FC2ブログ

Cold Case S6-#12 「暗証番号」

自動車修理工場で働くエドが宝くじで800万ドルを当て
それこそ億万長者になったと思ったらしばらくして殺されてしまう話。
数年前の事件なのにコールド・ケース化してしまったのは警察の怠慢?
ここにきて凍結されていたエドの口座の残高チェックがなされたので
カードの持ち主が分かればどれが犯人だということで捜査が再開されます。

今まで庶民的生活を行っていたエドは
もちろん大金を手にしたことなんてありません。
でも彼っていい奴なんだよね。
いきなり太っ腹で大盤振る舞い。
自分がリッチな暮らしを始めるとともに
身の回りの人達にも富のおすそ分けをすることを忘れていません。
でもたかりに来る悪党がいるんだよね。
エドに近づいた会計士も、美人の女性も
一攫千金を手にした者をカモにする詐欺師たちでした。
本当に気をつけなきゃいけません。
だけど急に大金を手にしたら、やはり金銭感覚がマヒしちゃうから
うまく口車に乗せられてしまうんでしょう。
さらに刑務所暮らしをしていた父親が金の無心に来た時も
約束通り金を渡していたし
職場の同僚がエドのお屋敷で事故ったときも
治療代を払ってあげたのはエドでした。
そんな調子だったので、エドの財政はあっという間に底をついてしまいます。
結局元の家に戻ってきたエドは
また車の修理を再開することに。
いつも直してあげているコンビニ店員のシェリーの車を
また修理してあげる約束をしていました。

そんなエドの命を狙ったのは身内の犯行。
エドを親代わりに育ててきた姉のパムは
夫婦で金物店を営ねでいますが
建物の改築を考えエドに資金提供を願います。
でもエドはすでに無一文状態だったのでそれを断ります。
するとパムの夫が何故エドだけが…と怒りのあまり
エドを撃ち殺してしまいました。
それをパムも黙認。
エドのクレジットカードのピンコードは
子供のころ飼っていた犬の名前だったので
パムがピンコードを見破るのは簡単でした。

今回の殺害は
いつもの「怒りのあまり殺しちゃった」よりは
銃を持ち出しているだけに考える時間があったのかなと思います。
しかも撃たれたエドを見殺しにしてしまう姉はさらに残虐。
確かにエドは金持ちになって、それはずるいけれど
パムたちが金持ちにしてやったわけではないし
きっとまだお金が残っていたら、エドはパムを助けていたと思います。
タイミングが悪すぎました。
そして実はエドはまだ現金を持っていて
それは獣医を目指すシェリーの学費にと託されていました。
やっぱりいい奴だな。

ヴェラも一攫千金を夢見て資金集めを開始
皆に協力してもらって宝くじを買いましたが、結局ダメでした。
やっぱりお金は地道に働いて得るものだと思います。
そういう考えなので自分では宝くじを買ったことがありません。
どうせ紙切れになってしまうのにお金を払うのがもったいない!
夢がなくてつまらないね(汗)

そしてフランキーが既婚者だったとは。
これにはヴァレンズも唖然。
いくら別居中と言われても、夫に恨まれてまでフランキーと付き合わない?
この先どうするんでしょう。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
シーノ  
おはようございます

おはようございます。
このエピは、最後に素敵な出来事があって、ホッと出来ました。

事件よりも今回は、フランキーのことで驚かされました!
まさか既婚者だったとは。
次の回を観て、さらに二人がどうなっていくのか注目しています。
フランキーがらみの事件が起こらないといいのですが…。

2010/10/14 (Thu) 08:37 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No title

ただ殺されてしまって終わりでは辛すぎますよね。
残されたお金が有意義に活用されるのはよかったです。

ヴァレンズとフランキー、二人の仲は進展していっても、フランキーの方からトラブルが持ち込まれそうな気がします。
ヴァレンズって薄幸キャラなのかなぁ?

2010/10/14 (Thu) 20:49 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ