FC2ブログ
Top Page › ER › ER S15-#11 「明日への不安」

2010 · 12 · 17 (Fri) 21:13

ER S15-#11 「明日への不安」

ラッセルともう一度子供をと決意したバンフィールドは
体外受精ででも出産できないかとコバーンに聞きに行きます。
検査の結果成功の確率はあまりにも低く
コバーンは諦めるように言いますが
バンフィールドはわずかな望みに託したいと思っています。
養子をもらうことも代理母も可能なのに
やはり自分で産みたい、その気持ちは強いようです。

麻薬売買に絡む銃撃戦で銃創患者が運ばれてきます。
お兄ちゃんは重症だけど弟は軽傷。
弟はお兄ちゃんのことを心配します。
子供たちに心を開かせようとするバンフィールド。
回を重ねるうちにどんどんいい人になってきますね。

子供を撃ったセリーナも軽傷を負ったものの
病院の中で怒鳴りまくり。
誰も担当したくなかったけど、モリスが担当します。
モリスも怒鳴り散らされ大変でしたが
二人きりになった時にセリーナが態度を変えます。
実はセリーナは麻薬課の囮捜査官で
彼女の正体を知っているのは直属の上司だけでした。
秘密を共有してしまったモリスは
セリーナの苦労を聞きつつ秘密保持を約束。
刑事が身柄を引き取りに来た時は
セリーナの演技に付き合っていました。
ところでセリーナはこの間まで
スリーリバーズで働いてたんですけど!
病院勤務が終わったとたん、別の病院へ来てしまいましたね。

ようやくアレックスが退院。
ゲイツはサムとよりを戻したがりますが
きっぱりと拒否されてしまいます。
続いてマックスに付き合い
犬だけでなく勲章まで預かることになってしまいます。
衝撃が大きすぎたゲイツは酔っ払い
バーを出たところでダリアと出くわします。
ここでなぜか見つめあってしまった二人はキスを。
ウザリア、そう来ましたか!
ウザビーがいなくなり、ウザニーラは偉くなり
バンフィールドはいい人になっちゃったので
やっぱりダリアがウザキャラ代表?
Roswellな人たちはあちこちで面倒くさくなってますね(苦笑)

次回予告でコーディ発見!
また懐かしい人登場で嬉しいです。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント