FC2ブログ

Cold Case S6-#9 「ピンナップガール」

1953年、グラビアの女王だったリタが突如射殺される話。
今頃になってなぜかリタが撃たれた現場写真が公開され
ファンがその場所やリタの服装が一致する写真を持っていたので
何か訳があるはずと再捜査が始まりました。
まずは写真の裏の刻印を手掛かりに当時のカメラマンを探すが見つからず。
それもそのはず、写真を撮ったのはリタ本人でした。

モデルでポーズを撮ることが専門だったリタは
その場にあったカメラを手にして写してみたら案外面白い。
リタはいつの間にかカメラの虜になってしまいます。
バーで出会った男性に連れてもらって街の風景を写し
いつしか自分もカメラマンとして成功したいと思い始めました。
恋人でカメラマンのジップはリタの腕は認めるものの
自分と同等の立場なんて考えられないし
出版社のモンティはモデルとしての契約を優先したい。
でもリタの写真集も悪くないと思いだします。

リタは写真集を出す気満々で、セルフポートレートを撮っていました。
そこに入ってきたのが親友のベティ。
ベティはかつてはリタと一緒にソーダを売っていたのに
リタは成功したものの、
自分はストリップバーで男の相手をしないと生活していけません。
でもやっとベティの方を見てくれる男性がいると思いデートをしたら
相手の目的はリタのサインをベティを通してゲットすることでした。
すっかり腹を立て酔っ払ったベティは
今度はセルフポートレートで成功しようとしているリタが許せず
持っていた銃でリタを射殺…
腹を立ててとっさに殴ったが撃ったに変わっただけで
いつも通りの展開でした(苦笑)

でも一つ気になることが。
リタがセルフポートレートを撮ったのはベティが来る前。
そこにリタがベティに貸したかばんが写っていたので
事件にベティが関与していることが明らかになるのですが
ドラマでは写真が現像されてから
ベティがそのかばんを持って現れ、銃を取り出します。
すごく初歩的なあり得ない謎なんですけど…
かばんが二つあったわけでもないだろうし。

現在の逮捕されたベティがEverwoodのエドナだったのがショックでした。
エフラムは頑張ってるのに。
他にもどこかで観た顔が多かったです。
エヴァンズはラボのフランキーと仲良くなっちゃうんでしょうか。
まあ勝手にやってください。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
kaho  
No title

こんにちは♪
私の思い違いでなければなんですが、ベティの鞄が写っていた写真はリタの遺体を撮影した写真(警察の証拠写真)だったと思います。セルフポートレートに写っていたのは、氷が溶けていないグラスだけっだったと記憶してます。
しかし、遺体の写真(警察の証拠写真)が横流しされ写真集に掲載されるって悪趣味ですよね。

2010/09/14 (Tue) 14:55 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No title

kahoさん、謎を解いてくれてありがとうございました。
事件の写真にかばんが写っていたのなら納得。それがベティを有罪にする
証拠ですからね。
しかしかばんを置いて出て行ってしまったベティは相当慌てていたんでしょう。あとで目撃証言などあればばれてしまうことなのに。
いずれにせよ当時の捜査はちょっと調べておしまいだったのでしょう。
それより事件の証拠写真が掲載されてしまうのは問題です。ファンのショックも大きいだろうし。そもそも警察の証拠が流れることはあってほしくないです。

2010/09/14 (Tue) 21:01 | 編集 | 返信 |   
カクテキ  
No title

リタがカメラマンとして歩みだしたら、きっと婚約者とはうまくいかなかったでしょうね。
不幸を待て、というわけではありませんが、ベティはリタのそこまでを見届けて欲しかったです。
そうすれば何もかもがただうまくいっているわけではないと感じられたでしょうに。
時効がないのに昔の現場写真が売られてしまうのはなんとも悪趣味でした。

2010/09/16 (Thu) 11:39 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No title

確かにリタがカメラマンとして活躍を始めたら、婚約者は離れていったことでしょう。
逆にベティだって何か道が開けてきたかもしれないのに。
みなさんすぐにかっとなって歯止めが効かなくなり、そして殺しちゃってから我に返ってそそくさと逃げ去る…で結局何か証拠を残してしまってすっかり忘れたころ蒸し返される。いつも通りのお決まりパターンでした。
ちょっとでも落ち着いて考えられる余裕があればよかったのに。
出てきた写真も問題だけど、それを掲載してしまう現在の出版社も困ったものです。

2010/09/16 (Thu) 21:00 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ