FC2ブログ

チャングム 「偽りの自白」

前回の予告で今週はハンサングン様の最期だとわかっていたので、観る前から重たい気分になってたんだけど、想像以上に重かったな。そして一言。
絶対宮廷女官にはなりたくない!
こんなに不条理なお仕事、勘弁してもらいたいです。勝手に濡れ衣を着せられ、あっさりと捨てられていく。これが陰謀なんだから巻き込まれた者は諦めるしかないのでしょうが、それにしてもむごすぎる。ハンサングン様やチャングムに何の罪があるの???


チェサングンもクミョンも多少は良心の呵責を感じたのか、それよりも悪事のツケを恐れているのか、ようやく天下を取ることができたのに表情は硬いままでした。チェサングンは間違いなく過去に遡って呪われる事を危惧してるんでしょうね。いつもになく緊張してました。そして毒入り鮑を平気で用意できるクミョンも、チェジュド送りになるハンサングン様とチャングムを見送りながら涙を流していました。心の片隅で反省していたのか?こんな展開になってしまったけれど、二人にちょっぴり良心が残っているように見受けられたのはせめてもの救いです。(全く動じない女官長は鬼だ…)
しかし一番許せないのはいつも食べてるだけの王様だね。贅沢三昧してバチが当たったのに(たぶん)病気を硫黄のアヒルのせいにしてしまう。そこまでは仕方ない。でもでっち上げ謀反の処罰の中身を見せられたときに、ハンサングン様とチャングムの名前を見たはずなのに、何の疑いもせずに首を立てに振る姿には本当にがっかりさせられました。「謀反」の一言に即反応しなければならないほど力のない王なのか?少なくとも今は体を起こせるのだから、もう少し頭を使って考えるべきでしょう。そして今まで誰のおかげでおいしいご馳走を食べる事ができたと思っているの??感謝の気持ちを忘れてしまうなんて最低だよね。もし王の耳に少しでも真実が聞こえてくればきっと考え直していたと思うけど、それにしても判断力のない王様。こんな王朝は乗っ取られてもいたしかたないと、真面目に謀反が起こる様子を見てみたくなってきました。チェ一族もお付き合いして、さっさと滅びてしまえばいいさ。フフフ…


と勝手な事を考えるのはそのくらいにして、チャングムに見も心も捧げようとしたヨンセン。今回の泣きはさらに気持ちがこもっていてよかったよ!本当にヨンセンっていい子だよね。そして虚しくチャングムの背中で息絶えたハンサングン様。後のコラムで韓国お得意のファンの声により、予定より10話近く長生きすることになったと知って再度驚きました。こんなに素敵なキャラクターをあっさり斬り捨てるつもりだったドラマって??恐ろしいです。
スポンサーサイト



コメント 3件

コメントはまだありません
びち  

いくら内容を知っていてもかなりショックを受けたエピでした。
やっぱりチャングムの周りのイイ人は死んでいくのね・・とふと思ったり。
私が一番かわいそうだと思ったのは、ミンの旦那(笑)がチャングムのために送った副官の人が本当にかわいそうです。上官の命令のままに任務をしただけで、その秘密の指令をちゃんと漏らさずに死んでいくなんて・・・しかも残された家族まで奴婢にされて。
人のよすぎるハンサングン様はきっと馬鹿殿を恨むこともチェサングンを恨むこともオギョモを恨むことなく、チェゴサングン様の待つ天国に召されたんでしょうね。
しかし、チャングムこれからどうやって復活するんでしょうか。チャングムはやっぱりしぶといわ・・・主役は心配ご無用だと分っていてもやきもきしてしまいます。

2005/04/22 (Fri) 23:09 | 編集 | 返信 |   
Ayano  

がろと様、リンクありがとうございます!
m(_ _)m
王様、本当に勝手ですね。しかも自分も利用されてるってことに気付いてない。上に立つ者がそれでいいのか?と言ってやりたくなります。
そして私も女官にはなりたくないです。
こういうのを見ていると、科学捜査班や検死医のいる現代に感謝ですね…

2005/04/23 (Sat) 00:12 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

周りのいい人たちは消えていくのにしぶとく生き続けるチャングム。まだ「いい人」になりきってないってことですかね(苦笑)ともあれチャングムには全然感情移入できずにいるので、彼女がどうなっても一向に構わないのですが・・・と残酷な一言。
そしてAyanoさんおっしゃるとおり、宮廷にCSIがいれば、チェ一族の陰謀などさっさと暴く事ができるのに、。髭オヤジもたくさんいることだし、一人ぐらいグリッソムに化けてもよかったですね(爆!)
そして天国のスラッカンはおいしい食事が次々用意されてるんだろうな。という事は王もそちらの方が満足いただけるのでは・・・とさらに残酷な一言!!

2005/04/23 (Sat) 19:19 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ