FC2ブログ

Brothers&Sisters S4-#8 「ワイン・フェスティバル」

ホリーたちが始めたオーハイのセカンドラインのワインが出来上がり
ソールが味見をしたところ出来栄えは上々。
だったらワイン・フェスティバルに出品しようということになり
急遽準備が始まります。
ルークは家にいるけど家事と子供の相手をしているだけ。
サラはルークの絵の才能を生かしたいと思い
ラベルの絵を描いてくれないか頼みます。
ところがルークには商売っ気はなく
サラのためなら描くということで受け入れ
素敵なラベルをデザインします。

ノラはサイモンと順調に交際中。
でもデートは誰にも会わないような場所を選んでいるので
サイモンはノラの勇気を試そうとします。
ノラはサイモンをワイン・フェスティバルに
二人は一緒に会場に現れます。
でも周囲の人達はやっぱり二人の年齢差が気になります。

コンテストの結果オーハイのワインが優勝。
これでまたホリーは財産を取り戻せるはず。
みんなが喜んでいるときライアンは状況をデニスに報告。
自分で何とかしろと言われて
みんなの見ていない間に貯蔵してあったワインを
全部流してしまいました。
優勝ワインは幻になってしまうのでしょうか。
ライアンの悪事、きっといつかばれるよね。
どうするつもりなんでしょう。

ワイン・フェスティバルにルークが顔を出したので
サラは早速関係者にルークを売り込みます。
才能豊かだから何か仕事を分けてもらえれば
サラはルークを思って動いているのですが
ルークにとっては余計なお世話。
気持ちが通じ合わなかったと
ルークはフランスへ帰ってしまいます。

レベッカは妊娠したことをジャスティンに伝えたいけれど
試験勉強が忙しいジャスティンは全然聞いてくれません。
レベッカはやっとデイヴィッドにだけ打ち明けました。
ようやく試験が終わってジャスティンが帰ってきたけれど
レベッカは話すタイミングを逸してしまいます。

ケヴィンとスコッティは卵子提供者をネットでチェック。
大勢の提供者から一人をどう絞り込んでいくか
ケヴィンは細かく注文をつけながら一人一人ふるいにかけているので
スコッティはうんざりしてしまいます。
普通なら勢いでできちゃったなんてこともあるのに
どうしてこんなにしっかり選ばなければならないのか。
それより子供の生き方は生まれてからの育て方に関係してくる。
ソールに指摘され、ケヴィンは選び方を考え直します。
候補者の写真を貼ってダーツで選ぼうとしたら
スコッティに止められたけど。

キティは髪のない頭をロバートに見せられずにいます。
ロバートはカツラを愛してくれてる。
その気遣いが気になってしまいます。
ところがカツラを外しているときロバートが帰ってきたので
キティがそのままロバートを迎えたら
ロバートはなにも言いませんでした。
ロバートはちゃんとキティのことをわかってくれているのです。
スポンサーサイト



コメント 3件

コメントはまだありません
Nicky  
ロバート

スキンヘッドのキティを見ても「で?何?」みたいな
さりげなさが良かったですね~。
それにしても、ライアン。
やっぱりウォーカー家がよっぽど憎いんですね。
でも、あれじゃあ、すぐバレるような気が・・・
ライアンが更に傷付きそうで、ちょっと心配です。

2011/01/24 (Mon) 23:06 | 編集 | 返信 |   
Anne  

こんにちは。
ライアン、あそこまでやるか~という感じです。
出番が少ないのに、出てくる時はこんなシーンばっかり、
ライアンだけでなく、ホリーやノラも傷つきそうですよね。
スコッティとケヴィンの赤ちゃんが楽しみです。
生まれるのは次のシーズンかな?
レベッカもそうだし、次のシーズンは赤ちゃん満載でしょうか。
さらにウォーカーが増えますね~。

2011/01/25 (Tue) 08:28 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

>Nickyさん
ロバートのキティへのさりげない対応は本当に愛がこもっていてよかったです。
ライアン、デニスの言いなりでいいのかな?
ウォーカー家と関わっていく以上、悪事がばれて辛い思いをするのは自分なのに。
この先の展開が気がかりです。
TBありがとうございます。

>Anneさん
ライアンのイメージがどんどん悪くなってしまうのが残念です。
せっかく温かく迎え入れたのに、またいろいろ悩み事が膨らんでしまいそうですね。
そして赤ちゃんたち、ケヴィンとスコッティは順調に準備が整ってきてますが、レベッカはこれでいいのかな。
早くジャスティンに話せるといいけれど。

2011/01/25 (Tue) 20:07 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 1件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック