FC2ブログ

glee THE BEGINNING

glee/グリー 踊る♪合唱部!? ザ・ビギニングglee/グリー 踊る♪合唱部!? ザ・ビギニング
(2011/02/07)
ソフィア・ローウェル

商品詳細を見る


DVDが発売になってから世の中がGleeモード。
タワレコでのプレゼントキャンペーンにはかなり惹かれましたが
でもやっぱり吹替版をあえて聞きたくないのでDVDには手を出さず。
せっせと密林で購入していたサントラも
みんな簡単に入手できるようになってまたびっくり。
日本盤にはカラオケが付いているっていうのは
ちょっとお得感があるかなとも思うけど
でも一人で歌ってもGleeじゃないのでこれもパス。

そのうち見つけたのがGleeの小説。
ドラマのノベライゼーションかなと思ったらちょっと違って
S1が始まる前のマッキンリー高校のグリー部やアメフト部、チア部のことが語られ
こんなことがあってグリー部が再スタートを切った、その流れが明らかになってきます。
 
最初からグリー部にいたのがカート、メルセデス、ティナ、アーティ。
そこに校内放送で歌っていた自信家のレイチェルが参入します。
レイチェルのキャラだから馴染むのには時間がかかりますが
次第に結束が固くなってきます。

人間関係にはそのままかな。
ドラマを元に書かれているから、大きく変わってしまったら困りますが
クィンがフィンとバックの間で揺れていたり
フィンがレイチェルの歌をいいなぁと感じていたり
カートは密かにフィンに憧れていたり
きちんと伏線が張られてドラマにつながっています。
ティナとアーティの友情も素敵。

ただしウィルはまだスペイン語の先生に過ぎないので
あまり出てきません。
こんなに苦労があってウィルがテコ入れを始めるってことなので
これも自然な流れかな。

Gleeが始まる前の話なんだから
ドラマを観る前に本を読んでも問題はありませんが
やはりS1を観終えて、あるいは途中まで観て
ある程度キャラクターを知ってから読んだ方が
さらに面白いと思います。

20日にはS2先行放送もあるし
またGleeで盛り上がる準備をしておかなくては!
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
bluegene  

こ、この本は!
私が成田空港の本屋でペーパーバックを買ったやつです!もう翻訳が出てるなんて・・・(驚愕)

2011/02/10 (Thu) 10:27 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

まだアメリカでも発売されたばかりなんですね。
それなのにもう翻訳が出てるなんて…Gleeブーム恐るべし!!

2011/02/10 (Thu) 21:37 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ