FC2ブログ

Rookie Blue S1-#6 「Bullet Proof 」

トレイシーと先輩のノエルはパトロール中にカージャックを目撃。
犯人の片方は捕まえたけれど、共犯者を取り逃がしてしまいます。
サムと組みたくなかったアンディはルークに助けてもらい
参考人として少年を確保。
彼は頭に銃弾を受けていましたがおでこのあたりにとどまったまま。
でもその弾が事件解決の手掛かりとなるので弾の摘出が必要になってきます。
アンディは少年を病院へ連れて行きますが、隙を見て少年は脱走。
里親のもとへ帰ってきて、水道管修理をしていました。
またアンディの失敗を指摘されるところだったけど
少年がうまくアンディをフォロー。
最初は嫌がっていたのに銃弾の摘出に同意します。
犯罪歴のある少年だけど、里親はあの子はいい子だと話し
アンディも彼の優しさに心打たれます。
しかし銃弾は取り除いたものの、少年はそのまま亡くなってしまいます。
何故証拠を得るために人の命を奪わなくてはならないのか
納得できないアンディが怒っていると
事件解決のためには犠牲が伴うのも仕方ないとルークの一言。
アンディもいずれ慣れてきて
淡々と捜査を進めるようになってしまうのでしょうか。

クリスとゲイルは交通事故の現場処理へ。
車を運転していた老人が自転車に接触し
乗っていた青年が死亡してしまいました。
クリスは最初事故を起こした老人に同乗していたのですが
老人が薬を飲んでいたかもと車を捜索しているうちに
ゲイルがGPSをチェックし始めたら
老人の走行ルートに青年の自宅が含まれていました。
老人の性犯罪を暴露した青年に恨みを持った老人が
殺意を持ってぶつかったというのが真相のようで
そのままSVUで扱える事件でした。
お手柄クリスとゲイルはそのまま急接近!
あれ?クリスってGFとの関係、どうなっちゃったんでしょう。

今日は車内の証拠探しばかりさせられているダヴ。
ゲイルは自分に気があるだろうと勝手に思い込んでいます。
でもゲイルとクリスがくっついたことを知ってしまったら
ダヴのショックは大きいだろうな。
署内恋愛大流行のこの乱れた署の中で
(ホントにこんな調子でいいのでしょうか?)
ダヴだけがクリーンというか、相手にされてないというか
そろそろダヴにもハッピーな思いをさせてあげてください。
それともやっぱり運命の人が現れるまで
ダヴはこんな調子なのかな?
ついでにゲームの小道具の剣に大喜びしていたダヴって
エフラムとは微妙に違うかもしれないけどオタク系なのかも。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ