FC2ブログ

Spooks S5-#4

イギリスでアフリカの貧困問題について話し合うサミットが開かれる。
今回は警備もしっかりしてそうだし無事に終わるのかなと思ったらとんでもない。
セコアという国の大統領の暗殺計画が発覚。
表向き支援を要請している大統領だけど、裏で虐殺を企んでいるらしい。
大統領暗殺を計画していたジャーナリストがMi-5に捕らえられます。
彼女は親を飛行機事故という名目で殺されていました。

ホッケー好きのアメリカ代表。
大統領だったんだよね???すごくインチキくさくてそうは思えなかったけど。
ロスに貸してもらったホッケーのDVDがリージョン違いでテレビで観られず
さっさとPCで観たためにPC内のデータがMI-5に読まれてしまいました。
ドジですね。真面目に仕事してればいいのに。
アメリカも情けないけど、もっと情けないのが日本。
アメリカとこっそり内緒話。
本当はテレビの音を大きくして話すつもりだったのに
これも見破られてテレビの電源を落とされてしまったために
二人は外で内緒話。
それもホテルマンに扮したザファーが盗聴してましたが。
日本はアメリカが台湾に武器を売るための仲介役ですか?
まあ日本が買うわけはないと思ってたけど
相変わらずアメリカの言いなりです。
どうでもいいけど日本の首相(なんだよね)が
流暢な英語をしゃべるがちょっと感動的でした(苦笑)

結局セコアの大統領の策略が明らかになり
大量虐殺を止めるために暗殺未遂に終わったジャーナリストに
MI-5はあえて暗殺をさせることにします。
これはうまくいったけど今度は彼女が犠牲に。
慌てて止めに入ろうとしたアダムは間に合いませんでした。
彼女画撃たれた時フィオナが重なるのは当然ですよね。
彼女がその前に話していた家族を大切にしようとする思いを
アダムも身を持って感じていたのでした。

夜中に寝られないと言って顔を合わせたハリーとルース。
ハリーはまだ諦めきれなさそうな顔してました。
ルースは冷ややかだったけど。
スポンサーサイト

コメント 2件

コメントはまだありません
Ayano  

Garotoさん、こんにちは。
アメリカ代表は商務長官でしたが、いずれにしてもインチキくさくて全然偉そうに見えませんでしたね(笑)
しかも日本の首相の方が地位は上のはずなのに威厳のかけらも感じられない…。
まあヨーロッパから見た国家としての日本なんて実際こんなものなのでしょう^^;

目の前でミシェルを殺されてしまって、やっとフィオナの死から立ち直れたかのように見えたアダムがまた暗闇に落ちていきますね…。
やはりそう簡単には乗り越えられないんだなと感じました。

2011/02/02 (Wed) 21:55 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

アメリカ代表が大統領じゃなくてよかったです(苦笑)あんな人が国を治めていたら相当怪しげだもん。ありがとうございました。
それ以上に情けない日本の首相。本当にこれが事実なんだと思います。
ミシェル襲撃を止めようとするアダムは必死だったのに…また辛い展開でした。
平然と任務をこなしているように見えるアダムだけど、まだまだ大変そうですね。

2011/02/03 (Thu) 20:23 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ