FC2ブログ
Top Page › Law&Order SVU › Law&Order SVU S7-#21 「web」

2011 · 01 · 22 (Sat) 20:38

Law&Order SVU S7-#21 「web」

学校で子供たちが虐待のカウンセリングを受けているときに、コリンがカウンセラーに「あそこを触られると気持ちいい?」と質問する、コリンはジェイクが触られたと話したため、SVUがジェイクに質問を始める。ステーブラーが詳細を聞き出そうとするとジェイクは内緒だと言って話をしない。ジェイクの母は、長男のテディがジェイクの妊娠中に元夫のグレゴリーにレイプされたことを告白する。グレゴリーは服役したが7年で仮釈放となり、ジェイクとの面会権を勝ち取っていた。テディは虐待されてから変わってしまい、セラピーの効果もないと母は嘆いた。テディはステーブラーの質問に対しゲームをしながら無関心を装い、何も話そうとしない。
ジェイクはグレゴリーと面会した時、映画を観たり追いかけっこをしたりしたと話す。グレゴリーの面会には彼の妹が同席する約束だったが二人だけの時間があった。グレゴリーは仮釈放のリスクを冒してないと主張するがSVUはグレゴリーを拘留する。だがジェイクの性器についていた唾液のDNAから、ジェイクをレイプしたのはテディだと判明する。
テディが挑発的なポーズを取る写真が学校の廊下に貼り出される。テディは写真を貼ったゴーディと殴り合いの喧嘩をしていた。テディはステーブラーの尋問にふてくされながら、ジェイクを傷つけていないと答える。ゴーディは写真をオンラインで取得。テディは「テディの部屋」というウェブサイトを運営し、自分のポルノ画像や動画を販売していた。サイトではライブショーも行い顧客は1000人以上、テディはビジネスだと割り切っている。
ジェイクはステーブラーにテディはコンピューターの友達に頼まれて写真を撮ってる。自分も一度映画ごっこをして上手にできたらご褒美がもらえるようになると説明する。
テディの弁護についたランガンはケイシーとの取引に応じる姿勢を見せ、逮捕を一晩待って顧客リストを取得しようと考えてテディを自宅に帰らせる。すると連邦捜査官のドナがテディを児童ポルノ製作者とみなし、身柄を拘束すると言ってくる。ドナは取引に応じる姿勢も見せないため、ステーブラーがテディの家に行くとテディは外へ逃げ出していた。
ラボの映像、音響担当のモラレスはテディのチャットルームをチェックし、サンシャインガイとファンフェラと名乗る二人がテディの救出に協力していることを発見する。モラレスは少年になり済ましてチャットでファンフェらとデートの約束を取り付け、待ち合わせ場所にフィンが出向きファンフェラを逮捕する。ファンフェラがテディの隠れ家兼スタジオの場所を白状すると、テディはそこで最後のライブ映像を録画していたが突然何者かに連れ去られる。
ステーブラー^とフィンはベンソンの助けを借りてサンシャインガイのIPアドレスを調べ、彼がマーシーホスピタルのドクタールーカスであることをつかむ。ルーカスはグッドフレンド22と名乗る人物にメールしていた、ルーカスはテディをかくまっていたことを認める。SVUはルーカスを釈放し、彼がネットカフェで連絡を取った人物を追跡し、グッドフレンド22に監禁されていたテディを発見する。テディは自分が利用されていたことにようやく気付いた。

幼い子供のレイプ事件。長男テディをレイプした罪で服役していた父親が、次男ジェイクとの面会権を勝ち取り、一緒に過ごしていたときに起きた事件だったのでSVUは父親を疑いますが、DNA判定の結果ジェイクをレイプしたのはテディでした。さらにテディは自分が主役のポルノ映像や動画をオンラインで販売、ジェイクも出演させ大勢の顧客をつかんでいたことが明らかになります。これはビジネスだと割り切るテディに対し、ケイシーは顧客の逮捕を目論んでの取引きを持ちかけますが、連邦捜査官がテディを即逮捕しに来てしまいます。SVUが連邦捜査官に従うことにしたとき、テディは逃げ出していました。
テディのサイトやチャットルームが見つかった時、クレイゲンはモラレスにそれらを削除するよう命じます。ところがモラレスはチャットルームを放置していたため、サンシャインガイやファンフェラが連絡を取り合ってしまいました。クレイゲンはモラレスに激怒します。だがモラレスはサイトを閉じても犯罪は減らないとつぶやき、犯人を逮捕したいと強い意欲を見せます。ファンフェラを待つ間モラレスはステーブラーに自分の姉はシングルマザーで、おいが12才の時にネットで友達づくりをして映画に誘われ、会ってみたら相手は43歳でその男にレイプされたと語ります。おいに自分がPCをあげたので彼はレイプされたと、モラレスは悔やんでいたのでした。その後ルーカスを逮捕したとき、モラレスはルーカスに怒りをぶつけます。
ネット上の犯罪を追跡するために、ステーブラーはベンソンの力を借りることにします。チャットに現れた男のIPアドレスを取得したり、住所を調べたりするなどベンソンが事件解決に大いに役立ちました。テディを愛してる、守りたかったと話し始めたルーカスに、テディを助けようと説得するのもベンソン。やはり彼女はSVUになくてはならない存在でした。ベンソンは自らSVUに戻ってきます。カメラは妊娠中のMariskaの胸から上だけが映るようにしていました。
テディを演じているのはConnor Paolo。Gossip Girlにせリーナの弟のエディ役でレギュラー出演していますが、SVUにはS4-#9 Juvenileに次いでの出演。前回は12才の殺人犯を堂々と演じ切っていましたが、今回は性犯罪者の餌食となる複雑なキャラクターを演じています。ドナ役のKate MulgrewはStar Trek: Voyagerの女性艦長キャスリーンとしてお馴染みです。

父親の息子の虐待からオンラインの性犯罪ビジネスへ。
自分が虐待されたテディの開き直りはすごいです。
金が儲かればそれでいい。
しかもオンライン上にテディのファンが多いことに驚かされます。
少年を愛するオヤジたち。
医者だったり教師だったり、表向きは真っ当な仕事をしているんですよね。
警察や連邦検事に追われ、逃げようとしたら監禁され
ようやく事の重大さに気が付いたテディ。
正しい道を歩んでいってほしいと思います。

サブレギュラーとなっていたモラレスがクローズアップされたのも新鮮でした。
SVUでは大なり小なり身近で辛い思いをしていた人たちが多いことを実感。
だから性犯罪と戦おうとしているのでしょう。
モラレスはサンシャインガイに怒りをぶつけてましたが
ステーブラーとグッドフレンド22の殴り合いも激しかった。
またステーブラーブチ切れてたけどよかったのでしょうか。

ベンソンがすぐにSVUに復帰したのはよかったです。
でも下半身は映せないので
次週ファイナルも座り仕事なんでしょうか。
今回はMariskaのご主人のランガンも登場していてよかったです。

テディ役のConnor君。
SVUは2度目ですが、今回も熱演でした。
ついこの間Mercyでも爆破少年役を演じてたっけ。
GGのエリックが一番ノーマルなのかも。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

ああ~そうでした!
テディ役の俳優さん、どっかで観たのにって喉の骨つかえたような気分ですっきりせずでした。
エリックでしたね~!

お父さんに虐待された子が今度は弟をって
連鎖がやり切れませんでした。
でもまさかビジネスにしちゃうとは…。

モラレス、結構好きだったのにこれでクビ?残念です。
それとベンソン、お腹隠しだったんですね(笑)
2011-01-22-21:58
ぽっこ [ 返信 * 編集 ]

テディ=エリックはSVU登場2度目だったんですよね。どちらも少年とは思えない強烈な役でした。
Gossip Girlが仮の姿なのかもしれません(苦笑)そのうちとんでもないキャラクターに成長したりして。
モラレスは大丈夫。この先も出てきますよ。
クレイゲンの脅しは怖いけど、実は部下をしっかりフォローしてくれるのがいいところです。
2011-01-23-10:59
Garoto [ 返信 * 編集 ]