の移植が必要になりますが
ガンを患ったすぐ後では余命のこともあってか
移植待機リストには乗せてもらえません。
しかし今移植しなくては彼女の命はもたない。
頼みこんだ結果青年の肺を移植してもらえることになります。

臓器の運搬途中にテロ騒ぎで道路封鎖となり緊急事態発生。
しかし警察に誘導してもらい、なんとか間に合いました。
一方入院中のカーソンは突如容態が悪くなり、心臓発作を起こして亡くなってしまいます。
カーソンを演じていたのがBrett Cullenで
最近悪役が多いななんて思っていたらついに病人役、
なんだか悲しくなってしまいました。
そのあと観たハンクでLeeが心臓病で
心臓を患ったオヤジのダブル攻撃はキツかった!

これからどんな移植手術がなされていくのか。
新しいタイプの医療ドラマ。
この先の展開を楽しみにしています。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
りり・か  
No title

こんにちは!
あの巨大ボード、マイアミよりすごいですよね。初めてあんなのを見たのはトムさんの「マイノリティリポート」だったような気がしますが、あの時はすご~いなんて思ったけれどもどんどんドラマでも取り入れられるようになってきましたね。

SVUも気が重くなりますが、このドラマもなるだけサラッと観て行こうと思ってます。

2010/09/13 (Mon) 19:13 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No title

病院がハイテク化するのは当然だと思いますが、今回は病院とは思えない通信システムなどにビックリ。
緊急を要する臓器移植だから納得ですけど。
これからいろいろな事例が出てくるのだと思いますが、あまり深刻にならずに学んでいきたいです。

2010/09/13 (Mon) 21:28 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ