FC2ブログ

CSI:Miami S8-#15 「ゼロGの攻防」

空から人が降ってきた!

最初は木の上から落ちてきたと思ったら遺体の損傷が激しく
ローマンが検死したところその男は
骨粗鬆症になっていたり、赤血球が変形していたり
明らかに大気圏外から落ちてきたと考えられます。

そんなことがあり得る?
と思ったらすでに民間の宇宙旅行ツアーが始まっていました。
男はツアーに参加した一般人のガードナー。
宇宙船にはツアーの主催者のパーマーと
役作りのために体験した?人気俳優のクロス
そして宇宙船パイロットのレンデルが乗っていました。
レンデルは普段はヘリコプターの操縦士なのに
宇宙線も操縦できるんだ…すごいな。

とにかく驚くことが多すぎて。
証拠品となる宇宙船は隕石がぶつかってぼこぼこ穴があいてますが
パーマーはこの程度は心配ないと言い切ります。
でも宇宙船の中を調べなくては。
ほっさんはいそいそと宇宙船の中に入り
決めポーズを取っていました。よかったね。
一方次々にビックリを発見するローマン。
ガードナーの血液が沸騰して蒸発したことを突き止め
まさかガードナーは宇宙服を着ないで船外に出た?
なんて恐ろしい発想さえ浮かんできました。
Sci-fiじゃあるまいし。
でもマイアミの場合ありえるかも。
残りの三人は当然詳しく語ろうとしません。

まだ気合の入っているほっさんは
しっかり白衣を着て(笑)ガードナーの宇宙服に残っている
放射線を調べてみました。
放射線のレベルは地球上と一緒。
ガードナーは宇宙遊泳はしていませんでした。
でも宇宙船内には飛沫血痕が確認されます。
一体何が起きたんだ。
大体無重力状態で人が刺された時
血痕がどう飛び散るかわかりません。

そこでジェシーとウォルターが
無重力状態での実験を開始。
二人は喜び勇んでトライしていましたが
無重力状態で人を刺しても血が飛びません。
ところがジェシーのアドバイスを聞かずに酔い止めを飲まなかったウォルターは
思わず吐いてしまったところ吐しゃ物が飛び散り
ジェシーはそこからヒントをもらいました。
ガードナーは撃たれたんだ!
無重力状態で銃を発射。
一回転して背中をぶつけちゃったけど
ジェシーのアクションはかっこよかったです♪
一方隕石で穴が開いた宇宙船からはしっかり酸素が漏れてました。
全然安全じゃないぞ!

事の結末はよくあるお話。
予期せぬアクシデントで宇宙船の酸素が足りなくなり
呼びの酸素は3人分しか残っていない。
でも宇宙船には4人乗っている。
だったら一人始末しようと被害に遭ったのが
いちばん体制に影響のないガードナーだったのでした。
撃たれたガードナーは宇宙船のハッチを開けられて即死。
遺体はレンデルがヘリコプターから海に投棄する予定が失敗し
カージャックされかけてる車の上に落ちたので
大騒ぎとなった次第でした。

ガードナーのビデオレターが奥さんに渡され
ちょっとしみじみしたけど
まだ宇宙旅行は早過ぎますね。
そもそも呼びのタンクが3人分しか載っていない宇宙船に
四人乗せてしまうようなツアーに参加してはいけません。
しかも銃まで携帯OKなんて恐ろしすぎです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ