FC2ブログ
Top Page › Mercy › Mercy S1-#10 「I Saw This Pig and I Thought of You 」

2010 · 10 · 28 (Thu) 21:22

Mercy S1-#10 「I Saw This Pig and I Thought of You 」

この豚を見てあなたを想った
なんと不思議なタイトルなんでしょう。
でもヴェロニカとマイクの複雑な思いがよく伝わってきました。

ヴェロニカはマイクへのプレゼントにブタの丸焼きを一頭
通販で申し込んでいました。
でも別れてしまった今、豚は不要に。
誰かにあげたくてもだれも引きとってくれません。
しかもマイクが知らない女性とデートしている様子を
ヴェロニカは目撃してしまいます。
新しい女ができたか?
マイクの速攻技に怒ったヴェロニカは
冷凍の豚をスケートリンクに持って行って
アイスホッケーのスティックを振り回してボコボコにしてしまいました。
やっぱり気になるヴェロニカはマイクの家を覗きに行くと
マイクは自宅を売却する気でいます。
半分は自分の家だとヴェロニカは激怒。

ヴェロニカが担当した患者が手術後一瞬心停止し
死の世界をちらっと見て帰ってきました。
信心深かったその患者は、死後の世界が自分の想像と違ったことにショックを覚えます。
そして何も信じられなくなったと自暴自棄に。
何も信じられないのは自分も一緒だと
ヴェロニカはイラクでの経験を語ります。
そして同じことをクリスにも話すと
クリスはイラク以降ヴェロニカのことを思い続けていたから
今までやってこれたと答えます。
こんなにあっさり言ってのけられると
ヴェロニカも言葉に詰まります。
そしてクリスの希望は今途絶えてしまったわけだし。

結局ヴェロニカは豚をマイクに届けに行きます。
マイクは喜んで豚を受け取ってくれました。
ヴェロニカはマイクの欲しいものをよくわかっています。
ヴェロニカがマイクに愛してると言うと
マイクも愛してると返してくれました。
ヴェロニカはマイクに家を売ってほしいと頼みます。
愛していて、心が通じ合っていても、また元に戻ることはできないのかな?
そして終わったとはいえクリスの思いもまだ気になるし。
ヴェロニカの苦悩はまだ続きそうです。

ソニアは交通事故に遭った母子を担当。
母は手術後に亡くなってしまいます。
物わかりのいい娘はすぐに母の死を理解しましたが
問題は娘に身寄りがないこと。
どうやら母は偽名を使っているようで、身元も定かではありません。
娘の話から同居している恋人がわかり
彼が父親代わりをやってくれていたのは確かでした。
でも恋人には親権はないために、ソーシャルワーカーは
娘を渡すことを渋ります。
ソニアが恋人の身元を調べてもらうよう依頼すると
その男はドラッグの売人でした。
ますます娘の行き先が見えなくなっていた時
娘は死んだ母親がシッターをしていたとき
雇われた家から誘拐した子供だったことが明らかになります。
今頃こんな形で誘拐事件が解決するとは。
娘は本来の両親のもとに返されますが
父親代わりの男との別れを惜しみます。
男は娘を励まし別れるのですが
娘と離れるのが辛くてたまりませんでした。
犯罪に加担してたのは確かですが、娘のことを愛していたんだね。
彼の背中が寂しく見えました。

クロエが担当したのは、父親の尊厳死をめぐる家族間の対立。
またスリー・リバース向きのテーマでしたが
移植の話にまでは発展しませんでした。
足の感覚が戻らずイライラしまくりのハリスは
ようやく足の指が動くようになってきました。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント