FC2ブログ

Law&Order SVU S7-#20 「Fat」

ステーブラーはクイーンズSVUの刑事ブレインとコンビを組んで、女子高校生が襲われた事件を担当する。被害者ジェシカはレイプされ頭を殴られて失神し、指を殺害されていた。犯人たちが車でジェシカを引きずった形跡が残っており、大柄な二人の足跡が確認された。ジェシカの指とバックをを目撃者が持っており、ジェシカは病院に運ばれ指の縫合を受ける。
ジェシカは保健局のIDを所持し、裏に保健局のブラウンネルのIDが記されていた。ブラウンネルが車で少女に触っているのを見つけたブレインは、強引にブラウンネルを引きずり出す。ブラウンネルは保健局の調査院で、未成年にたばこを売っている店を摘発するために高校生に偽IDをも持たせおとり捜査を行っていたと説明する。ジェシカもおとり捜査に協力しており、店でたばこを買おうとする映像が防犯カメラに残っていた。その店の店主はジェシカの挑発するような態度に腹を立て、販売免許も停止されてジェシカに恨みを持っているのは確かだったが、現場に残された靴跡と足のサイズが違った。現場の靴跡は体重110Kgと135Kgの人のものと推測された。またジェシカの服に残っていた血痕から、犯人はティーンエイジャーで一人は女性だとわかった。
BFのトミーに付添ってもらいブレインに尋問されるジェシカはおびえた様子で詳しくを語ろうとしなかったが、ステーブラーはジェシカは演技していると見抜く。ジェシカは携帯を盗まれていた。
ジェシカは放課後他の高校でオーケストラの練習をしていた。ジェシカの携帯に事件後電話が入っていることがわかり、ステーブラーが電話すると団員のケニー・ビクストンの電話が鳴った。SVUはケニーと、同じく団員で妹のミアを逮捕する。
ケニーとミアの尋問はステーブラーとブレインが別々に行うが、尋問の仕方について二人の意見が対立して喧嘩になりクレイゲンが止めに入る。ステーブラーはブレインと、組まされるなら辞めると言い出すが、クレイゲンは拒絶する。
ステーブラーとブレインはビクストン家を捜索する。家には母親と長男ルディがおり、ルディは車椅子状態で、階段から落ちて腕を骨折したと話す。部屋から血痕と皮膚のついたゲイターズの土産物のバットが見つかる。ケニーとミアは、ルディは公園に座っていたらジェシカに帽子を盗まれ、ブタと言ってののしられ襲われたと話し始める、怪我をしたルディは失業、糖尿病を患っているために指が壊死し切断しなければならなくなった。その報復にケニーとミアがジェシカを襲い、指を切断したのだった。だがジェシカはルディもミアも知らないと言い切る。
ジェシカの犯行の裏付けがないまま、兄妹は起訴される。だがルディは被害届を出しておらず、本件は終了となる。ところがモリナ議員が黒人の襲撃事件が無視されていると訴え、抗議行動が始まったため、SVUは再度ルディの暴行について捜査を行う。ルディは公園で二人の若者に殴られ襲われたと話すが、通報しなかったのは太っている自分が悪いと卑下する。
ジェシカはストレス発散の投稿サイトにトミーがルディを蹴飛ばしている映像をアップしていた。トミーとジェシカは逮捕される。面通しでルディはトミーを確認。だがトミーの弁護士は、ルディがニュースを観てトミーを犯人と思ったのではと反論する。
署内でトミーとすれ違ったルディはいきなり銃を出し発砲。トミーは倒れる。車椅子に乗っていたルディは銃を持ちこんでも怪しまれなかった。ケイシーはルディを殺人罪で訴えるが、モリナは取引きを持ちかけてくる。ルディは肥満のために差別の対象となった。肥満症と2型糖尿病患者を代表して刑の軽減を求めてきたのだった。
公判でルディは家族も皆太っている。糖尿の治療をして20Kgやせたが、医療費の見直しがあって治療が続けられなくなったと医療保険にも入れずにいる現状を話した。トミーを撃ったのは怒りで頭が興奮していたからで、今は後悔していると語ったが、ケイシーはトミーの殺害は計画的だと反論する。
ジェシカ自身かつて太っており、自分がブタ呼ばわりされ辛い時があったことを告白する。ルディは有罪判決を受けfるが、腎臓病障害が起き緊急入院することになる。

ステーブラーは2年ぶりに教会に告解に行き、家族も、子供も、友人もみんな離れていくと嘆き、奥さんに電話するようにと示唆されます。
そして呼ばれた事件現場で、クイーンズSVUから来たブレインとコンビを組むよう言い渡されます。ブレインは腕利きの刑事だそうですが、目撃者を脅す様子などにステーブラーは一歩引いてしまい、それより見つかったジェシカの指の縫合を最優先させます。
病院でブレインが強引にジェシカに尋問しようとするのもステーブラーは理解できず、ブレインを制止させます。そしてクレイゲンにブレインははみ出し者だと訴えます。
事件の容疑者として逮捕されたケニーとミアの尋問をめぐって、ブレインとステーブラーはぶつかり合います。ミアを尋問したブレインは、ミアが母親を待っているのに、弁護士が来る前に本当のことを話してしまおうと「告白タイム」を強要。ステーブラーは保護者同伴でない告白は裁判で使えないと非難します。ブレインが口裏を合わせるよう求めるとステーブラーが却下。ブレインが相棒に捨てられただろうと言ってきたことにかっとなったステーブラーはブレインを殴り、取っ組み合いの喧嘩となってしまいます。クレイゲンが二人を制止、ステーブラーはブレインと組むなら自分は辞めると怒りをぶつけます。
ベンソンはコンピューター犯罪課に異動になっていました。ロッカールームで着替えているステーブラーにベンソンが声をかけると、なぜ突然にとステーブラーは質問します。「私たちは7年間もコンビを組んできた。変えるべき。ちゃんと話し合うべきだったけど、もう遅過ぎた。」とベンソンが答えると、ステーブラーはありがとうと言って出ていきます。
クレイゲンはブレインもステーブラーも辞めさせる気はありませんでした。ステーブラーには自分を見つめる必要がある。ブレインと組ませたのはお前と似ているからだとクレイゲンが説明すると、ステーブラーは子供を脅さないと反論。だがクレイゲンははっきりと、「お前は規則を曲げてしまう。今まで何度も一線を越えてた、それがベンソンに悪影響を与えた。」と指摘します。ステーブラーとブレインはお互い謝り、捜査を続けました。
SVUから異動したベンソンですが、事件に関連した映像分析などで協力する形でドラマに出演。ステーブラーとのしこりはまだ消えないようです。ステーブラーとコンビを組んだブレイン役のAnthony Anderson はLaw&OrderのS18からS20ファイナルエピソードまで、バーナード刑事として活躍していました。ルディ役のOmar Benson MillerはCSI:MiamiのCS8から分析官ウォルター・シモンズ役で出演。ウルフやジェシーと協力し合って証拠分析に関わっています。また弁護士役でシンガーソングライターのNatalie Coleが顔を出しています。

ベンソンは姿を消してしまうのかと思ったら
上半身だけで(仕方ないね)
コンピューター犯罪課の一員として活躍。
ステーブラーとの会話もありましたが
コンビ解消は変えるべきことだと断言していました。
確かに7年間は長い。
日本でのSVUのオンエアはインターバルがほとんどないため
あっという間に感じますが。

突然現れたクイーンズSVUのブレイン。
別の名前で本家の刑事をやってた人なんですね。
しかもファイナルシーズンに。
本家を観る機会は全然なさそうですが
やはり一線を越えてしまうはみ出し者刑事だったのかな?

孤独なステーブラー。辛すぎます。
キャシーに電話をかけたのでしょうか。

そしてマイアミのウォルターが車椅子で登場。
役柄のせいかウォルターより太って見えたかも。
肥満も深刻な問題です。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ