FC2ブログ
Top Page › Rookie Blue › Rookie Blue S1-#4 「Signals Crossed」

2010 · 09 · 26 (Sun) 12:16

Rookie Blue S1-#4 「Signals Crossed」

街での売春行為の一斉摘発。
売春婦を挙げるんではなく、買おうとした客を摘発するようで
顔が割れていない新人警官は囮捜査にうってつけ。
早速女性3人はそれらしい恰好をするつもりでしたが
トレイシーは殺人事件を担当させられてしまいました。
ついでに男娼も立たせることになり
嫌々囮を演じるのはクリス。
ダヴの方がやる気があったけど、
客受けするのはぴちぴちな白いポンツがいかにもなクリスでしょう。
ダヴはパトカーでバックアップに回ります。

ゲイルはうまく客を捕まえるものの
アンディは売春婦になりすますのがどうも苦手。
迫ってくる男にぞっとして思わず逃げ出してしまったり
そわそわした態度で警官だと見破られてしまったり
ほとんど戦力になりませんでした。
クリスもなかなか頑張ってますが
中年男性に呼び止められ相談を持ちかけられます。
男はゲイの息子が家を飛び出し行方不明なので
身かけていないかと尋ねてきます。
クリスは早速警官モードに切り替えて息子の写真を預かり
息子を探すことを約束します。
退屈なダヴは人々の怪しげな動きを無線で報告。
そのうち車泥棒した女性を見つけ現行犯逮捕します。

アンディとダヴは部長に呼ばれ
今回の不始末を注意されます。
アンディの正体がばれてしまったら囮捜査にならないし
ダヴは用もないのに無線を使いすぎ。
二人は何とか名誉を挽回したいと
ダヴがとらえたセイディが武器の隠し場所を知っていると
持ちかけてきた取引に応じることにします。
でも証拠がなければ警察は踏み込めない。
二人はセイディとともに隠し場所の車の修理工場に行きます。

まずセイディが証拠写真を撮ってくると
アンディの携帯を借りて入っていきますがなかなか戻ってきません。
売春婦の恰好のままのアンディは
車が故障したと言って入り込み様子を見に行きますが
そこにはさっき街で声をかけて嫌な思いをした男がいました。
男にとっては獲物が向こうからやってきたわけで
セイディとまとめて頂いてしまおうと企み始めます。
するとセイディがアンディのことを警察だとばらしてしまったので
アンディは大ピンチ。
そのころアンディと連絡が取れなくなっただダヴは工場に乗り込み
大量の武器を発見した後アンディたちを救いに行きます。
ようやく警官らしく銃を構えるダヴの姿を見られてよかった。
意外な展開で武器を押収できたのはラッキーでしたが
ザムはアンディが無茶することが気が気ではありません。
ダヴも上司から活を入れられます。

トレイシーは死体を見るのが苦手。
それで警官を務めるのは致命傷かもしれません。
現場写真をボードに貼った時も
被害者を隠して背景だけが見えるようにしてしまいました。
殺された青年の身元は分からず。
摘発した客たちにも失踪した息子のことを聞いていたクリスは
トレイシーが並べた現場写真のシールをはがして愕然とします。
事件の被害者こそ行方不明の息子でした。
クリスは真相を父親に伝えに行きます。
辛すぎる結末でした。

アンディは殺人課のルークとデート。
キスした場所が殺人があった家の前という
ロマンチックとは程遠い感じですが
なかなかいい雰囲気で恋が芽生えたみたい。
そんなに熱心に署内恋愛してていいのかな。
ダヴはまだまだ危なっかしいけれど
少しずつ成長していくことを期待しています。

アンディを襲おうとした怪しいオヤジを演じていたのは
John Pyper-Ferguson。
B6Sのサラの元夫のジョーじゃないですか。
離婚の原因になった一つがレベッカに手を出したこと。
ダヴがジョーを逮捕したのは
レベッカ=エイミーに対してのプチリベンジに思えてしまいました。
やっぱりエフラムとエイミーは運命で結ばれている気がします。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント