FC2ブログ

CSI:Miami S8-#10 「爆風トラウマ」

久々に負けずに目立つほっさん!

冒頭ジェシーがウォルターに向けて銃を発射したので
ついにジェシーも血迷ったかと思ったらそんなことはなく
目立ち過ぎジェシーの面目を保っていただけでした…

ジェシーとウォルターはバスケットをエンジョイ中。
でっかいウォルターに引けを取ることなく動き回るジェシー。
何をやっても大活躍で…苦手分野はないのか?
そこに逃走車とパトカーの追いかけっこ。
この先は行き止まりだと言って
ジェシーとウォルターはさっさと銃を持って追いかけて行ってしまいました。
目立ち過ぎジェシーが銃を持ってるのはわかる気がするけど
分析官ウォルターがバスケをするとき銃は必要なのでしょうか。
なんだか不思議。
止まった車から一人逃走。
もう一人はジェシーに説得されて降りてきました。
Gossip Girlのアーロンだ!
ってことはちょっと前のSVUで
中絶する女の子を助けようとして逮捕されたBFですね。
今回はケヴィンという名前でしたが
ケヴィンの乗ってた車のトランクを開けると男の死体が入っていて
その男は国勢調査員でした。

ケヴィンと逃げた相棒のテックは
ケヴィンの親が所有していて差し押さえにあった家で
メタンフェタミンを製造していたのですが
そこに国勢調査員がやってきたのでテックが殴りつけ
放置しておいたら死亡。
しかもメタンフェタミン製造所はもう一か所あり
両方とも侵入者が来たら爆発するよう
時限爆弾が仕掛けてありました。

現場に来たナタリアとジェシー、カリーナとウルフですが
ナタリアがジェシーと組むことを拒みます。
これは正しいチョイスだよとほっとしたのもつかの間
カリーナとジェシーが隣の家に聞き込みをしている時
ナタリアとウルフが製造所に入ると時限爆弾のスイッチが入って爆発!
二人はぶっ飛んでしまいました。
しかもナタリアは足を挟まれてしまいます。
直ちに救出に来るほっさん。
こういうときは異様に早いんだよね。
そして部下を傷つけたことを激しく怒り
ケヴィンに怒鳴りつけます。
やっとほっさん本領発揮。

もう一か所の製造所に向かったジェシーとウォルター。
爆弾が仕掛けられていることをほっさんたちは伝えようとしますが
ジェシーはその前に見破っていました。
そして爆弾を解除するために撃った弾丸が
ウォルターを狙っているように見えたわけです。
そつがないというか、お見事すぎ。
現場に隣人の家のメイドがかぶっていたスカーフが落ちていて
ほっさんが気合を入れて指紋を分析
スカーフについていた指紋から国勢調査員の死もテックによる単独の犯行だとわかります。
さらにほっさんはハイチ人のメイドが不当に働かされており
メイドと恋仲だったケヴィンが
彼女を救いだすためにドラッグ製造で金を作るつもりだったことを知ります。
ケヴィン君、SVUに続いて女の子のために頑張りすぎちゃいましたね…
そこでほっさんは彼女が勉強できるように学生ビザを取得
寮の手配までしてあげちゃいます。
いつもジェシーにおいしいとこどりされないように
ほっさんも必死?

気になるのはナタリアの「爆風トラウマ」
これが邦題って何なの?って感じですが
爆音がいつまでも耳に残り、ちょっとした音で敏感になっています。
ウルフが心配してくれるけど
病院へ行こうとしないナタリア。
きちんと治療したり、カウンセリングを受けたりした方がいいと思うけど。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
シーノ  
ナタリア何故?

こんにちは!
いつもレビュー楽しみにしています。
ナタリアの耳の件、何故秘密にしているのでしょうね。
とても気になっていました。
ウルフが心配していても誤魔化すようにしていたので、元々何か持病があるのか?と予想してみたり。
Garotoさんが書かれているように邦題に何か意味があるのか?とも考えていました。

ジェシー、本当に目立ってますね。
ホレイショも頑張っていましたが、ジェシーの活躍のほうがやはり目立っていると感じました。
前エピに登場したジェシーと何か関係がある女性がいつ出てくるのかなと楽しみにしています。

2010/12/22 (Wed) 15:35 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ナタリアは何か隠してる感じがしますね。
ダメージが大きくならなければいいけれど。
早くきちんと診てもらった方がいいですよね。
ほっさん、今回はかなり自己主張していたと思いますが、やっぱりジェシーの方が見栄えがする?
ほっさんはいつ巻き返しを図るのでしょうか。

ジェシーに付きまとう謎の女性。複雑な過去がありそうですね。
たまには困り果てるジェシーの姿を観られるかな?

2010/12/23 (Thu) 00:02 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ