FC2ブログ

Three Rivers S1-#10 「Every Breath You Take」

消防ドラマが大好き。
消防士が出てくると、もうそれだけで夢中になって見入ってしまう。
TWの影響が大きすぎるんだよね。
だからRescue Meが途中でストップ状態が許せないんですが
今回は消防士たちの物語。重たかったです。

クラブで火災。
ろうそくに火をつけておいて紙吹雪を撒き散らすなんて
防火体制はどうなってるんだってまずツッコミを入れたくなりますが
とにかくクラブは全焼。
その時急に体調が悪くなってトイレで倒れそうになっていた青年がいました。
消防士たちは消火&救出に努めますが
その中の女性消防士グエンは、ボスのランスに無視されて機嫌を損ねています。
女性だから力がないと言われたのが腹立たしくてたまらない。
結局人手が足りなくなり、グエンも炎の中に飛び込んでいきます。
そして逃げ遅れた人や、怪我をしたジミー、呼吸困難を起こしたランスを救いだします。

グエンの姿がついTWのアレックスと重なって。
彼女も団結力の強い男社会の中で精一杯戦ってきました。
そしてようやく受け入れられるようになったけど
グエンは自分が差別され、排除されていることを強く感じてます。

Three Riversに運ばれた消防士たち。
ジミーも重傷でしたが見通しが立ってきました。
ところがもともと煙吸入障害を持っていたランスは
今回の肺のダメージは致命的。
肺の移植を行わないと長くもたないことがわかります。
しかし家族は身近にいません。
アンディは消防士たちに肺の部分移植のドナー提供を勧めます。
消防士たちはリスクを承知で検査を受けますが
結果を聞く段階になると、ここで拒否もできるので
自分がマッチしていても拒否する消防士もいました。
グエンもマッチしていましたが
グエンはミランダに心中を語ります。
自分がかつて副隊長にセクハラされ撃退したら
その件はうやむやにされ、副隊長はランスによって昇進してしまいました。
グエンはランスを許すわけにいかないと
やはりドナー提供を拒否します。

ところがジミーが無理して検査を受け自分もマッチしているので
肺を提供すると言い出しました。
自分をフォローしてくれたジミーにリスクを背負わせてはいけないと
グエンはここでドナー提供を申し出ます。
こうしてランスは助かり、グエンに感謝します。
これで署内でグエンの性差別がなくなるといいのですが。

トイレで具合が悪くなっていた青年は火傷がひどく
体調がどんどん悪化しますが原因がわかりません。
デイヴィッドとリサが解明していく過程はDr.Houseを見ているようでしたが
ハウスと違って二人はとても真面目に、一つ一つ検証していました。
こういう真剣なまなざしが観ていて気持ちいいな。

アンディのおじのマイケルが腹部を刺されて助けを求めに来ます。
そこへアンディの元妻の刑事レナが事情聴取にやってきて
マイケルは刑務所に入る前に組んでいた相棒とトラブルを起こした模様。
しかも捜査が進んでいくうちに、マイケルはその相棒を撃ち殺していたことも判明します。
マイケルがクオルのために寄付してくれた金は
汚れた金だったのでした。
もし没収ということになると、クオルの命を救うことができません。
しかもアンディがマイケルと酒場で話している証拠写真を警察が持っているので
アンディの立場は最悪です。

あと3話で終了。
次シーズンもなさそうなので、ドロドロした状態で終わるのだけは勘弁してもらいたいけど。
この先どうなってしまうのでしょう。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ