FC2ブログ

Mercy S1-#17 「There Is No Room for You on My Ass」

聖パトリックデー。
アイルランド系の人達はみんな緑色をまとって大騒ぎ。
そしてマーシーのERでイタリア系とぶつかり合っています。
エキサイトする中でイタリア系の男性が心臓発作を起こして倒れてしまいます。

ブリッグスは自分のドキュメンタリーを制作するとかで
カメラクルーを引き連れています。
そして自慢の心臓手術の技を披露することになるんですが
実際には容易ではありませんでした。
さりげなく映像を差し替えてしまうブリッグス。
でもそのあとで患者をきっちり救います。
そしてうまくいかなかったことに対し
振り替えて再度練習を積んでいます。

映画作りにいそしむドーソンのイメージが強いだけに
ドーソンが主役の映像っていうのが面白かった。
相変わらず威張ってるけど
なかなかクロエといいコンビになってきてるかも。

売春事件で大暴れした後、ヴェロニカの酒量が増えています。
本人は大丈夫だと言ってるけど、みんなは心配しています。
聖パトリックでーのパーティーでも飲んで騒いで
挙句の果てに袖に火をつけてしまいました。
翌朝家族会議にクリスとマイクも参加。
マイクはクリスに任せるとしつつ
親身になって心配してあげているのが優しいね。

ヴェロニカが担当した怪我をしたブルックは
マラソン大会で走れるか心配しています。
そして隙を見て階段トレーニングを始めたブルックは
階段から転げ落ちて尻の骨を砕いてしまいます。
ヴェロニカはブルックが拒食症であることに気づき
ハリスと共に回復に向けて頑張っていこうと約束しました。
ブルックは素直に受け入れ食べる様子も見せていたのに
首つり自殺を図ります。
ヴェロニカが発見したからよかったけれど
難しい問題ですね。
そしてヴェロニカもついにカウンセリングを受けることにします。
バーで待ち合わせしてスコッチを飲みながらでしたが
これから好転していけるといいな。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ