FC2ブログ

Rookie Blue S1-#3 「Fite Nite」

3話目まで観て感じたこと。
このドラマってクライムドラマではなく
一人前の警察官を目指そうとする若者たちの青春ドラマってことなのかな。
だから事件そのものを追いかけるよりも
彼らの日々の成長ぶりを見守っていくのが大事なのでしょう。
とはいえまだ3日目ですが。

警察のチャリティーイベント「ファイト・ナイト」にトレイシーが出演することになり
クリスがトレイシーの練習を手伝います。
試合の晩、トレイシーはピンチ状態になったけど
ついに逆転。
彼女のボクシングの腕前は本当でした。
そして彼女の生き様もこれまで複雑だったのかなと
彼女が語る姿から感じられました。

アンディの父も退職警官の一人としてファイト・ナイトを応援しに来てましたが
彼の飲酒癖に問題があるみたい。
退職理由もそれに関わっていたようです。
そしてアンティの心配通り
会場で酒を飲んでしまった父は場外バトルを。
娘のよきお手本である父ですが、アンディにはまた別の苦労があったのでした。

ゲイルもまた警察一族の出身で
これは本当によくある話ですが
(みなさんやっぱりアイルランド系なのかな)
ダヴは警察の世襲制が気に入らないみたい。
ちなみにダヴの親はヒッピーだったそうで
ダヴは警察官になりたいという自らの意思で
この道を選んだようです。
そうか、エフラムの父はヒッピーか!
とアンドリューのヒッピー姿を思い浮かべるのは
ちょっと難しいかもしれないけれど
私にとってはアンドリューはHairの正しいヒッピーですからね。
とてもよく納得してしまいました。
ところでダヴは警官殺しの犯人の共犯者を追っていて
共犯者の名前を吐かせるために
一緒に取調室に入っていた容疑者から
いろいろとノウハウを教わっていました。
このほのぼのとした雰囲気は何なんだ?
少しずつ警官らしくなってきてるけど
まだまだダヴには修業が必要です。

アンディとゲイルが保護した
夫のDVに怯える妻。
せっかく二人がシェルターに連れて行ってあげたのに
妻は夫の電話に出て、結局夫が迎えに来てしまいます。
これを警官たちが阻止はできないね。
守ることはできても、やはり本人たちの問題だし
辛い思いをしつつもやはり妻が夫と別れられない理由もあるのです。

アンディに近づく刑事ルーク。
そんなに最初から署内恋愛しなくても…と思うんですけど。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ