FC2ブログ

Three Rivers #4 「Good Intentions」

本当は3話目らしいけれど…

メインの移植手術はドラッグ中毒で心臓をダメにしちゃった青年スコットの話。
スコットはクリーンにならないと移植待機リストに載せてもらえなかったけれど
6か月努力したのでアンディはスコットをリストに載せることにします。
アンディには病院で知り合ったブレンダというGFがいて
ブレンダも移植の心臓待ち。
ブレンダは6か月前からリストに載っているんですが
まだ適合する心臓が現れません。

そんなとき娘が外泊中
両親が一酸化炭素中毒で倒れてしまいます。
朝帰宅した娘は病院で機械につながれた両親を見て
自分がいなかったことを悔やみ続けます。
父親は脳死が確認され、ドナー登録をしていたため
心臓が提供されることになります。
この心臓がスコットとマッチ。
リストに載ったとたんすぐに真相をもらって健康体になれる。
スコットには驚きの連続でした。

デヴィッドとライアンが心臓を受け取りに行きますが
一酸化炭素中毒の心臓ってあまり状態はよくないみたい。
でも摘出したら、中毒は別の原因によるものであることがわかりました。
だったら母親は助かるかもしれない。
解毒に成功して母親は意識を取り戻します。
娘は孤独にならずに済みました。

ところが今度はスコットが病室から脱走。
でもGPSをつけていたので屋上にいることがわかりました。
スコットはずっと前から心臓を待っているブレンダではなく
自分が先に移植してもらえることが納得いかなかったのです。
でもこればかりは仕方ない。
スコットが健康になってブレンダを支えてあげればいい。
アンディの説得でスコットは手術を受けます。

ティーンエイジャーで心臓をダメにしちゃうんだから
いかにも問題児なスコットですが
移植後健康になってもブレンダを愛し
励まし支え続けることができたら素晴らしいと思います。
心臓移植がスコットにもたらしたことの大きさを
是非価値あるものにして欲しいです。
スコットは10話目にまた出てくるようなので
どのように変わっているのか楽しみにしています。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ