FC2ブログ
Top Page › ER › ER S15-#9 「雪よ降れ」

2010 · 12 · 03 (Fri) 21:27

ER S15-#9 「雪よ降れ」

シカゴは大雪。
ERも閑散としてましたが…

ゲイツは家で子供たちの宿題チェック。
金曜の晩だし宿題が終わったらパーティーに行きたいと
アレックスとサラが言い出します。
でも外は雪がかなり積もっています。
車で出るなんてとんでもないことです。

ERに交通事故に遭った人たちが運ばれてきます。
最初に来た少女は重症で手を尽くしたものの間もなく死亡。
次に運ばれてきたのがアレックスでした。
結局歩いていくことでパーティーに行くことを認めてもらった二人ですが
アレックスは必要に迫られて車を運転せねばならず
その結果が事故につながってしまいました。
当然サムはイライラはらはら、必要以上にテンションが上がります。
なかなかサムの意識が戻らないし。
本当は家族が関わらない方がいいのかもしれないけれど
サムはよにかく自分で何とかしたくて必死でした。
やがてゲイツが到着。
冷静に治療方法を考えますが、サムと対立してしまいます。
ようやくアレックスの意識が戻りほっとしたとたん
予期せぬ出血が。
アレックスの容態は相当悪そうです。

最初に亡くなったアレックスたちの友人の少女は両親が旅行中。
身内はシッターが連れてきた小さな弟だけでした
弟は姉の死を理解していません。
いつ目を覚ますのか心配している弟に
姉の死を伝えるように命ぜられたのがチャズ。
でもチャズはどうしていいかわからずおたおたしていたら
弟は姉の遺体のそばに行ってしまいます、
チャズは仕方なくブレナーに頼み、ブレナーが説明。
小さな子がそれなりに理解しようとしている様子が切なかった。

大雪の中、バンフィールドとモリスはER学会に出席。
飛行機がストップして帰れず、ホテルに待機させられたものの
今度は部屋がありません。
みんなバーで待たされているので、ここはモリスが一つ音頭を取って
ERドクターの結束を固めようと
マイクを持って喋ったり歌ったりし始めます。
だけどみんな知らんぷり。
しかたなくマイクをバンフィールドに向けると
バンフィールドの酒のピッチがどんどん上がっていきました。
そして突然マイクを握ると人が変わったように歌い始めます。
I Love Rock'n Roll かっこよかった。
ドクターたちも大声援を送ってくれます。
勢いでモリスとWalk This Wayをデュエットしようとしたけど
すでにふらふら状態のヴァンフィールドを、モリスはバーから連れ出します。
モリスはヴァンフィールドをトイレで介抱し
落ち着いてきて軽く食事していたら
ようやく一部屋空きがでました。
モリスはバンフィールドに部屋に行くように言いますが
結局二人で同じ部屋に泊まります。
モリスはソファだけどね。

バンフィールドの新たな一面が見えてきた。
酔うと別人のように元気で陽気になっちゃうんですね。
もしかしたらこれが本来の姿なのかな。
吹替え版で観ているのでモリスもバンフィールドも
生歌が聴けなかったのが残念でした。
本当は是非ともデュエットが聞きたかった。
バンフィールドが少しずつモリスに身の上話を始め出しました。
モリスも聞き上手だな。
どんどんモリスが好人物になってきちゃって
今シーズンはモリスに頑張ってもらわないと困るのは確かなんですが
ちょっと寂しい気もします。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント