FC2ブログ

Spooks S5-#3

毎回かなりヒヤヒヤさせられるSpooks。
しかし現実でもモスクワの空港が自爆テロの攻撃にあったばかりだし
やはりヨーロッパのテロに対する脅威はシビアな問題なんだと思います。
だからGSG-9というドラマも存在したわけだし。

今回はザファーがアルカイダの組織に潜入。
爆弾テロを阻止すべく情報収集を行うのですが
相変わらず危険な任務です。
しかも正体を明かせられないし。
組織の一人のマイケルの動きを抑えるために
ロスはマイケルの元婚約者のレイを利用することにします。
MI-5の人達はこれが仕事だからともかく
一般人をアルカイダの組織へ送って
首謀者を改心させよ…って難しい話ですよね。
でもあなたがロンドン市民を救えると説得されたレイは
ロスの言われた通り、マイケルに近寄っていきます。
なかなか見事な演技力。
マイケルの気持ちもずいぶんレイに傾いてきました。
だけどいざとなったら黙っていられない。
結局レイはMI-5の存在を明かしてしまったため
組織の一人に刺されてしまいます。
こうしてまた罪のない犠牲者が。

こうなったらザファーは自力でマイケルを説得。
これはなんとかうまくいくかと思いきや
二人の乗った車は外でコントロールされていて
そのままロンドンの街中で自爆ということがわかります。
慌ててアダムが追いかけるけど渋滞につかまって動けない。
結局アダムは自分の足で走ります。
そしてリモコンを持っている人物を阻止しなければならない。
ターゲットがどこにいるのかを見極めるのもアダムに課されます。
アダムのチョイスは?
合っていたからよかったけど一瞬の判断が狂ったら
ザファーや大勢の市民が犠牲になるところでした。

アダムと一緒に武器商人に近寄ったジョーも
その男にホテルで襲われかけます。
緊急事態にアダムとロスが助けに入ったからよかったけれど
自分も辛い思いをしたジョーは
レイが犠牲になったことを納得できないようでした。

みんな相当緊迫した状態なのに
ハリーはルースをディナーに誘います。
ルースは乗り気ではなかったけど、一応お付き合い。
ハリーはかなり積極的なんだよね。
そして二人が食事していたことを知ったマルコムが
ハリーといい感じじゃないなんて声をかけてくれたおかげで
逆にルースはきっぱりハリーと離れることにします。
ハリーはあまりにもあっさりと見捨てられてしまいました。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
Ayano  

Garotoさん、こんにちは。
ロス加入で雰囲気がぴりっとなりましたね。
アダムは無駄な犠牲を出したくないと考える人だけど、
ロスは「高い目標」のためなら多少の犠牲は許されると考える人なので怖いです…(((゚Д゚)))
最後の狙撃もアダムではなくロスだったら迷わず号令出したでしょうね~^^;

そんな中でハリーとルースのエピソードは人間くささが感じられてホッとできる部分でしたが、あっさりふられたハリーがお気の毒でした^^;
ハリーもそろそろワンコと二人だけの生活では寂しくなってきたのかもしれません(笑)

2011/01/28 (Fri) 18:32 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ロス、側にいるだけでも怖い。
ますます犠牲者出てしまうのでしょうか・・この先もハラハラしながら観ることになるのでしょうか。
ハリーの積極的なアタック、オヤジの頑張りぶりに拍手を送りたかったのですが、あまりにもあっさり冷たくあしらわれちゃって気の毒でした。
でもはりーの立場上仕方なかったかな。

2011/01/28 (Fri) 20:28 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ