FC2ブログ

Law&Order SVU S7-#14 「Taboo」

散歩していた犬がゴミ捨て場から人間の胎盤を発見。ごみ袋の中にシーツにくるまれ、へその緒をグルメコーヒーのクリップで留められた産まれたばかりの男児が入っていた。男児はすぐに病院に運ばれ元気な様子だった。
SVUは聞き込みを開始、グルメコーヒーの前で物乞いをしているホームレスのバーラが子供を捨てたのではと疑う。バーラは過去に3度出産したが子供を取り上げられ、今も妊娠中だと話すが、病院で検査すると妊娠しておらず想像妊娠だった。
男児を包んでいたTシャツはマサチューセッツ工科大の学生が集まるバー「アインシュタイン」のオリジナルで、コンテストの勝者に贈られたものだった。勝者の学生は、もらったTシャツを寮のルームメイトだったエラに貸したと話す。エラはその後個室に移り、エラの部屋を調べるとベッドのシーツがはがされており、クリップのついていないグルメコーヒーのパックが置かれていた。
エラは取り調べに対し妊娠を否定すると、ステーブラーはエラの態度に憤る。20歳のエラは環境工学科の3年生で勉強に追われているようだ。ベンソンはエラのDNA鑑定を希望するが状況証拠だけでは令状が降りないとケイシーが忠告する。
取り調べを続けるうちにエラは具合が悪くなって倒れる。病院で診察した結果胎盤遺残で感染症を起こしていた。ベンソンが再度エラに問い詰めると、エラは赤ん坊はとっさに生まれた。現実のことと思えなかった。レイプされてできた子供だと言い始める。ケイシーはエラを殺人未遂で逮捕しようとするが、ベンソンはレイプの疑いを考慮し、抒情酌量の余地があると思い始める。
SVUの元にエラが1年前出産後に病院に現れたが新生児の姿がなかったとの報告が入る。その時は死産と扱われエラは逮捕されなかった。ニュースにならなかったのはエラの父が市会議員のエベレット・ドレイクだからだった。エベレットはエラは前妻の娘で2年半前に会った。前の妊娠は不幸な事故で、今回は気がつかなかったと説明する。
エラは逮捕されるが、子供の父親について話そうとしない。罪状認否では幼児虐待と幼児遺棄の罪に問われるがDrファンはエラの産後精神病を指摘する。
DNA鑑定の結果が出る。DNAによると男児の父はエラの家族で、近親相姦でできた子供だった。エベレットはエラの保釈金を出すために自宅を担保に入れていた。エベレットがエラの父親であることが判明する。
父親を知らなかったエラは大学入学時に父親を探り当て、エベレットの選挙事務所で働き始めた。エベレットはエラが娘だと知ってから関係を持っていたが、妊娠については知らなかったと説明する。二人の関係は同意の上なので性犯罪とはみなされず、エラだけが罪に問われることになる。
法廷でエラは自分が子供を捨てた経緯を話す。エラは産まれた子供が不気味な存在にしか感じられなかった。一方エベレットはエラとの関係を認め、自分が無理強いした。責任はすべて自分にある。取り調べの際には自分をかばうために偽証したと述べる。
エラは無罪となり精神科への入院が命ぜられる。エベレットは男児を引き取ろうとするがケイシーとベンソンが阻止した。

ゴミ捨て場に置き去りにされた男児は発見が早かったために無事でした。ステーブラーは大声で泣き叫ぶ男児に触れ「君を歓迎するよ。」と声を掛けます。
男児を捨てた者は誰か、捜査のヒントとなったのがグルメコーヒーのクリップや男児をくるんでいたTシャツ、シーツでした。容疑者としてマサチューセッツ工科大の学生エラが挙がりますが、取り調べに対しエラは妊娠、出産を否定し続けます。ステーブラーはエラの態度に激怒、妊娠して子供を育てられないなら養子に出す選択もあるし、子供を捨てたときもう少し歩けば病院に行けたはずだと怒鳴ります。ステーブラーが落ち着かないのは、今日は土曜日で子供たちに会える日だから、それなのに捜査や取り調べを行わなけらばならないことに苛立っていたからでした。クレイゲンはステーブラーに捜査から外れて子供たちに会いに行くように促します。
エラの尋問はベンソンが引き継ぎますが、エラが体調を崩し病院に運ばれたことで、エラの妊娠が確認されます。さらにエラは1年前にも同様の事件を起こしていたことが判明、クレイゲンはシリアルベイビーキラーだと顔をしかめます。
前回の事件が公にならなかったのは、エラの父エベレットが市会議員だからでした。だが今回エラは逮捕され、幼児虐待と幼児遺棄の罪に問われます。やがてDNA鑑定の結果が出て、男児の父親は実の父エベレットであることが明らかになります。
エラはベンソンに自分は父の名前も知らず、父にあこがれていた。だが母は自分が父に似ていると言って父のことも自分のことも嫌っていたと話します。エラが父について知ったのは大学入試の直前、旧姓と出生地を調べていたときでした。エラは父に恋し、エベレットの事務所に近づきます。
一方エベレットも目の前に現れたエラを女性として見ていましたが、娘だと知ってから関係を持つようになります。顔を会わせた二人の様子は親子というよりは恋人同士。エラがレイプされたと言い出した時は同情していたベンソンも、二人の様子を嫌悪し始めます。
エラの発言からエラは産後精神病とみなされ、幼児遺棄の罪には問われませんでした。ベンソンは精神病棟に入ったエラに自分も父を知らなかったと身の上を語ります。子供を引き取ろうとしたエベレットをベンソンらは妨げますが、エベレットは諦めていない様子でした。
エラを演じているSchuyler Fiskはベテラン女優Sissy Spacek の娘、エベレットを演じるZeljko Ivanekはドラマファンにはおなじみの個性派俳優ですが、SVUへの出演は今のところこの一話のみ。HomicideやOZで一緒だったマンチやステーブラー、Drファンとの絡みはあまりありませんでした。

かなりめちゃくちゃというか恐ろしい事件ですが
実際に遭った事件が元になっていると知ると
ますます恐ろしくなってきます。
父を知らなかった娘が父にあこがれる気持ちはわかるとして
娘を愛するのはともかく性的関係を持ってしまう父親って…
そしてこれがあちこちのドラマで
訳ありオヤジを見事に演じているゼルさんだから
すごく納得。
彼ならやりかねません(苦笑)
でもまだSVUに出てなかったんだ。
ちょっと意外な感じでした。

ブチ切れステーブラーが半端じゃなかったので嫌な予感がしましたが
せっかく子供たちと会える日なのに
それを奪われかけたらイラつきます。
しかも相手は子供を捨てたことを平然としている女性。
そりゃ腹も立つよね。
でもステーブラーの私生活をもう少し安定させないと
これからさらに問題が起きそう。
でも不安定なステーブラー、決して嫌いじゃないけど(笑)
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
gobyuu  
こんにちわ☆

実話がベースということで、気分が悪くなってしまいました(-"-;A
理解できない犯罪者が登場することは多いですが、エラは別格。妊娠・出産したのはエラ本人で、体に負担がかかってるはずですが、二度同じ過ちを犯したし、罪の意識もない。自分自身のことも愛してないんだなって思いました。精神科できちんと治療できるといいんですけど……。

Zeljko Ivanek「おーデブリン知事やし!」とちょっと興奮しました♪ 不気味な役でしたが……

エリオット大興奮でしたね~
望んでもないのに子供たちとはなればなれだから、自分の子供を捨てたエラが許せなかった、というのもあったかもしれませんね(TωT)
エリオットの私生活も気になります……離婚しちゃうのかな?

2010/12/18 (Sat) 03:01 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

何とも不気味な話でした。
エラが病んでしまった過程を考えるとまた恐ろしくなってくるし。
デブリン知事、その後も怪しげなキャラばかり観ているので出てきた途端絶対何かしでかしてると思ったら案の定で、あまりにもハマり役で感心してしまいました。
ステーブラーの精神的安定はいつ訪れるのか。
こちらも辛いです。

2010/12/18 (Sat) 10:40 | 編集 | 返信 |   
ぴこ あらため みかん  

 こんにちは メッセージ有り難うございました。

 このお話はなかなか衝撃的でした...。実話を元にしているとき来、目眩を覚えつつ、こういうストーリーを脚本にするあたり、なかなか骨のあるドラマだと思いました。エベレット父役が、Heroesとかダメージに出てきた俳優さんだ!と、ドキドキしながら見ちゃいました。

 私もLaw&Orderハマりすぎそうなので、本家ブログとは別に別ブログを立ち上げましたので、こんご「みかん」で書き込み致します。宜しくお願い致します。

2010/12/18 (Sat) 13:31 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

みかんさん、改めましてこんにちは。
こちらでダラダラ?SVUエピガイを書いてますのでよろしくお願いいたします。
エベレットはダメージの印象が強すぎますが、Heroesでも面倒くさい存在でしたね。そうかと思えば突如True Bloodにも出てたっけ。とにかくぞっとする演技の見事なオヤジです。
どんどん突っ走っていくSVU、ついていくのが大変な時もあるけれどどのエピも見応え十分なので気合を入れて頑張って行きたいと思います。

2010/12/18 (Sat) 18:12 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ